検索

アイテム総数13種類!ホンダの『キャンプ道具レンタル』はテントもシュラフも全部入りの至れり尽くせりフルセット!【バイクキャンプ GO!GO!/キャンプ道具フルセット紹介】

今回は「HondaGO BIKE RENTAL」取扱店で借りられる『キャンプ道具レンタル』の総数13種類のアイテムをひとつずつチェックしてみましょう!

バイク乗りのためのキャンプ道具が揃った13種類のアイテムをフルレンタル

ホンダの最新モデルが手頃な価格で借りられることで人気の「HondaGO BIKE RENTAL」に、『キャンプ道具レンタル』がスタートしました!

「手ぶらでキャンプツーリング!」をコンセプトに、バイク乗りに便利な全13種類のアイテムがセレクトされています。

テントやシュラフなどの主要なキャンプ道具はもちろん、全てのアイテムを収納積載できるツーリングバッグや、荷物が増えたときのツーリングネットまで、全13種類のアイテムがフルレンタルできるんです。

それでは、この夏から始まる「HondaGO BIKE RENTAL」の『キャンプ道具フルレンタル』で借りられる、全13種類のアイテムをひとつずつ見て行きましょう!

【①テント】

キャンプツーリングに便利なモンベルの定番テント「クロノスキャビン 2型」。

室内は2人使用も可能なほど広く、サイドに「HONDA」ロゴが入ったスペシャルなテントです。

タープが不要なキャノピー仕様で、前室も広く、ジャケットやヘルメットなど、何かと荷物が多くなるバイクツーリングに最適なサイズになっています。

↓テントの種類や使い方についてはこちら!

キャンプツーリングに向いているテントの種類って?【バイクキャンプGO!GO!/ライダーのためのテント選び①】

シュラフ】

モンベル独自の化繊素材「エクセロフト」を使用し、保温性や撥水性、速乾性にも優れたマミー型シュラフの「バロウバッグ #3」。

こちらも収納袋に「HONDA」ロゴがデザインされています。

夏の高山ツーリングから冬の低山キャンプまで一年を通して使えるトータルバランスに優れた定番シュラフです。

↓シュラフの種類や性能についてはこちら!

どんな「寝袋」を選べばキャンプでも快適に眠れるの?【バイクキャンプ GO!GO!/失敗しないシュラフの選び方】

【③マット】

広げるだけで素早く設置&簡単撤収が可能なモンベル製の軽量マット「フォームパッド 180」。

耐久性・断熱性に優れたポリエチレンフォームを使用しているので、空気を注入する必要がなく、破れる心配もないため、使い勝手に優れたマットです。

また、クッション性や路面の凹凸の緩和だけでなく、地面からの距離を離すことで体に伝わる冷気を軽減し、保温性の向上にも寄与しています。

↓マットの使い方についてはこちら!

クッション性以外にも2つの役割がある『マット』はキャンプで快適に眠るための必需品!【バイクキャンプ GO!GO!/キャンツー向きのマット選び】

【④チェア

モンベル社が正規輸入代理店を務める「Helinox(ヘリノックス)」の人気コンパクトチェア「チェアワン」をベースに「HONDA」のロゴが配されたアイテム。

組み立てや設置が簡単で、軽量かつコンパクトに収納できるため、キャンパーやツーリングライダーから絶大な支持を得ているアウドドアチェアです。

シックなブラックカラーに統一され、サイドに「HONDA」ロゴが入ったオリジナルデザインになっています。

↓ヘリノックスの使い方はこちら!

