検索

GB350ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GB350(2021)】

GB350の主要装備解説

丸目1灯スタイルのヘッドライトとブレットタイプのウインカーは、オーソドックスに見えるけれどすべて消費電力の少ないLEDが採用されています。

GB350は単純な懐古主義ではなく、2021年に誕生した最新バイクだということを感じさせるディテールです。

完全新設計の348cc空冷単気筒エンジンを搭載。ボア×ストロークが70.0×90.5mmと、かなりのロングストローク設計で味わいと扱いやすさを重視。最高出力にこだわらないことで、他にはない豊かなパワーフィーリングを手に入れているのがGB350の個性です。

眺めているだけでも幸せな気持ちになれる空冷エンジンならではの美しいフィンは、今や貴重なディテールと言っても過言ではありません。

マフラーからのサウンドに徹底的にこだわっているのがGB350の大きな特徴のひとつ。そのサウンドを雑味なく乗り手に届けるため、吸気音は最小限に留め、エンジンのフィンによる共鳴なども極力抑えるように工夫が凝らされています。

空冷単気筒バイクとして『抜群に音がいい』ことも、GB350の大きな魅力のひとつとして挙げておきたいと思います。

アナログのスピードメーターが温かみを感じさせ、シンプルにまとめられていますがギアポジション表示やツイントリップなど必要な機能は網羅。GB350はトラディショナルなスタイルのバイクですがABSの他、トラクションコントロールも備えているので、現代のバイクとして安心感も十分です。

フラットで座面の広いシートはどっかりと『腰をかける』イメージで座ることができます。タンデムシートも座面が広く確保されているので二人乗りも快適。また、荷掛けフックも充実しており、ツーリングでも荷物が積みやすいよう配慮されてます。ヘルメットホルダー標準装備。

シンプルな造形の燃料タンクは、見た目に小ぶりですが容量は15Lを確保。燃費もすこぶる良いため航続距離として500km以上の長距離を走ることが可能です。

マットブラックのキャストホイールはスポーティさをクラシカルさが同居するデザイン。

ブレーキは扱いやすさを徹底して追及した特性になっており、強烈なストッピングパワーよりも安定した制動力の供給が重視された設計です。バイクの運転技術を問わず、自信を持ってブレーキングすることができます。

【文/北岡博樹(外部ライター)】

GB350に乗ってみた感想は?

ホンダ『GB350』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳細はコチラからどうぞ!

1

2

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事