味わいバイクの『CB1100』シリーズに『走りのRS』って必要なの?【ホンダの道は一日にして成らず 第13回/Honda CB1100RS(2018)前編】

「ホンダの道は一日にして成らず」第12回では、ファイナルエディション発表が待たれる、CB1100 EXをご紹介しました。

「ホンダの道は一日にして成らず」第13回の今回は、CB1100 EX 同様、ファイナルエディション登場前の「CB1100 RS」 を前・中・後編と3回にわたって振り返ります…。

 

もはや存在そのものが奇跡として感謝したいホンダの空冷4気筒を搭載したCB1100シリーズ。最高にテイスティなエンジンなんだから、のんびりゆったり走るだけで良いのでは?

CB1100シリーズには『EX』があれば十分じゃない?

※写真はCB1100EX

ホンダCB1100シリーズといえば、そのアイコンは心臓部となる空冷4気筒エンジンで間違いありません。

排ガス規制も厳しい現代に、よくぞこれだけテイスティなエンジンを作れるものだと、ホンダの技術力に感心するばかり。

そして、そのエンジンを穏やかな時間の中で味わい尽くせるのがCB1100EXというバイクです……が!

CB1100シリーズには『RS』の設定があるんですよね。その名が示す通りスポーティなバージョンとして。

このRSの存在について『え……それって必要? 味わいバイクなんだからEXだけで良くない?』って思う人、実はけっこういるんじゃないかなと私(北岡)は思っています。

だってテイスティなバイクはテイスティなバイク。そこにスポーツ性を組み合わせても、特に速い訳でもない中途半端なバイクになっちゃうんじゃ?

そう考えるのは自然なことだと思いますが……

さにあらず!

やっぱりね、ホンダが自社のスポーツブランドネームとなる『CB』の名前を与えて『RS』っていう名前までつけてくるには理由があるってこと、今回乗ってみて痛感しました。

ちなみにCB1100RSの特徴は主にその『足まわり』にあります。

走りを意識したCB1100RSの装備

RSは前後に17インチのキャストホイールを履き、ワイドなラジアルタイヤを装着。

フロントフォークにはインナーチューブ径Φ43mmの正立フォークでショーワ製のデュアル・ベンディング・バルブを採用。サスセッティングもRS仕様に最適化されています。そしてブレーキキャリパーがラジアルマウントされているところも見逃せません。

目立つリアサスペンションはリザーバータンク付きのスポーティなもの。さりげなくアルミ製のスイングアームを装備していたりもします。

けっこうきちんと『スポーツバイク』として整えられているんですよね。

そして、私がわりと真剣に驚いたのがハンドル……というか、ライディングポジションでした。

ぶっちゃけね、はじめて跨ると『けっこう前傾姿勢だな』って感じると思う。バーハンドルだけど、ハンドル位置がそこそこ低い。ステップ位置との相関関係もありますけどね。

なんなら250ccフルカウルスポーツなどによく見る『優しめのセパハン』くらいの前傾姿勢なんじゃないか?って感じるほどでした。

しかもこのポジション、なんだかテンションが上がるんですよ。こりゃけっこう走りそうだぞ! って。

エンジンの仕様は『CB1100RS』も『EX』も同じ

とはいえ、エンジンの仕様はCB1100RSもEXも基本的に同じ。

最高出力90馬力を低めの7500回転で発生する、低~中速域重視の空冷4気筒エンジンです。

冒頭にチラッと言いましたけど、空冷4気筒エンジンのテイスティさを楽しむだけならEXで十分じゃない? という思いもあります。なにせ私(北岡)は、こういう味わい系バイクが大好物なものでして……

だけど、これがまた……けっこう雰囲気があるんです。

クラッチをつないで走り始めると、自然に居ずまいを正したくなる。

スポーツバイクが好きな人ならわかると思うんですけど、走り始めてから1度、軽く腰を浮かせて適正な着座位置を確認する感じ。そういう気構えみたいなものが自然に湧いてきます。

CB1100はEXだけで十分でしょ? なんて言っておいてアレですけど……なんかイイ感じ。

あれ? 味わい系エンジンのはずなのに、CB1100RSの中にきっちり『走り』を感じてる???

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶速さだけが『スポーティさ』の物差しじゃない

レンタルバイクで『CB1100RS』を探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳細はこちら

 

 

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 125ccのスクーター選びで迷ったら、まずは『リード125』をオススメしたい理由【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第4回/Honda LEAD125 前編】

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室③/Honda Monkey125(2020)】

  3. アフリカツインには『カジュアル』系アドベンチャーウェアもいい感じ!【バイクウェアもホンダ流!/CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES 編】

  4. 125ccなのに超パワフル!? 原付二種でもここまでできる!ってことを『CB125R』は証明した!【ホンダの道は一日にして成らず 第19回/Honda CB125R 中編】

  5. 他人と一緒はイヤ! センスのいい人にこそホンダ『レブル250』はおすすめ!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda Rebel 250(2020)】

  6. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に到達した。【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 中編】

  7. リード125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda LEAD125(2021)】

  8. 前人未到の全日本トライアルV10・8連覇チャンピオンが、CRF250Lでトライアルやってみた!

  9. DCTがどれほど快適でも『楽しい』が無ければバイクじゃない!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 後編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 全日本モトクロス選手権 第7戦決勝レースレポート

  2. 調理器具にも食器にもなる『クッカーセット』は使い方自由自在!【…

  3. ジェットボイルで簡単キャンプめし!お湯を沸かすだけでできるアウ…

  4. テントを張ったら明るいうちに「寝具の準備」もしておいた方がいい…

  5. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホ…

  1. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  2. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  3. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  4. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  5. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

バイクレンタル会員登録