テント選びより重要!? 背もたれ付き『コンパクトチェア』がキャンプを変えた!【バイクキャンプ GO!GO!/コンパクトチェア選び】

【⑤テーブル

コンパクトに折りたたむことができる、モンベルのコンパクトテーブル「L.W.トレールローテーブル 36」。

テーブルとなる天板は樹脂プレートになっているので、コッヘルやクッカーなどを載せても抜群の安定性があります。

フレームを開き、天板を載せるだけで素早く組み立てができ、高さ36cmの使いやすいサイズです。

【⑥LEDランタン

上下に動かせる可動式シェードを搭載したLEDライトの「コンパクトランタン」。

3段階の明るさ調整が可能で、MAXの170ルーメンなら4時間、MINの7ルーメンなら215時間もの照射時間を誇ります。

ランタンの下にはテント内などで吊り下げて使用できるフックが付いています。

↓ランタンの種類や使い方についてはこちら!

時代はLED!? キャンプサイトを明るく照す『ランタン』の種類と選び方【バイクキャンプ GO!GO!/ランタンの選び方】

【⑦バーナー】ジェットボイル

バーナーは「HONDA」のロゴが存在感を際立たせるジェットボイル(JETBOIL)のフラッシュ。

クッカーからバーナーヘッド、OD缶やゴトク、スタビライザーなどがひとまとめに収納できるコンパクト性を実現したシングルバーナーで、500mlの水なら100秒程度でお湯が沸くスピーディーさが人気です。

↓ジェットボイルの使い方はこちら

キャンプで料理する人もしない人も『ジェットボイル』があればアウトドアがもっと楽しくなる!【バイクキャンプ GO!GO!/ジェットボイルの使い方①】

【⑧クッカーセット

大小2つのサイズがセットになったソロツーリングに便利な「アルパインクッカーソロセット」。

クッカーの総重量は267gと軽量なアルミ素材で、ハンドルを折りたたんでコンパクトに収納できます。

メッシュ素材のスタッフバッグ(収納袋)に「HONDA」ロゴが配された仕様になっています。

【⑨インナーシュラフ

シュラフの中に入れて使用する「インナーシュラフ」までセットになっています。

モンベル製の「キャンプシーツ」で、肌触りがよく、優れた通気性を持つ生地を使用した、キャンプや山小屋などでの使用に最適なシーツです。

洗濯機で丸洗いすることができ、夏の暑い時期はこのインナーシュラフだけでも快適に眠ることができます。

【⑩グランドシート

モンベルのテント「クロノスキャビン 2型」のサイズにぴったりの「グランドシート」もセットに含まれます。

テント本体を路面の汚れや凹凸を軽減するだけでなく、地面からの熱を遮断でき、雨や朝露などからも守ります。

【⑪ペグハンマー

テントなどのペグ打ちに使う「ペグハンマー(汎用品)」もセットになっています。

ハンマーとミニショベル、ペグ抜きフックの3つの機能が備わった便利なペグハンマーです。

【⑫ツーリングバッグ

14種類のキャンプ道具一式が全て入る55リットルのツーリングバッグ「Henly Begins DH-734」もセットに含まれています。

急な雨でも水を弾いてくれるウォータープルーフ仕様になっているので、キャンプグッズや中身を濡らさずにツーリングを楽しめます。

↓ツーリングバッグや積載についてはこちら!

『収納サイズ』が肝心! ライダーがキャンプ道具を選ぶ時に注意したいことって?【バイクキャンプGO!GO!/道具の揃え方①】

【⑬ツーリングネット

食料の買い出しなどで荷物が増えた時に便利な「ツーリングネット」(汎用品)もセット内容に入っています。

ツーリングでは思わぬ荷物が増えてしまうこともよくあるので、こういった自由度を高めるアイテムも用意されているのは嬉しいですね!

いかがでしょうか?

これら13種類のアイテムがひとまとめになった「HondaGO BIKE RENTAL」の『キャンプ道具フルレンタル』を利用すれば、手ぶらでバイクのキャンプツーリングができちゃうんです。

次回は「キャンプ道具フルレンタル」で借りられる「クロノスキャビン 2型」の詳細や、テントの立て方などを解説します!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

レンタルバイクでキャンプツーリングにチャレンジ!

HondaGO BIKE RENTALのレンタルラインアップはコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事