ツーリングも意外と快適!? スポーツ性だけじゃないホンダの『CBR650R』が万能すぎる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 後編】

ホンダ『CBR650R』でツーリングは楽しめる?

CBR650Rの本質は『公道特化型』のスポーツバイクです。

ワインディングをはじめとしたステージで、バイクでスポーティに走ることの充足感を満たしてくれる。

そのことについては【中編】でお伝えした通りです。

【中編からの続きです】

ですがっ!

例えばCBR650Rが愛車だったら、その本質がスポーツバイクだったとしても、やっぱりツーリングには出かけたい。

そう思うのがバイク乗り人情というものです。

じゃあCBR650Rでツーリングしたらどうなるの? 後編ではそこに注目していきます。

高速道路は快適に走れる?

ツーリングといえば、まずは最初に高速道路に乗るのが常です。

そこでの快適性ですが、まず乗り心地としての不満は一切ありません。

ほとんど『快適なツーリングバイク』と言ってしまって良い乗り心地です。

もちろんパワー的には650cc/最高出力95馬力ですから、日本の高速道路では十分すぎる動力性能。最近、拡大されている時速120km区間でも余裕なことは間違いありません。

ウインドプロテクション性能に関しても、スポーツバイクとして考えると『純粋に速く走るため』の空力性能だけでなく、高速道路での走行風に対しても配慮されていると感じられます。

バイクにしがみつくような低く伏せた姿勢を取らなくても、綺麗に走行風をいなしてくれる印象。

上半身とヘルメットの下部あたりまでの走行風から守ってくれます。

高速道路クルージングも『公道特化型』として、きちんと配慮されているんだろうと感じる部分です。

ひとつ気になるとすれば、前傾姿勢のライディングポジションでしょうか。

ここは体感的に個人差が大きい部分です。

ある程度、前傾姿勢のスポーツバイクに慣れている人は『快適だな』と思うでしょうけど、普段アップハンドルで背筋がまっすぐ伸ばせるようなバイクに乗っている人には、なかなかの前傾姿勢だと感じるはず。

ただ、ひとつ確実に言えるのは『もしCBR650Rを愛車にしたら』誰でも違和感なく馴染むっていうこと。

今回はざっと高速道路を片道200kmくらい走りましたけど、ボクの場合はCBR650Rで走る楽しさが勝って、特にツラさを感じることはありませんでした。

ゆっくり走るCBR650Rにも『味わい』がある

そして、広大な高原を走るようなツーリングのハイライトシーンでもCBR650Rに退屈を感じることはありませんでした。

スポーツ性に特化したバイクの場合、時速60kmフラットで淡々と走るのは得意分野じゃありません。ついスロットルを開けたい衝動に駆られます(笑)

だけどCBR650Rはそうならない。

スロットルレスポンスが過敏すぎない3速や4速ギアを使って、エンジン回転は4000回転前後。

ホンダ4気筒エンジンの滑らかな加速感は静かなツーリングシーンにおいて、自然と一体化するような没入感を邪魔しないんです。

スポーティさを楽しむようなシーンではエキサイティングだったのに、4000回転を目安に流す時には従順で控え目。

この2面性もCBR650Rというバイクの魅力だと言えると思います。

滑らかさと低回転域での穏やかさ、それを支える650ccの力強さ。

本質がスポーティさにあることは揺らぎませんが『思ったより……』という感覚以上に、快適ツーリングも楽しめるバイクです。

スーパースポーツとツーリングスポーツの中間にあるCBR650R

例えばハイエンドなスポーツバイクを『スーパースポーツ』として、スポーティだけど旅の快適性を重視したバイクを『ツーリングスポーツ』と呼ぶとします。

CBR650Rっていうバイクは、印象としてその中間。

ツーリングスポーツではなく『スポーツ』部分を前に置いてスポーツツーリングとでも言いたくなる。ツーリングバイクって言い切っちゃうには、ちょっとスポーツの比重が強めなんですよね。

【中編】でお伝えした通り、どこまでも軸足は公道特化型スポーツバイク。

でも公道をターゲットを絞ったからこその優しさがあって、だからツーリングも楽しめちゃう。

CBR650Rはスポーティさを愛するバイク乗りにとって、可能性を広げてくれるバイクなんです。

でも、650ccじゃ物足りないかも?

実はそう思うライダーにこそCBR650Rっていうバイクには乗ってみてほしいと思います。

その考え方が、180度変わっちゃうかもしれませんよ!?

【文:北岡博樹(外部ライター)】

よろしければ【前編】もお読みください!

ホンダ『CBR650R』に乗ってみたい?

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 【期間限定】ホンダのスーパーカブ・『天気の子』Verは50cc(原付一種)と110cc(原付二種)で受注生産のみ!ヘルメットもついてくる♪

  2. NC750X <DCT>ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/NC750X Dual Clutch Transmission(2020)】

  3. グロムってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GROM(2020)】

  4. 最強ツーリングバイクがタンデム快適性を強化! 新型『ゴールドウイング』シリーズの価格と発売日は?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Gold Wing Series 編】

  5. 400ccのバイクに、ちゃんと乗ったことってありますか?【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 前編】

  6. 新型『ディオ110』はダッシュ力が違う!? 燃費も良くなり軽量化も! コスパ高めの原付二種スクーターが充実のフルモデルチェンジ!価格や発売日も決定しました【ホンダ2021新車ニュース/Honda Dio110 編】

  7. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイク!? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 1100 前編】

  8. 2021モデルでホンダ『CBR650R』と『CB650R』がフロントフォーク仕様変更。スポーティな走りに磨きがかかる!価格と発売日は?

  9. 誰でも走りが楽しめて、しかもリーズナブル! グロムは『レンタルバイク最初の1台』にベストマッチ!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda GROM】

ホンダのレンタルバイク
  1. CB1300SF SPの『核心』は伝統の直4エンジンに!【ホンダの道は一日…

  2. CB1300SFで『公道を走るため』に組まれたSPの異次元【ホンダの道は…

  3. CB1300SF SPはすべてのライダーの『夢』を叶えるバイクです!【ホン…

  4. 新型はどうなる? 大型バイクとしてのCB1300SF『SP』に乗って思うこ…

  5. 【動画】パリダカレプリカと呼ばれた初代『アフリカツイン』の貴重…

  1. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  2. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  3. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  4. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  5. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

バイクレンタル会員登録