完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 前編】

またホンダがやってくれました! 新型『GB350』が素晴らしすぎる……誤解を恐れずに言うならば、ここまで潔く『スポーティさを打ち出さない』バイクは他にないかもしれません。その決断が、さすがホンダ!

よくぞここまで……『GB350』は賞賛に値する

また、スゴいバイクが出てきました……これは『ホンダとしてスゴい』ということじゃなくて『バイクとしてスゴい』っていう意味で、です。

私(北岡)はこのバイクを絶賛したいと思う。だけど、GB350に乗った人の中には『?』と懐疑的な気持ちになる人もいるかもしれません。

ちなみに言っておくと、私はレブル1100DCT(Rebel 1100)に乗った感想にも書きましたが、バイクの世界に『アメリカンクルーザー』から入ってきました。

だからバイクにおいては性能やスペックよりも、むしろ『スタイル』とか『味わい』を重要視します。

そして、そういうタイプのバイク乗りにって、GB350というバイクはとてつもなく価値があると言いたい。

ただ、それと同時にバイクに対してスポーティさを求めるタイプの人には、このバイクを無理におすすめしたいとは思わない、ということもあらかじめ付け加えさせてください。

それくらいに、スゴい。GB350は完全に突き抜けてました。

誤解を恐れずに言えば、私が知る限りのホンダのバイクの中で『ここまで潔くスポーツ性能にこだわらない』バイクはこれまで存在しないんです。

GB350は『味わい』全振りの一極型

もう、すべてが徹底して『味わい』に全振りしています。

これ、言うのは簡単ですが、作る側はかなり迷うと思う。だってそれは、一面的に速さ、もしくはスポーティさを捨てることにつながりかねないから。しかもGB350は、車名の通り排気量は348ccです。

なので『そんなこと言ったって250ccクラスに比べれば速いんでしょ?』と思われることもあるでしょう。そして排気量的に400ccクラスであるにも関わらず『遅い』と言われることも懸念したはず。

だけど、前提として断っておきます。

スポーティさで言うなら、GB350よりも切れ味鋭いバイクは、250ccにだってたくさん存在する。それは例えば、クルーザーである『レブル250(Rebel 250)』だって含まれるんです。

ここで歯に布を着せることはしません。それはGB350というバイクの決意を認めないことになるから。

だから、CBR250RやCB250Rと比べて……なんて比較しにくいことも言わない。

先に言ったクルーザーのレブル250、それと比べてさえ。GB350よりもレブル250のほうがスポーティだ、と言いたいと思います。ひょっとしたら『バイクとしての速さ』すら、レブル250のほうが上回るかもしれない。

だけど私は、そんなGB350を前にして『よくぞここまでやってくれた!』と絶賛したいと思うんです。

GB350は『わずか20馬力』パワー

この時はホンダの新型車の発表会で、ほんの2時間乗れただけ。

到底、このバイクの奥深さを感じ切れていない、という自覚はあります。

でも、いまわかっていることだけでも伝えておきたい。

このバイクは、すべてにおいて『エンジンが中心にある』バイクです。

排気量348ccの空冷単気筒エンジン。

最高出力は敢えてこう言いますが『わずか20馬力』しかありません。

250ccのレブル250ですら26馬力。CBR250RRなんて41馬力の最高出力を誇ります。

それなのにGB350は20馬力。

だけど、これこそが『GB350』っていうバイクの何よりの決意のあらわれに他ならない。

そのことを続編で、私は最大級の賛辞をもってお伝えしたいと思います!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

ホンダ『GB350』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳細はコチラからどうぞ!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白さを再発見!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 後編】

  2. バイクに何を求めるか? でホンダ『CBR650R』の価値は大きく変わる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 中編】

  3. V4エンジンが『VFR800X』を1日1000kmを走るツーリングバイクに押し上げる【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 中編】

  4. CB1300SF SPの『核心』は伝統の直4エンジンに!【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP エンジン編】

  5. 原付二種/125ccスクーターのホンダ『PCX』シリーズと、PCX150から進化した『PCX160』が新発売!新型の価格と発売日は?

  6. レブル1100のエンジンを大型バイクの『クルーザー』として考えると?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 中編】

  7. 万能の極み。250ccオフロードバイク最強説!【ホンダの道は一日にして成らず 第11回/Honda CRF250L まとめ編】

  8. 『ディオ110』ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda Dio110(2021)】

  9. CB1300SF SPってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda CB1300 SUPER FOUR SP(2019)】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  2. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  3. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  4. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  5. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

バイクレンタル会員登録