ホンダ『X-ADV』の前ではオートマ or マニュアルなんて些細な問題でしかない【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 後編】

笑っちゃうくらい速い。オートマチックだなんてこと、どうだってよくなるX-ADVの走り。そこに感じたのは、バイクの未来。そのひとつの可能性です。

X-ADVは既存のバイクと棲む世界が違う

何というか、こう……次元が違う感じなんです。

バイクっていうのはライダーが積極的に操ることで、走ることそのものを楽しむ趣味。

だけど、X-ADVの走りを体感すると、そんな自分の考え方が揺らぐような気持ちにすらなります。

【中編】からの続きです

なぜそう思うかというと、それは『X-ADVの走りが最高に楽しいから』に他なりません。

バイクで走りを楽しむことにおいて、オートマとかマニュアルなんて、実はあんまり関係ないんじゃないか?って、そう思わされるんです。

あまりにも万能すぎるX-ADV

街を走れば、オフロード走行も想定された足まわりによって、乗り心地は快適そのもの。

シート下には容量21Lのラゲッジスペースも備えているので、利便性もあります。

そこに加えてストップ&ゴーに強い加速力重視のエンジン特性と、信号待ちでもニュートラルを探す必要がない快適性。

それこそ、毎日の通勤に使えるんじゃないかと思えるレベルに便利なバイクでもあるんです。

そこに加えて純正オプションに設定されているような、ちょっとアドベンチャーっぽいスタイルのトップケースを装着したら、完全に無敵なんじゃないでしょうか?

シティユースで文句のつけようはありません。

しかもですよ?

オートマチックDCTをのんびり走れるDモードにしておけば、おおらかにツーリングも楽しめる。

そのうえNC750X譲りのエンジンですから、ゆっくり走ればエンジンに味わいがあって、かつ燃費まで良好な訳です。

それでいて【中編】でテンション高めにお伝えした通りに、ワインディングでの走りも最高にエキサイティングって……

それに!

まだお伝えしてなかったので付け加えておきますけど、その名の通り『X-ADV』にはアドベンチャーバイクとしての要素もあります。

その気になれば、未舗装のダートを砂塵を巻き上げながら突き進むことだってできるんです。

もちろんオフロード走破性はアフリカツインやCRF250Lには及びませんけど、それでも一般的なオンロードバイクとは比較にならない悪路走破性を備えています。

このバイクは、1台ですべてをこなす。

X-ADVは『あまりにも万能』です。

X-ADVに次世代バイクの可能性を感じる

でも、万能=器用貧乏みたいなことは一切ありません。

きちんとバイクとしての楽しさが溢れてるし、他のどのバイクと比較してもキャラだって明確です。

驚くのは、このバイクにあるすべての魅力をまとめあげているのがオートマチック機構DCTだっていうこと。

DCTによって、X-ADVは『棲む世界が他とは違うバイク』として成立しているんです。

そこに感じたのは『バイクの未来』の、ひとつの可能性でした。

バイクの未来には色んなカタチがあると思いますが、もし仮に次世代においてバイクはオートマチックが主流になるとしたら……

そうなる理由は『快適』とか『操作が簡単』とかじゃなくて、きっとこのX-ADVのような『楽しい!』という気持ちによってライダーたちに受け入れられていくんだと思います。

現時点でのX-ADVは『他にはない個性派バイク』という立ち位置でしょうか。

だけど、個人的に感じたのは未来のひとつの可能性でした。

オートマチックかマニュアルか。そんなことはX-ADVの前では些細な問題。

このバイクには、そこを超えた目線での未来を感じることができます。

新しいって、きっとこういうこと。

はじめは『他と違う』マイノリティだったものが、いつの間にか普及して『常識』になっていく。

そういう可能性すら感じさせるバイク。

それがX-ADVっていう、ホンダでナンバーワンの『個性派』です!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

まだでしたら是非【前編】もお読みください!

レンタルバイクで『X-ADV』を探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳細はこちら

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 前編】

  2. ナメたらやられる!? 峠の『X-ADV』がめっぽう速い!【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 中編】

  3. 話題の『ADV150』の荷物積載性をキャンプでテスト!【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 中編】

  4. ありそうでなかった? CBR400Rは走ることの楽しさを『正しく』教えてくれる400ccのバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 中編】

  5. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

  6. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白さを再発見!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 後編】

  7. 新型『GB350』をモーターサイクルフェスで初公開! 360度じっくり見れるぞ!?【ホンダ2021新車ニュース/Honda GB350 編】

  8. 大型バイクの王道! ホンダの新型『CB1300』シリーズはSPもいいけど、スタンダードに存在感アリ!【2021新車ニュース/Honda CB1300 Series】

  9. 進化を続ける125ccバイク!『グロム』が原付二種スポーツを代表する存在になったワケ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 前編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 関西エリアをバイクツーリングするならまずはココ!人気の『絶景ロ…

  2. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  3. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  4. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  5. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  1. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  2. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  3. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  4. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  5. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

バイクレンタル会員登録