検索

初心者だけじゃない! 高速道路を走った後は『速度感覚のマヒ』に気を付けて!?【バイクライフ・ステップアップ講座/速度感覚 編】

高速道路で気をつけなければのいけないことは『高速道路を走っている間』だけじゃない!?

高速道路を長時間走った後の落とし穴

短時間で遠くまで行ける高速道路はバイクツーリングには欠かせない存在。初心者の頃は「高速道路に乗ること」自体がちょっと怖かったりもしますが、正直それはすぐに慣れていきます。

だけど、そうやって高速道路に慣れてきたタイミングでこそ注意したいことがあります。それが『速度感覚のマヒ』です。

速い速度に感覚が慣れる

高速道路、あるいは自動車専用道路はみなさんもご存じの通り、時速80~100km(一部では時速120kmも!)など走行速度が一般道よりも高いんですが、実は『速く走っていい』だけじゃなく、その速度で安全に走行できるように道路自体が設計されています。

きちんと整備された路面に極端な凸凹はありませんし、カーブも緩やか。もうひとつ付け加えておくと、道幅(車線内の幅)も広く作られていて、高い速度でも乗り手が安心して走れるようになっているんです。

そんな道路だからこそ快適に走れる訳なのですが、問題はライダー側。人間って言うのは『慣れる生き物』なので、高速道路を走っていると、その速度に感覚が慣れてしまうんです。これは運転免許の更新や教習所などでも目にする『交通教本』にも書かれていることなので、みなさんも何となくは知っているかもしれません。

だけど現実として、そのギャップは思った以上に大きいんです。高速道路の感覚に慣れてしまった後で、一般道に降りて走ると『うっかりスピードを出しすぎる』ことになりかねません。

遅すぎる、と感じるくらいのギャップがある

もちろん速度の出し過ぎは危険ですし、そんなことは言われずともわかっていると思います。

けれど高速道路の速度感覚に慣れてしまった後は『無意識でスピードを出してしまっている』という状態なのが大きな問題。

それこそ時速100kmで長時間走った直後に、一般道の40km/h制限の道を走ると『こんなに遅く走ってていいのかな?』と逆に心配になるほど。ライダー側の気持ちとしては徐行しているような気分かもしれません。

でも、実のところはそれが正解。高速道路を降りた直後は『遅すぎる』と感じるくらいでいいんです。

再び『一般道の走行ペース』に感覚が戻るまでは、スピードメーターを確認して走るようにしたり、一度休憩を入れて気持ちと感覚をリセットするのも有効だと思います。

スピードの出し過ぎは百害あって一利なし。

危険なうえに、うっかりスピード違反で警察の御用になっちゃったりしたら、せっかくの『楽しいバイクの時間』が台無しです。

この『うっかりスピード違反』は、ライダーが自分の速度感覚のマヒを意識することでしか防げません。

高速道路は便利だし、うまく活用していくべきですが『高速道路を走っている間』だけじゃなく『降りてから』もちょっと注意が必要っていうこと、忘れず覚えておくようにしてくださいね!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら