ホンダ『X-ADV』がキャラ濃すぎっ! これってバイク? それともスクーターなの?【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 前編】

ホンダは世界最大のバイクメーカーとして、常にチャレンジを続けています。そのラインアップの中で最も先鋭的なのは間違いなく『X-ADV』でしょう。ADVってことはアドベンチャー? でもオートマチックだし、これはそもそもバイクなの?

オートマチックなのに冒険バイク? ホンダ『X-ADV』の謎

ホンダのバイクラインアップの中で、濃い目のキャラクターNo,1はどれか?

そう聞かれたら、わたし(北岡)は『X-ADV』だと答えます。

ご存じでしょうか? X-ADVっていうバイク。

排気量は750ccクラスでトランスミッションはオートマチック機構DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)のみ。

スタイリングとして、一般的なバイクの燃料タンクがある部分には何もありません。

**どちらかといえばスクーターに近いフォルム**だと言っていいと思います。

だけど異質。

スクーターにカテゴライズするには、あまりにも違和感が強すぎです。

X-ADVはクルマでいう『SUV』に近い?

いちばん特徴的なのは、そのデザインと前後に履いたタイヤが匂わせる『オフロードバイク感』です。

実際の話、ホンダ公式ホームページのX-ADV製品ページでもオフロード走行に関して言及されています。

それはつまり、メーカーとしてある程度の範囲でオフロードを想定しているバイクだっていうこと。

ざっくり言えば『オフロードも走れるオートマチックの大型バイク』となるんですが、そんなスタンスのバイクって、ぶっちゃけX-ADVの他には存在しません。

だけどこのX-ADVが相当スゴい。

スタンスとして新しさが満点すぎる感じがありますけど、乗ってみるとさらに新しい。

こんなバイクってアリなの?っていう疑問から180度方向転換して『なんだこの最高バイクは!?』 っていうマインドに切り替わるんです。

ベースになるのは『NC750X』系のエンジン

ところで、このバイクのエンジンですけど、ベースになっているのはNC750Xに搭載されているものと同じ。

でも、走らせてみると『え!?』ってなります。

ホンダゴー!バイクラボでもNC750XのDCT仕様については記事にしていますけれど……

スロットルを大きく開けてみると違いは歴然。すべてが優しかったNC750XのDCTと違って、けっこう『猛然と』加速します。

これはDCT機構がNC750Xとは違うセッティングになっていたり、ローレシオのギアが組まれているからなんですけれど、乗ってみると『これ本当にNCのエンジン?』って思うくらいに速い!

750ccの2気筒エンジンらしく路面を蹴飛ばすように走るんです。

スクーターでしょ?って思っていると、まずこの加速感で、だいたいの人はやられます(笑)

すげぇ!? これオモシロい!

ってなりますからネ。

X-ADVは装備がハンパなく豪華!

ところでこのX-ADVなんですが、価格が写真のマットアーマードグリーンメタリックの場合で1,296,900円となります。

ちなみにNC750XのDCT仕様が968,000円。

え? 同じエンジンなのにデザインがオフロードっぽくなったら30万円にアップって!?

と思うかもしれません。

でも、それには正当な理由があります。

まずフロントフォークが専用設計の倒立フォーク。ラジアルマウントされたブレーキキャリパーはホンダ最高峰のアドベンチャーバイクであるアフリカツインと同じものを装着しています。

NC750Xはシングルディスクですが、X-ADVはダブルディスクです。そしてホイールは前17インチ、後ろ15インチでチューブレス仕様のスポークホイールです。ABSは当然、標準装備。トラクションコントロールも装備してます。

そしてスイングアームには軽量かつ高剛性なアルミ製が奢られています。

このアルミスイングアームですが、

さっき出したこの写真でわかるとおり、かなり長めのスイングアームになっているんです。

荒れた道でも安定感を出せるようにホイールベースを長くとっているんでしょう。

つまり、わかりやすく言うと……

X-ADVのシャシーはフレーム以外、NC750Xとはまるで違うバイクっていうこと。

これはホンダが『けっこうガチでアドベンチャーとしてX-ADVを開発した』っていう証拠です。

ですから、このバイクは走りがヤバい……

本当です。

だって、コーナーまでかなり速い!

そのあたりを続編で、わたし(北岡)が嬉々としてお伝えしますので、よろしければこのまま続きもお読みくださいね!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXTGO! 峠が速いぞX-ADV! オートマチックでこんなのアリか!?

レンタルバイクで『X-ADV』を探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳細はこちら

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 2021モデルでホンダ『CBR650R』と『CB650R』がフロントフォーク仕様変更。スポーティな走りに磨きがかかる!価格と発売日は?

  2. 進化を続ける125ccバイク!『グロム』が原付二種スポーツを代表する存在になったワケ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 前編】

  3. 話題の『ADV150』の荷物積載性をキャンプでテスト!【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 中編】

  4. NC750X&DCTの組み合わせによる『快適』は、今までのバイクとちょっと違う?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 中編】

  5. ありそうでなかった? CBR400Rは走ることの楽しさを『正しく』教えてくれる400ccのバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 中編】

  6. 電車で現地へ行って『原付二種』で気軽に観光! リーズナブルに楽しむミニバイクの遊びかた【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断③/Honda Mokey125】

  7. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室③/Honda Monkey125(2020)】

  8. VFRの名前はダテじゃない!V4エンジンの走りには『本物』の味わいがある【ホンダの道は一日にして成らず 第7回/Honda VFR800F 後編】

  9. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室②/CB400 SUPER FOUR(2020)】

ホンダのレンタルバイク
  1. 関西エリアをバイクツーリングするならまずはココ!人気の『絶景ロ…

  2. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  3. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  4. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  5. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  1. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  2. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  3. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  4. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  5. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

バイクレンタル会員登録