400cc以下のフルカウルスポーツでCBR400Rの『快適性』は突出してる!?【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 後編】

人気のフルカウルスポーツで、かつ排気量は400cc以下。その条件の中で最もツーリングが快適なのは、実はCBR400Rかもしれません。

【中編からの続きです】

超スポーティなスタイルなのにツーリングが得意分野

見た目は超エッジの効いたスポーツスタイル。だけど運転はイージーで乗り手を選ばない。

CBR400Rはサーキットでコンマ1秒を削るような楽しみ方にはあまり向いていませんけど、その逆にツーリングでは快適そのもの。

扱いやすさに特化することで、結果的に旅バイクとしても優秀になっているんです。

少なくとも、いま人気の『フルカウルスポーツ』スタイルで、排気量400cc以下の普通二輪免許枠に限って言うなら、CBR400Rこそが最もツーリングが得意なバイクっていうことになると思う。

長距離、長時間を走るツーリングで大事なのは何よりも『疲れないこと』に他なりません。

だけどフルカウルスポーツっていうジャンルは総じてスポーツ性を高めるために、快適性が犠牲になりがち。

ところが【前編】や【中編】でお伝えしている通り、CBR400Rは『速く走ること』を最重要視していない、ちょっと珍しい存在です。

低速~中速域が力強い特性のエンジンは、旅先の小径でもゆっくりと走れるし、ストップ&ゴーが続いても苦しくない。スロットルを開けても急に加速しない扱いやすいパワー特性は気疲れもしません。

そして乗り心地も柔らかく快適。シート高だって実は785mmと低めなので、足つきもいい。

これらはすべて、本格的なスポーツバイクにとっては苦手分野ばかりなのですが、CBR400Rだけはそれに当てはまらないんです。

だけど車体は400ccスポーツバイクとしてコンパクト。加えて車重も192kgと軽いので、取り回しに苦労することもありません。

CBR400Rは見た目こそフルカウルスポーツですが、実際のことろツーリング特化型のバイク並みに『疲れない』要素が満載なんです。

そして疲れないから、旅先の風情を楽しむ心の余裕が持てる。

この『気持ち的な余裕があること』って、旅ではかなり重要なんです!

走っていても『景色を楽しむ気持ちのゆとり』が消えない

ちなみにこれは、ワインディングを走っている時でも同じことが言えます。

とにかく走りに緊張しないから、雄大な自然の中を走っている時は、そのスーパースポーツ的なスタイリングのことを忘れてしまいそうになるほど。

もちろんハンドルはセパレートで乗車姿勢は軽く前傾姿勢ですけど、それを除けば純粋なツーリングバイクに匹敵すると言ってもいいかもしれません。

フルカウルスポーツのスタイルが好き! だけどメインはツーリングで楽しみたい。

そういうライダーには、CBR400Rってかなりオススメしたいバイクでもあるんです。

CBR400Rなら無理せず『スポーツスタイル』を楽しめる

バイクはスポーティなスタイルのフルカウルが好き!

だけど、運転しにくいのは嫌だし、疲れるバイクじゃないほうがいい。

そういうライダーにとって、CBR400Rはひとつの理想。救世主です。

『フルカウルスポーツ=速いバイク』でなければいけない。

その固定観念を捨てることで、CBR400Rは他のフルカウルスポーツとは違うスタンスを手に入れました。

スペック上のパワーや最高速だけが、すべてじゃない。

フルカウルスポーツというジャンルにおいても、バイクとしての原点的な楽しさに軸足を置いているのがCBR400Rというバイクです。

正直なところ、こういうアプローチのバイクを待っていた人も多いんじゃないでしょうか?

何かを我慢することなく、フルカウルスポーツのカッコ良さを堪能したい。ツーリングだって思いっきり楽しみたい。

そういうライダーにとって、CBR400Rは最高のパートナーになってくれると思います!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

よろしければ【前編】や【中編】もお楽しみください!

レンタルバイクで『CBR400R』を探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda CB125R(2021)】

  2. 『ディオ110』はどこが変わった!? 旧型オーナーが羨望の眼差しで徹底チェック!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第5回/Honda Dio110 中編】

  3. 電動化のメリットを『ホンダの三輪バイク』なら最大化できるかも?【ジャイロ イー(GYRO e:)試乗会 後編】

  4. アフリカツインは飾りじゃない。これぞ『強いホンダ』の象徴です!【ホンダの道は一日にして成らず 第16回/Honda CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission 立志編】

  5. ナメたらやられる!? 峠の『X-ADV』がめっぽう速い!【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 中編】

  6. 【公開終了】オンラインイベント『Honda Motorcycle Fes 2021 』特集 <5月31日 17時まで!>

  7. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  8. 大型バイクに『乗ってる感』が半端じゃない!? MTの『レブル1100』は完全にスポーツバイクだ! 【ホンダの道は一日にして成らず 第17回/Honda Rebel 1100 ワインディング編】

  9. 125ccスクーターは利便性で選ぶ? それとも性能やカッコよさ?『リード125』の実用性を徹底検証!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第4回/Honda LEAD125 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 調理器具にも食器にもなる『クッカーセット』は使い方自由自在!【…

  2. ジェットボイルで簡単キャンプめし!お湯を沸かすだけでできるアウ…

  3. テントを張ったら明るいうちに「寝具の準備」もしておいた方がいい…

  4. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホ…

  5. 『CB125R』を買うかどうか迷ってる人へ! 原付二種ならバイクレンタ…

  1. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  4. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  5. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

バイクレンタル会員登録