ホンダのバイクレンタルで借りられる『クロノスキャビン 2型』を使ってみた!前室が広くてキャンプツーリング向けの多機能テントです!【バイクキャンプ GO!GO!/クロノスキャビン 2型<解説編>】

手ぶらでキャンプツーリングが楽しめる「HondaGO BIKE RENTAL」の『キャンプ道具レンタル』!
今回はそのサービスで借りられるテント『クロノスキャビン 2型』を解説します!

信頼性が高い「モンベル」のテントがレンタルできる!

「HondaGO BIKE RENTAL」の『キャンプ道具レンタル』で借りられるテントは、ソロツーリングに快適なモンベルのテント『クロノスキャビン 2型』です。

室内は2人用も想定された広々とした居住スペースがあり、前室となる「ひさし」付きのフライシートは、入り口を開け、2本の付属ポールを立てることでタープ代わりになるキャノピー仕様になっています。

テントのフライシートのサイドには「mont-bell」と「HONDA」のロゴをデザイン。

このテントは「HondaGO BIKE RENTAL」の『キャンプ道具レンタル』か、ホンダドリーム店でしか取り扱っていないので、キャンプサイトでバイク好きから声をかけられるかも!?

ツーリングバッグまでフルセットでレンタルできるので安心。

レンタル品以外の個人の荷物が多い場合は、例えば写真のようにシートバッグの上にテントを積載すれば、着替えなども含めた諸々を余裕でバッグ内に入れることもできます。

テントの収納サイズは横:50cm、縦:20cmのコンパクト設計。

収納袋の入り口は二重構造になっているので、出し入れがしやすい仕様になっています。

セット内容は、上に被せる「フライシート」と、メイン室内となる「インナーテント」、各種の「ポールセット」と「ペグ&張り綱」の4種類。

ポールはメインとなるクロスポール1本と、前室ポール1本、ひさしをタープ仕様にするキャノピー用ポール2本の計4組になっています。

テントをしっかり固定するペグ(15本)と各種ストレッチコード(張り綱)もセットに。

『クロノスキャビン 2型』は収納袋内にポールセットが入れられる一体型なので、しまう時はフライシートとインナーテントをポールの長さにたたんで巻くだけで丁度いいサイズに収納できます。

前室が広くてタープ不要!? まるでバイク乗りのためのテント!

『クロノスキャビン 2型』の最大の特徴は、何と言っても「前室の広さ」と、ポールを建てればスクリーンタープとなる「キャノピー仕様」になっているところでしょう。

バイクツーリングでのキャンプは、ヘルメットやジャケット、ライディングブーツやシートバッグなど、何かと荷物が多くなってしまいます。

そんな時、このように前室が広いと室内の居住スペースが広く使え、快適にテントの夜を過ごすことができます。

メインの室内は横:230cm、縦:130cmと広く、2人での使用も想定して設計されているだけあって、ツーリングバッグやヘルメットを室内に置いても広々使えます。

天井にはLEDランタンを吊るしてシーリングライトとして使えるフックや、財布やスマホなどの小物を置けるメッシュスペースが備わっています。

室内のサイドにもメッシュポケットが備わっているので、無くしそうなものを入れておいたり、スマホを目覚まし代わりに使うときなどにも便利ですね。

真夏のキャンプだと、テント内が50℃を超えることもあるくらい暑くなることもありますが、外の空気を入れ替えられる「ベンチレーター」が各所に備わっているので、テント内の群れや暑さを軽減してくれます。

シュラフやツーリングバックを室内に置き、身長172cmの筆者が入ってもこれだけ広々とした居住スペースがあります。

インナーテントの前側も後側もファスナーで大きく開閉できるので、狭さを全く感じませんでした。

ダブルウィール仕様になっている「クロノスキャビン 2型」は、小型のバイクなら前室のひさし内に入ってしまうほど広々としたスペースがあるのでタープが不要なくらい快適です。

次回は「クロノスキャビン 2型」の『組み立て方』について解説します!

(ご注意)HondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」は車両レンタルのオプションサービスで、キャンプ用品セットのみのレンタルや、キャンプ用品単体のレンタルはできません。

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

レンタルバイクでキャンプツーリングにチャレンジ!

HondaGO BIKE RENTALのレンタルラインアップはコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. あか牛とカルデラと伝説のライダーゆかりのツーリングロード、阿蘇熊本ツーリング

  2. 知っておきたい! ガスバーナーの燃料『ガス缶』にはけっこう種類があるんです!【バイクキャンプ GO!GO!/ガスバーナーの選び方① 後編】

  3. CT125HunterCub

    まずは近場で“チェアリング”をしてみよう!【目指せ!憧れのソロキャンプ ♯01】

  4. 電車で現地へ行って『原付二種』で気軽に観光! リーズナブルに楽しむミニバイクの遊びかた【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断③/Honda Mokey125】

  5. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

  6. ホンダのDCTって実際どうなの? そこに懐疑的な人ほど乗ってみて欲しい!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda X-ADV(2021)】

  7. 常に高みを目指すライダーにはアフリカツインこそ最高のパートナー!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission 】

  8. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」【Safety】

  9. とにかく遠くへ! 長距離の旅を愛する生粋のツーリングライダーへ【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda VFR800X】

ホンダのレンタルバイク
  1. ホンダライダーが大活躍している【 MFJ全日本ロードレース選手権っ…

  2. 大型プレミアムツアラー『Gold Wing 』シリーズにNEWカラー登場!【…

  3. Gold Wingってどうやって作られてるの?製造現場をお見せしちゃいま…

  4. 衝撃のデビューから30年 ファイヤーブレード最新作「CBR1000RR-R SP…

  5. EIMCA 2021(ミラノショー)が開幕!ニューモデルが登場!!

  1. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  2. 女性に人気にのパワースポット、赤城姫伝説の地「赤城神社」へ。赤…

  3. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  4. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  5. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

バイクレンタル会員登録