2021モデルでホンダ『CBR650R』と『CB650R』がフロントフォーク仕様変更。スポーティな走りに磨きがかかる!価格と発売日は?

公道でスポーティな走りを味わうことに特化したCBR650RとCB650Rが2021年モデルで進化します。これまでも最高に楽しいバイクだったけど、その走りがさらにスポーティになるか!?

ホンダ『CB650R』と『CBR650R』が2021年モデルで進化!

Honda CB650R(2021)/マットバリスティックブラックメタリック

2019年の3月に発売されたミドルクラス648cc直列4気筒エンジンを搭載したロードスポーツ『CB650R』と『CBR650R』が2021年モデルでアップデートされることになりました!

CBR650R(2021)/グランプリレッド

2021年モデルではまずカラーリングを変更。

ネイキッドのCB650Rではストリートで映えマットジーンズブルーメタリックをはじめ、マットバリスティックブラックメタリックとキャンディークロモスフィアレッドの計3色を展開します。

CB650R(2021)/マットジーンズブルーメタリック

 

CB650R(2021)/キャンディークロモスフィアレッド

CBR650Rは前出のグランプリレッドはグラフィックも変更されています。

また、マットバリスティックブラックメタリックでは新たにシルバーのアクセントが加えられ、高級感がアップしています。

CBR650R(2021)/マットバリスティックブラックメタリック

シートカウルの形状が変更され、スポーティな印象に

※写真はCBR650R/2021年モデルのシートカウル

※写真はCBR650R/2019年モデルのシートカウル

そして、シートカウルの形状も変更を受け、スッキリとスポーティな形状に。

よく見ると2021年モデルのCBR650Rではシートのステッチの色がレッドに変更されています。このレッドのステッチはCBR650Rの設定となり、ネイキッドのCB650Rではホワイトのステッチとなります。

最大の変更点はフロントフォークの進化!

そして、2021年モデルでの最も気になる変更点はフロントフォークです。

まずこちらが、これまでの2019年モデルのCBR650Rのフロントフォーク↓

※写真は2019年モデル

これまでカートリッジ式だったものが、SHOWA製のSFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)フォークに変更されることになりました!

外観上の違いとして、2021年モデルのCBR650Rはこちらです↓

※写真は2021年モデル

見た目にはすこしわかりにくいかもしれませんが、このフロントフォークは2本のフォークのうち片方が分離加圧ダンパーを備え、もう片方がスプリング機構と、仕事を分担させて高いダンパー性能と軽量化を両立しています。しかもビッグピストンなのでダンパーの応答性も向上する仕様です。

これまでのCBR650Rは、リアサスペンションに対して、フロントがすこし柔らか目のセッティングでしたが、この仕様変更により、走りがどう変わるか楽しみですね!

CBR650R(2020)に乗ってみた感想はこちら!

進化する『CB650R』と『CBR650R』の価格と発売日は?

発売日は2台ともに2021年1月28日に発売予定となっています。

価格はネイキッドのCB650Rがワンプライスで979,000円。

フルカウルのCBR650Rはカラーによって価格が異なり、マットバリスティックブラックメタリックが1,056,000円。グランプリレッドが1,089,000円となります。

HondaGO BIKE RENTALでは2021年1月28日の発売後に新しいCBR650Rが続々、配備されていく予定です。

気になる人は気軽なショートプラン(2時間まで)のレンタルなどで、じっくり乗ってみてくださいね!

【文:北岡博樹(外部ライター)】

ホンダ『CBR650R』に乗ってみる?

※写真は2019年モデル

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 原付二種/125ccスクーターのホンダ『PCX』シリーズと、PCX150から進化した『PCX160』が新発売!新型の価格と発売日は?

  2. バイクに何を求めるか? でホンダ『CBR650R』の価値は大きく変わる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 中編】

  3. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室③/Honda Monkey125(2020)】

  4. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白さを再発見!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 後編】

  5. NC750X&DCTの組み合わせによる『快適』は、今までのバイクとちょっと違う?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 中編】

  6. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  7. 恋人の聖地「恋慕観音像」目指して。深まる紅葉を走る、滋賀「伊吹山ドライブウェイツーリング」

  8. 新型『レブル1100』はライディングポジションが良い感じ! 本命はMT、それともDCT?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 後編】

  9. X-ADVってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda X-ADV(2019)】

ホンダのレンタルバイク
  1. CB1300SF SPの『核心』は伝統の直4エンジンに!【ホンダの道は一日…

  2. CB1300SFで『公道を走るため』に組まれたSPの異次元【ホンダの道は…

  3. CB1300SF SPはすべてのライダーの『夢』を叶えるバイクです!【ホン…

  4. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこ…

  5. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重…

  1. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  2. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  3. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  4. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  5. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

バイクレンタル会員登録