検索

全日本モトクロス選手権を楽しもう!レース観戦、お役立ち情報!

皆さん、こんにちは。
全日本モトクロス Honda PR担当です。
5月14日(土)、15日(日)にオフロードヴィレッジ(埼玉県川越市)にて、『全日本モトクロス選手権2022 第2戦 関東大会』が開催されます。
迫力あるモトクロスレースは、サーキットで観戦するロードレースやテレビ・ネット中継では味わえない魅力があるんです♪

ということで、今回は、第2戦 関東大会が開催されるオフロードヴィレッジでのレース観戦に役立つ情報をご紹介させていただきます!

オフロードヴィレッジって、どんなところ??

写真:2021年シーズン

オフロードヴィレッジは入間川と荒川に挟まれた河川敷に設けられた、首都圏に最も近いモトクロスコースです。
河川敷ということもあり高低差が少なく、コース全体が見やすいレイアウトになっています。
さらに迫力あるジャンプやコーナーが間近で見られるので、モトクロスの魅力を存分に楽しむことが出来るんですっ!

 

オフロードヴィレッジって、どうやって行くの?

オフロードヴィレッジは首都圏から近いこともあり、バイクのほか公共交通機関でもアクセスできます。
▶「オフロードヴィレッジ」までのアクセス詳細はこちらから
※会場入場には、コロナウイルス感染防止対策の観点から「オフロードヴィレッジ来場者 問診票」の提出が必要となります。事前にご準備いただく事でスムーズに入場できます。(問診表はこちら

 

どんな準備が必要??

上着(ウインドブレーカー等)オフロードコースでは埃対策のためにウインドブレーカー等を携帯しておきましょう。河川敷特有の強い風避けにも活躍します。

折りたたみの椅子基本的にオフロードコースには観客席(一部の有料観客席等を除く)がないため、立ち見観戦が基本となります。折りたたみの椅子を準備できるとグッドですっ👍

リュック着替えや飲み物、会場でもらえるグッズなどをしまえるリュックなどがあると便利。
Hondaオリジナルバッグは、HondaGO BIKE GEAR(オンラインショップ)でご購入できます

トレッキングシューズオフロードコースでは観戦エリアでも足元が不安定な場所が多くあります。トレッキングシューズや歩きやすい長靴がオススメです。

サングラス・キャップ(帽子)など日差しの強さや砂埃対策にオススメです。強い風が吹きやすいオフロードヴィレッジでは特にあると役立ちます。
他にも紫外線が気になる方は事前にしっかり準備していきましょう。
Hondaオリジナルキャップは、HondaGO BIKE GEAR(オンラインショップ)でご購入できます

より万全な準備でレース観戦したい方は、こちらもご覧ください。※外部サイト(MOTOSPORTS PROMOTION)になります。

天候が悪い場合は・・・

モトクロスコースは、会場全体が未舗装です。長靴や靴カバー、レインウェアは必須アイテム!楽しく観戦するためにも必ず用意しましょう。
HondaオリジナルレインウエアはHondaGO BIKE GEAR(オンラインショップ)でご購入できます

 

注目ライダーをご紹介!!

IA1クラス

#22 Honda Dream Racing Bells| 大城 魁之輔(おおしろ かいのすけ)選手


#23 Honda Dream Racing Bells|大倉 由揮(おおくら ゆうき) 選手


大城選手、大倉選手ともに、IA2クラスからステップアップしたルーキー選手。今年の活躍が期待されています!

この他にも、各クラスで沢山のHondaライダーが戦いますっ!
レース会場でモトクロスの魅力を存分に味わって、応援していただけると嬉しいです!
Honda 全日本モトクロスの情報はこちらからご覧ください

 全日本モトクロス選手権2022 第2戦 関東大会|観戦チケットのご購入はこちらから 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら