20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に到達した。【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 中編】

最高出力に、そしてスポーティさにこだわらないことで『GB350』は他とは一線を画するバイクとなりました。私(北岡)個人としては素晴らしい、としか言いようがありません……

GB350に対して『パワーが無い』と言うのは簡単だけど

最高出力20馬力。250ccクラスにだって20馬力以上のバイクは山ほどある中で、新型『GB350』の最高出力はこのクラスとしては控えめの馬力。

スペックを見れば、このバイクが『速いバイクじゃない』ことは少しバイクに詳しい人ならわかると思う。

そして、実際に走らせてみてもGB350は『速さ』を求めるバイクではない事がすぐにわかります。

ただし、私(北岡)はそのことを『ダメなこと』だとは一切思っていません。

だってGB350はあえて、狙ってそう作られているから。

それは、クラッチをつないだ瞬間からわかります。

単気筒350ccのエンジンと聞いて、低速からダダダッ!を路面を蹴り飛ばすような走りをイメージする人は多いかもしれません。

私も実際、そういう特性をイメージしていました。

でも、違った。

GB350はクラッチミートの瞬間から、優しくスウッと発進します。

一瞬、控えめな馬力のせいかと誤解しそうになりましたが、冷静になると体感的にエンストしそうな不安感は一切ありません。力強さは十分。ただ、とてつもなく優しい。

そこで気づくのは、それが完全に意図して作られたフィーリングだということ。

エンジンの発進の力強さは楽しさでもありますが、同時にそれは唐突なパワーの出方とも言えます。言うなれば諸刃の剣。だからホンダはGB350において、その唐突さを徹底して抑えてきたんでしょう。

そして車体が動き出してしまえば、そこから先は350ccの空冷単気筒エンジンらしい躍動感に包まれるんです。

このフィーリングは、私として、今までに感じた事がない快感でした。

発進の瞬間は最新のバイクとして調律されていて素晴らしくスムーズ。だけど、走り出した後は、昔ながらの空冷単気筒らしいおおらかさが待っている。

技術と味わいを、こういうカタチでブレンドしてくるのか……と、その新しいチャレンジに軽く感動しました。

技術で『新しい味わいの在り方』に挑戦するGB350

そして、もうひとつ。

エンジンの鼓動感。

それも既存のイメージを持って乗ると、思ったより控え目だと感じるかもしれません。

ただし、それは『最初だけ』です。

エンジンの味わいにおいて鼓動感は重要なファクターのひとつですが、それだけでバイク全体の味わいが決まるものじゃありません。

加速感、吸気や排気のサウンド、果ては風の音まで、いろんな要素が複合的に絡んで、ライダーは『味わい』を体感します。

その中で、GB350は特に『音』と『加速フィーリング』を特に重視していると思う。

まず何よりも排気サウンド。

これは本当に感動レベルです。掛け値なしにGB350は抜群に音が良いバイクに仕上げられてる。

今の時代の排ガス規制、そして音量規制の中で、これほどクリアな単気筒サウンドを楽しめるバイクが『まさか新車で』出てくるとは思ってもみませんでした。

私自身、味わい深い単気筒サウンドは新型車には望むべくもない、って内心決めつけていたのかもしれません。

だけど違った。GB350はそこでも常識を打ち破ってきた。

スロットル一定で流す時のパタパタという単気筒の優しい音色。パタパタ、なんて言うと迫力が無さそうですが、実際は音がはっきりとライダーの耳に届くので満足感はかなり高いです。

そして!

そこからスロットルを開け足した時……その時に、GB350を走らせるライダーは『至福の境地』を味わうことになるんです!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶ GB350の『味わい』は一拍遅れてやってくる?

ホンダ『GB350』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳細はコチラからどうぞ!

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 大型バイクの王道! ホンダの新型『CB1300』シリーズはSPもいいけど、スタンダードに存在感アリ!【2021新車ニュース/Honda CB1300 Series】

  2. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 前編】

  3. レブル1100のエンジンを大型バイクの『クルーザー』として考えると?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 中編】

  4. 由緒正しき『カブ』の名前の由来って? 1リットルで120kmも走る原動機付自転車【ホンダのバイク温故知新 Vol.002/Cub F(1952年6月)】

  5. ホンダの原付二種スクーターを検討中なら『ディオ110』にじっくり乗ってチェックしたい10のコト【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda Dio110(2021)】

  6. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイク!? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 前編】

  7. 最新モデルをShortプランで試乗 〜 CBR1000RR-R FIREBLADE 編 〜

    最新モデルもじっくりチェック。Shortプランで 「CBR1000RR-R FIREBLADE 」試乗

  8. 400ccクラスの味わい系バイク『GB350 / GB350 S』の価格と発売日が決定です!【ホンダ2021新車ニュース/Honda GB350 ・GB350 S 編】

  9. 度量が違う。今あるバイクの中で『CB400SF』の守備範囲の広さは世界一!【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 後編】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  2. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  3. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  4. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  5. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

バイクレンタル会員登録