検索

ジャイロキャノピー e: を発表、Honda e: ビジネスバイクシリーズの3モデルが揃い踏み

2021年10月28日、屋根付き電動三輪スクーター「GYRO CANOPY e:」が発表されました 。
このモデルは、Hondaの法人向け電動ビジネスバイクである、「BENLY e:」「GYRO e:」に続く、Honda e:ビジネスバイクシリーズの第三弾モデルです。

今回、Hondaのビジネスバイクの電動化の取り組みを広く社会の皆さまにご紹介したく、メディアを対象とした説明会を実施いたしました。今回その模様をご紹介します。

 

まずは、Hondaのビジネスバイク電動化に向けた取り組みを、ホンダモーターサイクルジャパン社長 室岡さんより説明。
Honda e: ビジネスバイクシリーズの3モデルが揃ったことで、各種集配業務や巡回サービスなど幅広い目的・用途に対応できる車種選択の幅を広げたことで、ビジネス領域から電動バイクの普及を図っていくこと。そして、スーパーカブの様な身近な存在としていくことで、静かでクリーンな生活環境を広げていく想いが語られました。

続いて、GYRO CANOPY e: の開発責任者である、Hondaものづくりセンターの中川さんが、三輪スクーター「GYROシリーズ」とHonda二輪の電動化の歴史を紐解きながら、GYRO CANOPY e:に採用された技術や開発に込めた想いを紹介。
大型のウインドスクリーンやルーフを採用しながら車体はコンパクトで、かつ、足つきの良さや、ゆとりのある乗車スペースといった特徴に加え、交換式バッテリー「モバイルパワーパック」の有用性を説明しました。

今回、モバイルパワーパックはバッテリー容量を増やした新型になり、この新型モバイルパワーパックを使用することで、Honda e: ビジネスバイクの各モデルの航続距離が向上しました。

最後にホンダモーターサイクルジャパン 古賀さんから、国内のビジネスバイク市場と今後の展望について説明。
「Hondaの原付一種ビジネススクーターにおけるHonda e: ビジネスバイクシリーズの国内販売構成比を2025年度までに7割超まで高めたい」という目標を掲げました。

郵便配達や新聞配達など各種集配業務を万能にこなす「BENLY e:」、大型低床荷台で容積の大きくかさばる荷物の配送に適した「GYRO e:」、屋根付きかつスイングする荷台で宅食デリバリーに適した「GYRO CANOPY e:」。
Honda e: ビジネスバイクシリーズの3モデルで、Hondaはビジネス領域から電動二輪車の普及に取り組んでいきます。

GYRO CANOPY e:の製品情報はこちら

GYRO CANOPY e: 製品紹介の記事もご覧ください。

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら