空冷4気筒。いま『CB1100 EX』というバイクが新車で買えるのは奇跡だと思う【ホンダの道は一日にして成らず 第12回/Honda CB1100 EX 歴史編】

9月某日、Honda Bike 公式SNSアカウントの「CB1100 EX/CB1100 RS Final Edition Coming soon…」という投稿をご覧になった方も多いと思います。
排ガス規制が厳しくなる一方の流れの中で、やむを得ないのかもしれませんが、本当に残念でなりません。

1100ccもの大排気量の空冷4気筒エンジンを搭載した新車が存在する。実はこれ、もうそれだけでほぼ『奇跡』みたいなものだと思うのです……

今回は、ファイナルモデル登場を前に、CB1100シリーズを振り返ってみたいと思います。

なぜホンダは『CB1100 EX』のようなバイクを作ることができるのか?

ホンダのバイクラインアップの中で、私(北岡)がある意味、最も尊敬しているのが実はこのバイク、CB1100EXです。

元々の個人的な趣味嗜好として、テイスティなバイクが好きっていうのもあるんですけど、その贔屓目を除いても、こればっかりは本当にすごいと思う。

だって空冷4気筒エンジンですよ。しかも1100ccもの大排気量……

排ガス規制は厳しくなる一方の時代に、このバイクを現代の基準に適合させて製品化できていること自体がもう奇跡みたいなものです。

私は仕事柄、いろんな車両に乗る機会に恵まれているんですけど、その中で厳しい規制に適合させるため『ぜんぜん楽しくないエンジン』になってしまったバイクもいくつか知っています。

日本国内の規制がものすごく厳しかった時など『もう味わい系エンジンは無理なんじゃないか』と内心、本気で思っていました。

2014年に登場した『CB1100 EX』の衝撃

そして2010年に登場したシリーズ初代のCB1100が登場。この時も嬉しかったのですが、その4年後に左右二本出しマフラーを搭載した初代CB1100 EXは衝撃でした。

初めて乗った時は、純粋に『感動した』のを覚えています。

これを大げさに言っているつもりはありません。空冷とか二気筒とか、OHVとかキャブレターとか。数値的なスペックよりも、数値化できない味わいを重視する私としては『完璧だ』と思いました。

ちなみに言うと当時は『インジェクションでは、やはりキャブレター車の味わいは出せない』と考えていたのですが、その考えを改めるキッカケになったのがこのバイク。

パワーやコーナリングスピードじゃない部分で、ホンダの技術力を思い知らされた気持ちでした。キャブレター車のネガティブを排除して、味わいだけを抽出する。CB1100EXは、その具現化だったんです。

そして、トドメが現行車につながる2017年のアップデート。

軽量化を果たした上で、アシストスリッパ―クラッチの採用で操作も快適&走りも安心に。

さらにABS、グリップヒーター、ETCも標準装備。

だけど、わたし個人の核心はそこじゃありませんでした。

このアップデートから『CB1100』シリーズは、とてつもなく良い音のするバイクに進化していたんです。

現代を走る『新車のクラシック』として完璧なCB1100 EX

こうしたステップを踏んで着実にCB1100 EXは味わいを増し、同時に現代的な快適さも装備してきました。

それも規制は厳しくなる一方という流れの中で、です。

だから、このバイクは『新車として今、買えることが奇跡みたいなもの』だと思うんですね。

そして2021年の今、CB1100 EXは新車で買えるクラシックスタイルのバイクとして、パーフェクトな完成度に至っている。

と、わたしは本気でそう思っています。

じゃあ、その根拠は何か?

それはエンジンでもあり、車体設計でもあり。いろんな要素が絡み合ってのこと。

続編では、なぜCB1100 EXを完璧だと思うのか。その理由をお伝えしたいと思います!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶続きはこちら!

奇跡の空冷4発『CB1100EX』をレンタルバイクで体験してみて!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチから

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/CB400 SUPER FOUR(2020)】

  2. X-ADVってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda X-ADV(2019)】

  3. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda CB125R(2021)】

  4. 125ccだってスポーツできる!って思えるモンキー125は足周りが本格派!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 中編】

  5. 『スーパーカブ C125』新エンジン搭載してモデルチェンジ!【ホンダ2021新車ニュース/Super Cub C125 編】

  6. 見た目以上に鋭さを増した! 新型『PCX』の印象が旧PCXと全然違う!?【新型バイク直感インプレ!/Honda PCX 後編】

  7. 常に高みを目指すライダーにはアフリカツインこそ最高のパートナー!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission 】

  8. ツーリングまで楽しいスクーター『PCX160』は、1台あれば何でもできちゃうバイクかも!?【ホンダの道は一日にして成らず 第18回/Honda PCX160 ツーリング編】

  9. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイク!? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 前編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 全日本モトクロス選手権 第7戦決勝レースレポート

  2. 調理器具にも食器にもなる『クッカーセット』は使い方自由自在!【…

  3. ジェットボイルで簡単キャンプめし!お湯を沸かすだけでできるアウ…

  4. テントを張ったら明るいうちに「寝具の準備」もしておいた方がいい…

  5. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホ…

  1. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  2. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  3. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  4. 女性に人気にのパワースポット、赤城姫伝説の地「赤城神社」へ。赤…

  5. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

バイクレンタル会員登録