見た目以上に鋭さを増した! 新型『PCX』の印象が旧PCXと全然違う!?【新型バイク直感インプレ!/Honda PCX 後編】

2021年1月28日に発売された原付二種スクーターの新型『PCX』に試乗しました。乗ってすぐに感じた歴代モデルとの大きなちがいを紹介します!

従来のラグジュアリーさにキビキビ感をプラスし、舗装路での万能性を大幅アップ

これまでの『PCX』は扱いやすさや親しみやすさ、安心して乗れるというのがもっとも強い印象でした。

そして、原付二種でありながら、身体が窮屈にならず、ゆったりと長時間走り続けることができるというのが魅力だったと思います。

【中編】からの続きです

ライダーの身長・体重:175cm・80kg

新型『PCX』は、シート高は従来モデルから変わらず764mmで足つき抜群。ハンドルの距離感や広々したフットボードも踏襲され、またがった時に「そうそう、これがPCX」とライディングポジションは慣れ親しんだものだと思いました。

ただ、ひとたび走りだすと印象が一変。

ひと言で表すと、キビキビ感が増している!

新型『PCX』はエンジン・フレーム・装備にいたるまで、全面的に進化を遂げました。

キビキビ感が増し、鋭い走りができるようになったのには、さまざまな要因がありますが、一番顕著に感じられたのは、出足の良さとブレーキの効きの良さです。

エンジンは新設計され、出力特性も変わっています。

最高出力は12PSから12.5PSにアップ、最大トルクは変わらずに1.2kgf・m。最高出力が0.5PS向上したのを感じるのは、なかなか難しいものでしょう。

出足がいい、と感じた理由は、発進から加速にかけて使われる回転数でのトルクのアップが大きな要因と思われます。

125ccの原付二種の場合、普通に走っていてもスロットルをガバっと大きく開けることはしばしばあると思うのですが、新型『PCX』はレスポンスがよく、軽く開けただけでスッと前に出る軽やかさと力強さを感じました。

この発進・加速の心地よさは、通勤通学などの街乗りでも信号毎に体感できるものなので、よりいっそう『PCX』に乗る喜びや楽しさは増しています。

その鋭さに驚く人もいるかもしれません。しかし、新型『PCX』には加速力とともに、制動力がアップしているのでご安心を。

リアブレーキが従来のドラムブレーキから、ディスクブレーキに変更されています。ディスク径はフロントと同じΦ220mm。さらにフロントにはABSを新搭載。

この新たな前後ブレーキがとにかくよく効きます。とくに後輪ブレーキの形式変更は絶大で、日常でももちろん、万が一の急制動の際でも安心感は大きくなりました。

スペックを見てすこし不安に感じたのは、タイヤサイズの小径化。リアタイヤが14インチから13インチに変更され、新型『PCX』は前14・後13インチという組み合わせになりました。

従来の持ち味だったクラスを超えたラグジュアリーな乗り心地が損なわれるのでは……なんて思っていたのですが、まったくの杞憂でした。

リアタイヤのサイズは小さくなったものの、前後ともに幅をアップ。エアボリュームを増やして、衝撃吸収性が高められていたんです。

また、合わせてリアサスペンションはストローク量を10mmアップ。これにより、タイヤ径のサイズダウンしながらも、余りある乗り心地の向上を実現したというわけです。

総じていうと、これまでの『PCX』の持ち味だった、原付二種とは思えないラグジュアリーな乗り心地という面でも進化を遂げ、さらに「キビキビ感」がプラスされたという、いいことづくめ。

その上、Honda セレクタブル トルク コントロールまで備わっちゃって、安心感は従来モデルの比にならず、あらゆるメーカーの中でも間違いなく最高峰の先進装備を搭載する125ccコミューターといえます。

原付二種の常識から飛びぬけたという面において、3度目のフルモデルチェンジを遂げた新型『PCX』は、確実に歴代ナンバーワンの衝撃進化です!

【文:西野鉄兵(外部ライター)】

原付二種ならリーズナブル! レンタルバイクで『PCX』に乗ってみる?

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. バイクに何を求めるか? でホンダ『CBR650R』の価値は大きく変わる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 中編】

  2. ホンダが作った『最初のバイク』は何か知ってる?【ホンダのバイク温故知新 Vol.001/Honda Model A(1947年)】

  3. GB350ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GB350(2021)】

  4. 電車で現地へ行って『原付二種』で気軽に観光! リーズナブルに楽しむミニバイクの遊びかた【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断③/Honda Mokey125】

  5. 【動画】GB350のご先祖様? レプリカブーム真っ只中にあえて時代を逆行したレトロスタイルの雄『GB250 CLUBMAN』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/GB250 CLUBMAN(1983年) 編】

  6. 余裕の積載力と走行性能でキャンプも楽勝!旅するバイク「CRF1100L Africa Twin」でレンタルバイク富士山ソロキャンプ

  7. 【新車】250ccスクーター『フォルツァ』が新型エンジンを搭載して新発売! 価格と発売日は? 【ホンダ2021新車ニュース/Honda FORZA 編】

  8. グロムってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda GROM(2020)】

  9. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  2. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  3. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  4. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  5. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

バイクレンタル会員登録