原付二種で47万3000円の価格は高い? 『CB125R』はコスパ的にどうなんだ!?【ホンダの道は一日にして成らず 第19回/Honda CB125R まとめ編】

250ccクラスに匹敵するフルサイズボディに、DOHCエンジンと作動性の良いサスが装備されることで劇的な進化を果たしたCB125R。
だけど新型CB125Rのお値段は47万3000円(※消費税10%込み)なんですよね。この価格、みなさんはどう思います?

『CB125R』を原付二種として考えると……

いかに大きな進化を果たそうとも、CB125Rはクラスとしては原付二種です。

原付二種っていうと基本的に『リーズナブルな価格で気軽に乗れる』っていうイメージ、ありますよね。

だけどCB125Rは車両価格にして47万3000円(※消費税10%込み)。ホンダの51cc~125ccラインアップでは最高額であり、なかなかのお値段であることは事実です。

新型CB125Rは250ccのCB250Rに引けを取らないボディサイズを誇り、エンジンはDOHC化され、前後サスペンションも高性能化が図られました。

だからって私(北岡)は『この性能なら安い』と言うつもりはありません。原付二種クラスのバイクに対して47万円以上のプライスタグは、決して安い買い物ではないと思うからです。

だけど、今回こうして新型CB125Rに実際に乗ったことで、ちょっと思うこともありました。

CB125Rは『原付二種』だけど……

冒頭にも書きましたけどCB125Rは原付二種クラスに属します。

それはわかっているんですが、実際に走っていると新型CB125Rが原付二種だということをちょくちょく忘れるんです。

もっと言えば、排気量とか車体サイズを超えたところにあるライダーとしての感覚が、CB125Rを原付二種ではなく『バイク』だと感じている

これ、ちょっと意味不明に聞こえるかもしれません……でも、そうとしか表現できない。

なぜってCB125Rの走りが楽しすぎるから。

信号待ちからの発進、それに続く加速の伸びや、コーナリングの軽快さも。

走っている間は、いま自分が乗っているのが125ccだなんてこと、完全に頭から消えてしまう。排気量を忘れてしまうほどに新型CB125Rは『バイク感』に溢れているんです。

そうして排気量のことを頭から完全に消して、純粋に『バイク』として考えると、不思議なことに新型CB125Rの価格が特別に高いとは思えなくなっちゃうんですよ。

これは例えばですが、CBR250RRを例にとってみるとわかりやすいかもしれません。

CBR250RRの価格は、カラーによっても異なりますが82万1700円~(※消費税10%込み)となっていて、250ccのバイクとして考えれば高級車です。

だけど、その機能美にあふれるスタイルや『250ccのスーパースポーツ』として磨き上げられた性能を考えると、やっぱりこれも高いとは思えなくなってしまう……それだけの価値がある、と感じられるからです。

『CB125R』に対して価値を見出せるか

新型CB125Rには、それと同じ感覚があります。

排気量の枠組みを完全に超えてきた新型CB125Rの『バイク感』には到底、値札をつけることができません。

そうなると逆に、ここまでの『バイク』が維持費も抑えられる原付二種クラスだっていうことが、むしろお得なことのように思えてきます(笑)

結局こういうのって『どこに価値を置くか』なんでしょうね。

そこに価値を見出すことができれば、価格の壁なんて気持ちで乗り超えちゃうのがライダー人情っていうものです。

クラスを超えた所有感に満足できるゴージャスさに加えて、走りに夢中になれる楽しさも併せ持っている。それでいてランニングコストまで抑えられる。

そう考えると新型CB125Rの『バイクとしてのコスパ』はとても高い、ということになるのかもしれません。

新型CB125Rを単純に原付二種として見るならば、最初に言ったとおり高級車でしょう。

でも、純粋に『バイク』として見るならば、他にはない価値を持った唯一の存在と言うこともできる。

新車価格47万3000円を高いと見るか、安いと見るか。

それはきっと、これを読んでくださった貴方自身が『新型CB125Rの価値をどこに置くか』で全然変わってくるものだと思いますよ!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

よろしければ【前編】からお楽しみくださいね!

【前編】

【中編】

【後編】

原付二種ならリーズナブル! レンタルバイク『CB125R』を探してみる?

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 大人のスポーツ? 『VFR800F』はそんなに単純なバイクじゃない!【ホンダの道は一日にして成らず 第7回/Honda VFR800F 中編】

  2. Hondaのアドベンチャーバイクはこんなにあるぞ!

  3. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda NC750X series編】

  4. ホンダのDCTって実際どうなの? そこに懐疑的な人ほど乗ってみて欲しい!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda X-ADV(2021)】

  5. ナメたらやられる!? 峠の『X-ADV』がめっぽう速い!【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 中編】

  6. NC750X <DCT>ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/NC750X Dual Clutch Transmission(2020)】

  7. CB1100RSほど『渋い』という言葉が似合うバイクは他に無い【ホンダの道は一日にして成らず 第13回/Honda CB1100RS(2018)後編】

  8. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができるなんて……【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 後編】

  9. 2021モデルでホンダ『CBR650R』と『CB650R』がフロントフォーク仕様変更。スポーティな走りに磨きがかかる!価格と発売日は?

ホンダのレンタルバイク
  1. ホンダライダーが大活躍している【 MFJ全日本ロードレース選手権っ…

  2. 大型プレミアムツアラー『Gold Wing 』シリーズにNEWカラー登場!【…

  3. Gold Wingってどうやって作られてるの?製造現場をお見せしちゃいま…

  4. 衝撃のデビューから30年 ファイヤーブレード最新作「CBR1000RR-R SP…

  5. EIMCA 2021(ミラノショー)が開幕!ニューモデルが登場!!

  1. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  4. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  5. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

バイクレンタル会員登録