2021モデルでホンダ『CBR650R』と『CB650R』がフロントフォーク仕様変更。スポーティな走りに磨きがかかる!価格と発売日は?

公道でスポーティな走りを味わうことに特化したCBR650RとCB650Rが2021年モデルで進化します。これまでも最高に楽しいバイクだったけど、その走りがさらにスポーティになるか!?

ホンダ『CB650R』と『CBR650R』が2021年モデルで進化!

Honda CB650R(2021)/マットバリスティックブラックメタリック

2019年の3月に発売されたミドルクラス648cc直列4気筒エンジンを搭載したロードスポーツ『CB650R』と『CBR650R』が2021年モデルでアップデートされることになりました!

CBR650R(2021)/グランプリレッド

2021年モデルではまずカラーリングを変更。

ネイキッドのCB650Rではストリートで映えマットジーンズブルーメタリックをはじめ、マットバリスティックブラックメタリックとキャンディークロモスフィアレッドの計3色を展開します。

CB650R(2021)/マットジーンズブルーメタリック

 

CB650R(2021)/キャンディークロモスフィアレッド

CBR650Rは前出のグランプリレッドはグラフィックも変更されています。

また、マットバリスティックブラックメタリックでは新たにシルバーのアクセントが加えられ、高級感がアップしています。

CBR650R(2021)/マットバリスティックブラックメタリック

シートカウルの形状が変更され、スポーティな印象に

※写真はCBR650R/2021年モデルのシートカウル

※写真はCBR650R/2019年モデルのシートカウル

そして、シートカウルの形状も変更を受け、スッキリとスポーティな形状に。

よく見ると2021年モデルのCBR650Rではシートのステッチの色がレッドに変更されています。このレッドのステッチはCBR650Rの設定となり、ネイキッドのCB650Rではホワイトのステッチとなります。

最大の変更点はフロントフォークの進化!

そして、2021年モデルでの最も気になる変更点はフロントフォークです。

まずこちらが、これまでの2019年モデルのCBR650Rのフロントフォーク↓

※写真は2019年モデル

これまでカートリッジ式だったものが、SHOWA製のSFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)フォークに変更されることになりました!

外観上の違いとして、2021年モデルのCBR650Rはこちらです↓

※写真は2021年モデル

見た目にはすこしわかりにくいかもしれませんが、このフロントフォークは2本のフォークのうち片方が分離加圧ダンパーを備え、もう片方がスプリング機構と、仕事を分担させて高いダンパー性能と軽量化を両立しています。しかもビッグピストンなのでダンパーの応答性も向上する仕様です。

これまでのCBR650Rは、リアサスペンションに対して、フロントがすこし柔らか目のセッティングでしたが、この仕様変更により、走りがどう変わるか楽しみですね!

CBR650R(2020)に乗ってみた感想はこちら!

進化する『CB650R』と『CBR650R』の価格と発売日は?

発売日は2台ともに2021年1月28日に発売予定となっています。

価格はネイキッドのCB650Rがワンプライスで979,000円。

フルカウルのCBR650Rはカラーによって価格が異なり、マットバリスティックブラックメタリックが1,056,000円。グランプリレッドが1,089,000円となります。

HondaGO BIKE RENTALでは2021年1月28日の発売後に新しいCBR650Rが続々、配備されていく予定です。

気になる人は気軽なショートプラン(2時間まで)のレンタルなどで、じっくり乗ってみてくださいね!

【文:北岡博樹(外部ライター)】

ホンダ『CBR650R』に乗ってみる?

※写真は2019年モデル

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 【動画】正式に国内発売された四代目ゴールドウイング『GL1500 Gold Wing』がスゴい!【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/GL1500 Gold Wing(1988年) 編】

  2. 余裕の積載力と走行性能でキャンプも楽勝!旅するバイク「CRF1100L Africa Twin」でレンタルバイク富士山ソロキャンプ

  3. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重な走行映像は必見!【ホンダ歴代バイク図鑑/XRV650 Africa Twin(1988年)編

  4. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda NC750X series編】

  5. 度量が違う。今あるバイクの中で『CB400SF』の守備範囲の広さは世界一!【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 後編】

  6. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 前編】

  7. NC750X&DCTの組み合わせによる『快適』は、今までのバイクとちょっと違う?【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 中編】

  8. 【動画】『VFR(RC46)』ツアラー性とスポーツ性を高レベルで両立させたV型4気筒【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/VFR(1998年)編】

  9. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこと【ホンダの道は一日にして成らず 第6回/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 基本編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 【動画】市販スーパースポーツの元祖!ホンダCBシリーズの歴史的名…

  2. V4エンジンが『VFR800X』を1日1000kmを走るツーリングバイクに押し…

  3. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化…

  4. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【…

  5. 全部無料! バイクで走った後は『足湯』でほっこり温まろう!【無料…

  1. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  2. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  3. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  4. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  5. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

バイクレンタル会員登録