オフロードバイク興味ない人へ! 250ccなら他の選択肢もたくさんあるけれど……【ホンダの道は一日にして成らず 第11回/Honda CRF250L 解説編】

ホンダの250ccオフロードバイク『CRF250L』がフルモデルチェンジ! しかしながら今のご時世、人気のメインはフルカウルスポーツの『CBR250RR』やクルーザーの『Rebel 250』です。そんな中で今、オフロードバイクってどうなんだろ?

オフロードバイクは250ccの中でも少しマニア向け?

フルモデルチェンジした250ccのオフロードバイク『CRF250L』は、従来型に比べて圧倒的に違う!と大好評。オフロードの走破性が格段に向上し、ファン待望の1台に進化しました。

ですが、オフ好きな人もしくは経験者でもない限り、けっこう『?』となるのがオフロードバイクだったりします。

実際、ちょっとマニアックなところがあるんですよね、オフロードバイクって。

オフロードに興味がない人のイメージでいうと、こういう感じでしょうか?

こういうのを見て『すごっ!?』とは思うはず。でもまぁ、自分にはこんなことできないし、関係ないバイクって思うのが一般的でしょう。

特にね、こんな風に空まで飛ばれちゃうと、ますます縁遠い世界に思えてくる。

だけど、これはいわゆる『モトクロス』などオフロードレースの世界。

CRF250Lのようなナンバー付きの250ccオフロードバイクは、必ずしもこういう世界ではないんです。

人気の250ccバイクに例えると……

じゃあ例えば大人気の250ccスーパースポーツ『CBR250RR』ですが、このバイクを買った人たちがみんな、サーキットで限界走行をする訳じゃありません。

むしろそういう人のほうが絶対数としては少ない。多くはワインディングでコーナーを楽しんだり、ツーリングしたり、街乗りするんです。

言ってしまえば、オフロードバイクもそれと同じ感覚。

だけどオフロード走行って転びそうなイメージしかないし、危険に思えちゃう。しかも、どこで走ればいいのかわからない。

ですからオンロードバイクに比べると、どうしても縁遠く感じるのは無理のないことです。

実際の250ccオフロードバイクは気軽さの塊

ただ、オフロードバイクっていうのは初めて乗ると、ちょっと驚くバイクでもあります。

なにがって『気軽さ』がハンパじゃない。

先のCBR250RRだって軽量化に軽量化を重ねていますが、車両重量は168kg。それに対してCRF250Lはたった140kg。

ちょっと誤解を招きそうな言い方ですが、大きくて重い大型バイクなんかと比べると自転車みたいな気分で乗れちゃいます。

オフロードバイクは足つき性が悪い?

ですが、そこでよく聞くのが『オフロードバイク』は足が届かなそう……っていう話です。

実際の話、CRF250Lのシート高は830mm。本格的なオフロード走行を想定したCRF250L<S>に至っては、なんとシート高が880mmもあります。

さすがにCRF250L<S>の880mmは、体格によってはつらいかもしれませんが、今回乗ったスタンダードモデルのCRF250Lは、全然そんなことありません。

CRF250L(シート高830mm)でライダー身長176cmの足つき性

身長176cmの私(北岡)の場合は、もう両足ベタベタ。でもこれがオンロードバイクの場合だと、シート高830mmはすこしカカトが浮くケースが出てきます。

だけどオフロードバイクは悪路を走るために前後サスペンションがかなり柔らかいので、シートに跨っただけで車体がけっこう沈み込む。

なのでシート高830mmといっても、オンロードバイクより格段に足つき性が良いということを覚えておいてください。

さらに言うと、オフロードバイクは車体が軽いので、それこそ片足しか着いていなくても全然不安がないものなんです。

そして、CRF250Lはこの『足つき性の良さ』と『軽さ』を軸にして、街乗りでも素晴らしい機動力を発揮するんです。

それこそ通勤や通学に毎日使えちゃうレベル。

続編ではその『オフロードバイク街乗り無双』についてお話ししますので、もうちょっとお付き合いくださいね!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶250ccバイクで街乗り最強はオフロードバイクです!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. DCTがどれほど快適でも『楽しい』が無ければバイクじゃない!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 後編】

  2. 電動バイクに興味はないけど試乗会に行ってみた結果→『あ、さすがホンダ』と思った件【ジャイロ イー(GYRO e:)試乗会 前編】

  3. 【公開終了】オンラインイベント『Honda Motorcycle Fes 2021 』特集 <5月31日 17時まで!>

  4. CRF250Lってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda CRF250L(2021)】

  5. 【新車】250ccスクーター『フォルツァ』が新型エンジンを搭載して新発売! 価格と発売日は? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda FORZA 編】

  6. 最新モデルをShortプランで試乗 〜 CBR1000RR-R FIREBLADE 編 〜

    最新モデルもじっくりチェック。Shortプランで 「CBR1000RR-R FIREBLADE 」試乗

  7. 150ccのスクーター『ADV150』って快適に長距離を走れるの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 前編】

  8. ツーリングも意外と快適!? スポーツ性だけじゃないホンダの『CBR650R』が万能すぎる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 後編】

  9. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に到達した。【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  2. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  3. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  4. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  5. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

バイクレンタル会員登録