クラスを超えすぎ! 原付二種/125ccスクーター新型『PCX』はどう変わった? 歴代モデルと比較します!【新型バイク直感インプレ!/ Honda PCX 前編】

『PCX』が生まれ変わり、2021年1月28日に発売されました。フルモデルチェンジを遂げて見た目も中身も一新! 歴代モデルからどのように進化を遂げてきたのか、新型の特徴とともに紹介します。

新型『PCX』はクラスを超えすぎ! 驚きの新機構を搭載

新型PCX

『PCX』で街を走ると、周りも『PCX』だらけだ! と驚かされます。

原付二種の大ヒットモデルにして、ロングセラーのこのモデルは、いまやホンダを象徴する一台とまで言えそうです。

PCX(2010年型)

『PCX』が国内で初めて発売されたのは、2010年3月のこと。「クラスを超えた質感の高さと先進スタイリング」「高い動力性能と環境性能の両立」「スクーターに求められる快適さと使い勝手の良さ」をキーワードに、ワンランク上の次世代125ccスクーターとして開発されました。

車格も「原付」というには、大きくて存在感満点。ゆったりとしたライディングポジションで、ゴージャス感に衝撃を受けたのを筆者も覚えています。アイドリングストップ・システムが備わっているのにもびっくり。あっという間にヒットモデルとなりました。

PCX(2014年型)

その後、最初のフルモデルチェンジを遂げたのは2014年4月。ヘッドライトやテールランプなどすべてLEDになり、燃料タンク容量を従来の5.9Lから8.0Lに拡大。よりいっそう使い勝手の良さを増すとともに、外観も一新しました。

PCX(2018年型)

さらに2018年4月にもフルモデルチェンジ。フレームの構造変更・エンジンの熟成を図り、フォルムはいっそうスタイリッシュに。

さらにこのとき「Honda SMART Key システム」が新たに採用されました。

そして、2021年1月28日、シリーズ3度目のフルモデルチェンジを果たした新型PCXが発売されました。4代目となる2021年型は、過去のモデルチェンジと比べても大きな進化を果たしています。

新型PCX(2021年型)

新型PCXは、「高級感のあるスタイリング」「快適で上質な走り」「優れた環境性能」を高い次元で具現化した商品を目指して開発されました。

基本的に初代からコンセプトはぶれていません。

エンジンは新設計。これまでPCXに搭載されていた水冷4ストロークOHC単気筒エンジンは「eSP」エンジンと呼ばれてきたもの。しかし新型は「ePS+」と名称を変更。

バルブ数が2バルブから4バルブになるのと共に、さまざまな構造の変更が行なわれ、パワーもアップ(最高出力は12PSから、12.5PSに)しています。

また、フレームも新設計。フレーム単体での軽量化を果たしたことで、軽快なハンドリングや取り回しの良さを高めています。

ホイールも新たなものになり、タイヤサイズも変更。従来のフロント100/80-14・リア120/70-14から、フロント110/70-14・リア130/70-13に。

リアタイヤが14インチから13インチにサイズを下げつつ、横幅の広いワイドなものを装着することで、リニアなハンドリング性能と快適な乗り心地を追求しています。

そして、ブレーキの刷新も大きなポイント。これまでリアブレーキはドラムブレーキでしたが、ついにディスクブレーキを搭載。さらにフロントにABSが新採用されました。

しかし、一番の驚きは、「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」の採用かもしれません。

大型スポーツモデルやアドベンチャーモデルに備わる、いわゆるトラクションコントロールが原付二種のPCXに搭載されたのです!

その仕組みと効果は、前後輪の車輪速センサーとスロットルポジションセンサーからの信号をもとに、燃料噴射量制御を行うことでエンジントルクを制御し後輪のスリップを抑制するというもの。

トルクコントロールは、オン・オフの切り替えが可能。メーターの「T」のマークがオンを示しています。

雨の日の通勤通学などで、その安心感は絶大なものでしょう。初代発売から約11年、ずっとクラスをリードし続けてきた『PCX』が、またしてもはるかな高みへと駆けあがった印象です。

さらに使い勝手という点では、シート下のラゲッジボックスの容量が28Lから30Lにアップ。USBソケットはフロントインナーボックス内に標準装備されました。

ちなみにこのUSBソケットは、USB Type-Cを採用。ホンダは2021年モデルでさまざまな機種にUSB Type-Cの電源を装備しています。新たなスタンダードとなりそうですね。

そして、ご覧になって分かる通り、新型『PCX』はスタイリング面でも大きく生まれ変わっています。

その詳細は続編で。さらにかっこよくなった『PCX』の魅力をお伝えします。

【文:西野鉄兵(外部ライター)】

NEXT▶▶▶これぞ洗練! PCXのスタイリングをチェック!

原付二種ならリーズナブル! レンタルバイクで『PCX』に乗ってみる?

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの大きな魅力

  2. スタイルも、走りも、乗りやすさも! レブル1100はすべてを満たすパフォーマンス・クルーザー!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda Rebel 1100<DCT>】

  3. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

  4. ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 前編】

  5. 吹け上がりが軽い!? 新型『X-ADV』はホンダらしいスポーツバイクに!【ホンダの道は一日にして成らず 第10回/Honda X-ADV(2021)中編】

  6. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に到達した。【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 中編】

  7. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化したバイクは珍しい【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 後編】

  8. レンタルバイクを利用して「Rebel1100」ツーリングインプレッション。等身大で気軽に楽しめる新しい大型クルーザーのカタチ。

  9. 400ccクラスの味わい系バイク『GB350 / GB350 S』の価格と発売日が決定です!【ホンダ2021新車ニュース/Honda GB350 ・GB350 S 編】

ホンダのレンタルバイク
  1. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  2. エンジンオイルの種類や規格から、性能の違いを知ってみよう!

  3. 2021ライディングギア秋冬コレクション登場!寒い季節にぴったりの…

  4. スーパーカブ C100 『メモリアルサービスアーカイブスC100編』

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「スタート篇」…

  1. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  2. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  3. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  4. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  5. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

バイクレンタル会員登録