CBR650Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/CBR650R(2020)】

Honda CBR650R(2020年モデル)

CBR650Rは2019年1月に発売されたロードスポーツモデル。

ミドルクラスの排気量帯では並列2気筒エンジンが主流になっているなか、こだわりの直列4気筒エンジンを搭載し、最高出力95馬力とかなりスポーティなパフォーマンスが与えられているバイクです。

そのうえで重量は207kgに抑えられ、400ccクラスと大差無いコンパクトなボディサイズにまとめられています。

扱いやすさとパワーのバランス感に秀でた『操る楽しみ』を存分に味わうことができるバイクとなっています。

■車両価格(税込)マットバリスティックブラックメタリック 105万6000円/グランプリレッド 108万9000円

CBR650Rのライディングポジションや足つき性は?

ライダー身長/176cm

コンパクトにまとめられたボディで跨っても扱いに不安を感じることはありませんが、きちんとスポーツバイクとしてセットアップされているためハンドル位置はやや低め。

ライダー身長が176cmの場合でも腕に余裕を持たせると、スーパースポーツほどでは無いにせよ、それなりの前傾姿勢となります。

ただし厳しすぎることは無く、十分にツーリングも楽しめる範囲です。

 

ライダー身長/176cm

CBR650Rのシート高は810mm。

身長176cmのライダーの場合は両足カカトまでべったりと接地する安心感があります。

日本人の標準的な体格の男性であれば、まず取り扱いに不安を感じることはありません。

身長が165cm前後あれば、その軽さもあり、女性にもおすすめできるバイクです。

CBR650Rの燃費は?

CBR650Rの燃料タンク容量はコンパクトな車体ながら15Lの容量を確保。使用燃料はレギュラーガソリンです。

高速道路6割、一般道4割で466.7kmの距離を走って、合計ガソリン給油量は19.74L。

満タン法で計測した燃費はガソリン1リットルあたり23.6kmでした。

CBR650Rの主要装備解説

ヘッドライトやウインカーにはLEDを採用され、現代的なデザインのスポーツバイクとして仕上げられています。排気量こそ650ccですが、高級感はリッタークラスの大型バイクに引けをとるものではありません。

排気量648ccの水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒エンジンを搭載。最高出力は95馬力を12000回転で発生します。アシストスリッパ―クラッチ採用によってクラッチ操作の負担が軽減すると共に、強いエンジンブレーキがかかった際の後輪のホッピングも抑制。後輪のスリップを緩和する電子制御『Honda セレクタブル トルク コントロール』も搭載されているので安心感があります。

フロントブレーキは直径310mmフローティングディスクとラジアルマウントキャリパーをダブルで装着。倒立フォークの剛性感の高さと合わせて、ブレーキのコントロール性はかなり高い印象。強いブレーキングにも自信を持つことができます。

車体下部に収まるショートタイプのマフラーは重量マスの集中化によりハンドリングにも貢献。4気筒エンジンのサウンドはアイドリング時に低音を響かせ、回転数を上げることで乾いたサウンドを堪能することができます。

ラバーではなく、金属製のステップを採用しているところもCBR650Rがスポーツバイクであることの証明のひとつ。確実なステップワークと車体のホールドを可能にしてくれる、スポーツバイクとして重要なディテールです。

シートはスポーツバイクらしいやや固めの座り心地。路面からのインフォメーションを受け取りやすいパフォーマンスパーツとしての側面が感じられます。後部座席がフラットなので、意外にもツーリングバッグを固定しやすかったのが印象的でした。

Honda CBR650Rに乗った感想はこちら

ホンダ『CBR650R』に乗ってみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 前編】

  2. 味わいバイクの『CB1100』シリーズに『走りのRS』って必要なの?【ホンダの道は一日にして成らず 第13回/Honda CB1100RS(2018)前編】

  3. 冒険は『過酷』じゃないとダメですか? アフリカツインはその常識を覆す!【ホンダの道は一日にして成らず 第16回/Honda CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission オフロード編】

  4. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda CB125R(2021)】

  5. 街乗りパーフェクトな160ccスクーター『PCX160』だけど、高速道路はちゃんと走れるの?【ホンダの道は一日にして成らず 第18回/Honda PCX160 高速道路編】

  6. ホンダの大型バイク『レブル1100(Rebel 1100)』シリーズの発売日決定! レブル250(Rebel 250)が4台分以上の排気量なのに、まさかの価格で登場です!

  7. アフリカツイン アドベンチャースポーツES DCTってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission (2020)】

  8. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができるなんて……【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 後編】

  9. レブル1100は『買い!』か『様子見』か? レブル250が好きな人も注目!【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> まとめ編】

ホンダのレンタルバイク
  1. 全日本モトクロス選手権 第7戦決勝レースレポート

  2. 調理器具にも食器にもなる『クッカーセット』は使い方自由自在!【…

  3. ジェットボイルで簡単キャンプめし!お湯を沸かすだけでできるアウ…

  4. テントを張ったら明るいうちに「寝具の準備」もしておいた方がいい…

  5. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホ…

  1. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  2. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  3. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  4. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  5. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

バイクレンタル会員登録