CB1100 EXの走りは、他の『CB』と狙ってるものがちょっと違う?【ホンダの道は一日にして成らず 第12回/Honda CB1100 EX 走り編】

ファイナルエディションの登場を前に、「歴史編」「味わい編」に引き続き、CB1100 EXを振り返ります。

 

CB1100 EXの魅力の中心はエンジンです。でもバイクはエンジンだけじゃ走れません。エンジンを最大限に活かすため。そのためにシャシーも徹底的に作りこまれているんです。

味わいのために『CB1100 EX』は車体が鍛えられている

先の『味わい編』でお伝えした通りですが、CB1100 EXというバイクの価値の究極は、最新技術で組まれた空冷4気筒エンジンに集約すると私(北岡)は思っています。

でも、当たり前のことですがバイクはエンジンだけじゃ走れません。

この傑作エンジンを味わうために、そのためにCB1100 EXの車体も徹底して作りこまれているんです。

ところで、ホンダのCB1100シリーズには『RS』が存在するんですが、こっちは空冷4気筒を『スポーティに味わう』ためのバイクとして設計されています。

前後17インチホイールにハイスペックなZRレンジのタイヤを履かせて、前後サスもスポーティなセッティングで、フロントにはラジアルマウントのブレーキキャリパーまで装備。

でも、基本骨格となるフレームはEXもRSも共通なんです。

スイングアームの違いは大きいでしょうけれど、それでもCB1100 EXは、RSで想定される高い負荷にも耐えらえるフレームを持っているっていうことになります。

その土台があるからこそ、走る時に一切の不安を感じません。

そのうえで優しいサスペンションとハンドリングにより、ライダーをいつだって穏やかな気持ちに導くんです。

だから、乗り手は最大限の余裕をもって味わいを感じることができる。CB1100 EXっていうバイクの車体は、すべてそのためにあるようにしか思えません。

優しさも快適さも、エンジンを堪能するために整えられているんです。

だからといって、スポーティな走りができない訳じゃない

ただし、CB1100 EXはのんびり走ることしかできないか? と言われるとそうでもない。

このあたりがやっぱり『ホンダのCB』だなと感じるところでもあります。

もちろんCB1100 EXは、限界のバンク角でコーナーを削り取るような走りをするバイクじゃありません。

柔らかめの前後サスペンションがきちんと仕事をできるように、前後ブレーキやエンジンブレーキを使って車体を落ち着かせてからコーナーへ。

コーナーの進入で必要以上にがんばるバイクじゃありません。

でもRSも共通なだけあって、意外とタンクでの身体のホールド性が高く、下半身で車体を抱え込みやすいのが特徴的。

そしてバイクの姿勢が安定していることを確認した後に、スロットルを開ければ、グッと後輪が路面を捉えてくれます。

そこから旧車のように、後輪一輪に乗るイメージでコーナーを脱出する。

だけど、そこはホンダが『現行車』として2021年に新車で売っているバイクです。後輪一輪に乗っているような気持ちでいても、フロントタイヤの存在が消えない。そこに旧車との決定的な安心感の違いがあります。

その中で、どこまで狙ったラインをトレースできるか……

操る楽しさ、と言う意味合いにおいて、CB1100 EXはきっちりスポーティさを感じさせてくれるんです。

あくまで『CB』であることを譲らない

テイスティさを軸としていても、ホンダの『CB』であることは譲らない。

バイクで走ることにおいて、スポーティさを疎かにすることは決してない。CB1100 EXでワインディングを走ると、そういう決意のようなものを感じるんです。

軸足は味わいと安定感、そして優しさに。

けれど、走りを絶対に捨てることはないホンダ車の矜持、みたいなものが確かにある……

どこまでいっても『バイクは走って楽しむもの』だという想いが貫かれているんです。

そういう意味でも、やっぱりCB1100 EXは稀有な存在。

穏やかなだけじゃないCB1100 EXの走りは、これまたとっても奥が深いんです!

NEXT▶▶▶ CB1100EXは『一生愛せるバイク』になり得る

CB1100EXを振り返る…過去記事もチェック!

奇跡の空冷4発『CB1100EX』をレンタルバイクで体験してみて!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 前編】

  2. もし『レブル250』が人生最初1台だったら…きっと寝ても覚めても、このバイクことばかり考えてる……【ホンダの道は一日にして成らず 第15回/Honda Rebel 250 前編】

  3. ホンダの大型バイク『レブル1100(Rebel 1100)』シリーズの発売日決定! レブル250(Rebel 250)が4台分以上の排気量なのに、まさかの価格で登場です!

  4. 生粋のツーリングライダーにこそ『NC750X+DCT』を体験してほしい!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断⑥/Honda NC750X<DCT> 】

  5. 『CB125R』を買うかどうか迷ってる人へ! 原付二種ならバイクレンタルもお得ですよ!?【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda CB125R】

  6. 『Rebel 250 S Edition』にNEWカラー登場!【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 250 S Edition 編】

  7. スポーティなスタイルが好き! だけど疲れるのはヤダ……という人におすすめの400ccバイク【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda CBR400R 】

  8. 『PCX160』ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda PCX160(2021)】

  9. リニューアルされた新型『X-ADV』は何が変わった? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda X-ADV(2021)】

ホンダのレンタルバイク
  1. 全日本モトクロス選手権 第7戦決勝レースレポート

  2. 調理器具にも食器にもなる『クッカーセット』は使い方自由自在!【…

  3. ジェットボイルで簡単キャンプめし!お湯を沸かすだけでできるアウ…

  4. テントを張ったら明るいうちに「寝具の準備」もしておいた方がいい…

  5. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホ…

  1. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  2. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  3. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  4. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  5. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

バイクレンタル会員登録