検索

GB350ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GB350(2021)】

普通二輪免許枠400cc以下のバイクラインアップにおいて、最高にテイスティな走りを楽しむことができるGB350。その装備や特徴を解説します!

Honda GB350(2021)

GB350は『日常から遠出まで The Honda Basic Roadster』をコンセプトに開発されたトラディショナルなスタイルのバイクです。

味わい深い空冷単気筒エンジンはロングストローク設計となっており、低速域から粘り強い特性のため非常に運転しやすいのが特徴のひとつ。バイク初心者やリターンライダーなど、運転に自信が無い人でも不安なく楽しめる扱いやすいバイクとなっています。

しかしながら、単純に乗りやすいだけはないのがGB350。

長くバイクに乗ってきたベテランライダーにとっては『奥の深い空冷シングル』として長く付き合える1台に仕上げられています。

GB350の魅力は、排気量やパワーで測れるものではありません。

ライダーの感性に直接響くテイスティな走りは、2021年の現代において奇跡的と言ってよいほどの豊かさに溢れています。

■車両価格 550,000円(消費税10%込み)

GB350のライディングポジションや足つき性は?

 

ライダー身長/176cm

威圧的なほどの大きさはなく、かといって小さすぎることもない適度なボディサイズは、視覚的にも跨ってみても親しみやすさを感じることができます。

乗車姿勢としては上半身をまっすぐ立てることのできるライディングポジションで、どっしりとシートに腰を下ろして乗る鷹揚さに好感が持てるバイクです。

同時にゆったりとリラックスできるライディングポジションは、ツーリングでも疲れにくい快適さを備えています。

シート高は800mmでロードスポーツとしては標準的な高さ。身長176cmのライダーの場合は両足カカトがべったりと接地する安心感があります。

ただし、そうは言ってもシート高800mmなので、小柄な女性の場合はすこし足つきに不安を覚えるかもしれません。

しかしながら400ccクラスのバイクとしては重量180kgと軽く抑えられているうえに、低速から力強いエンジンが搭載されているので、扱いに慣れてしまえば大きく困ることはないでしょう。

GB350の燃費は?

GB350の使用燃料はレギュラーガソリン。燃料タンクは15Lとなっています。

この時は高速道路8割、一般道2割くらいのイメージで493.4kmの距離を走って、総給油量は12.32Lとなりました。

満タン法で計測した燃費はガソリン1リッターあたり40.04キロ燃費がとても良いのもGB350の魅力のひとつだと言うことができる結果となりました。

GB350に乗ってみた感想は?

NEXT▶▶▶次ページではGB350の主要装備を解説します!

1

2

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事