400cc以下のフルカウルスポーツでCBR400Rの『快適性』は突出してる!?【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 後編】

人気のフルカウルスポーツで、かつ排気量は400cc以下。その条件の中で最もツーリングが快適なのは、実はCBR400Rかもしれません。

【中編からの続きです】

超スポーティなスタイルなのにツーリングが得意分野

見た目は超エッジの効いたスポーツスタイル。だけど運転はイージーで乗り手を選ばない。

CBR400Rはサーキットでコンマ1秒を削るような楽しみ方にはあまり向いていませんけど、その逆にツーリングでは快適そのもの。

扱いやすさに特化することで、結果的に旅バイクとしても優秀になっているんです。

少なくとも、いま人気の『フルカウルスポーツ』スタイルで、排気量400cc以下の普通二輪免許枠に限って言うなら、CBR400Rこそが最もツーリングが得意なバイクっていうことになると思う。

長距離、長時間を走るツーリングで大事なのは何よりも『疲れないこと』に他なりません。

だけどフルカウルスポーツっていうジャンルは総じてスポーツ性を高めるために、快適性が犠牲になりがち。

ところが【前編】や【中編】でお伝えしている通り、CBR400Rは『速く走ること』を最重要視していない、ちょっと珍しい存在です。

低速~中速域が力強い特性のエンジンは、旅先の小径でもゆっくりと走れるし、ストップ&ゴーが続いても苦しくない。スロットルを開けても急に加速しない扱いやすいパワー特性は気疲れもしません。

そして乗り心地も柔らかく快適。シート高だって実は785mmと低めなので、足つきもいい。

これらはすべて、本格的なスポーツバイクにとっては苦手分野ばかりなのですが、CBR400Rだけはそれに当てはまらないんです。

だけど車体は400ccスポーツバイクとしてコンパクト。加えて車重も192kgと軽いので、取り回しに苦労することもありません。

CBR400Rは見た目こそフルカウルスポーツですが、実際のことろツーリング特化型のバイク並みに『疲れない』要素が満載なんです。

そして疲れないから、旅先の風情を楽しむ心の余裕が持てる。

この『気持ち的な余裕があること』って、旅ではかなり重要なんです!

走っていても『景色を楽しむ気持ちのゆとり』が消えない

ちなみにこれは、ワインディングを走っている時でも同じことが言えます。

とにかく走りに緊張しないから、雄大な自然の中を走っている時は、そのスーパースポーツ的なスタイリングのことを忘れてしまいそうになるほど。

もちろんハンドルはセパレートで乗車姿勢は軽く前傾姿勢ですけど、それを除けば純粋なツーリングバイクに匹敵すると言ってもいいかもしれません。

フルカウルスポーツのスタイルが好き! だけどメインはツーリングで楽しみたい。

そういうライダーには、CBR400Rってかなりオススメしたいバイクでもあるんです。

CBR400Rなら無理せず『スポーツスタイル』を楽しめる

バイクはスポーティなスタイルのフルカウルが好き!

だけど、運転しにくいのは嫌だし、疲れるバイクじゃないほうがいい。

そういうライダーにとって、CBR400Rはひとつの理想。救世主です。

『フルカウルスポーツ=速いバイク』でなければいけない。

その固定観念を捨てることで、CBR400Rは他のフルカウルスポーツとは違うスタンスを手に入れました。

スペック上のパワーや最高速だけが、すべてじゃない。

フルカウルスポーツというジャンルにおいても、バイクとしての原点的な楽しさに軸足を置いているのがCBR400Rというバイクです。

正直なところ、こういうアプローチのバイクを待っていた人も多いんじゃないでしょうか?

何かを我慢することなく、フルカウルスポーツのカッコ良さを堪能したい。ツーリングだって思いっきり楽しみたい。

そういうライダーにとって、CBR400Rは最高のパートナーになってくれると思います!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

よろしければ【前編】や【中編】もお楽しみください!

レンタルバイクで『CBR400R』を探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. NC750X <DCT>ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/NC750X Dual Clutch Transmission(2020)】

  2. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! 燃費とロングツーリング性能は?

  3. CB1300SF SPはすべてのライダーの『夢』を叶えるバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 期待編】

  4. ホンダの大型バイク『レブル1100(Rebel 1100)』シリーズの発売日決定! レブル250(Rebel 250)が4台分以上の排気量なのに、まさかの価格で登場です!

  5. 進化を続ける125ccバイク!『グロム』が原付二種スポーツを代表する存在になったワケ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 前編】

  6. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこと【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 基本編】

  7. ありそうでなかった? CBR400Rは走ることの楽しさを『正しく』教えてくれる400ccのバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 中編】

  8. 【期間限定】ホンダのスーパーカブ・『天気の子』Verは50cc(原付一種)と110cc(原付二種)で受注生産のみ!ヘルメットもついてくる♪

  9. 度量が違う。今あるバイクの中で『CB400SF』の守備範囲の広さは世界一!【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 後編】

ホンダのレンタルバイク
  1. CB1300SF SPの『核心』は伝統の直4エンジンに!【ホンダの道は一日…

  2. CB1300SFで『公道を走るため』に組まれたSPの異次元【ホンダの道は…

  3. CB1300SF SPはすべてのライダーの『夢』を叶えるバイクです!【ホン…

  4. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこ…

  5. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重…

  1. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  2. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  3. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  4. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  5. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

バイクレンタル会員登録