検索

EICMA2022ニューモデル速報 CL500【Hondaの新たな提案 大型ミドルクラス スクランブラーモデル】

ネオクラシック系ミドルクラス・スクランブラー CL500 EICMA2022で発表

本日イタリア・ミラノで行われているバイクの祭典、EICMA2022にて発表されたCLシリーズ。大型バイクの「スクランブラー」モデルが誕生しました。

そのモデル名は「CL500」

「CL500」は個性的なスタイリングを持ったスクランブラーモデルです。「CL500」は、様々なライフスタイルに自然に溶け込み、毎日の通勤から週末のロングライド、さらにはフラットなオフロード走行まで自由に駆け抜けることでしょう。

※本記事は、EICMA2022で発表されたモデル情報を元に構成しております。
※記事内の画像は全て海外仕様車(試作車)です。市販される量産車とは仕様が異なる場合がございます。写真は海外で撮影したものです。

走行性能

ベースとなったレブル500と同じ水冷4ストロークDOHC4バルブ2気筒エンジンを搭載。低回転域からトルクフルに高回転域までストレス無く伸びていきます。日常走行でのスロットルを開ける楽しさと低回転域での粘り強さを重視しながらも、力強く加速したい時には気持ち良く吹け上がるエンジンフィールに仕上げられています。

エンジン

「CL500」の心臓部には、ヨーロッパで人気の「CMX500 Rebel(日本名レブル500)」に搭載されている471ccパラレルツイン・エンジンを搭載し、34.3kWの出力と43.4Nmのトルクを発生します。「CL500」専用のECU設定や、ショートに設定した最終ギア比で、シャープでレスポンスの高い加速を実現します。

フレーム

フレームはCLシリーズの力強いスタイリングを表現する為に、シンプルなパイプワークで構成されています。またフレーム全体の剛性/重量バランスを最適化し、高い走行安定性に貢献しています。

サスペンション

41mmフロントテレスコピックフォークはストロークには余裕をもたせ、リアにはプリロード調整可能なサスペンションを採用。

ホイール・タイヤ

フロント19インチ、リア17インチキャストホイールにタフなイメージのセミブロックパターンタイヤを採用。オンロードはもちろん、フラットダートなどの未舗装路にも対応できる懐の深さを持ち合わせています。

マフラー

ツインエンジンらしさ溢れる心地よいサウンドと、スクランブラースタイルにマッチするエンジンのメカニカル音が、CLのキャラクターをより強く表現します。最適にセッティングされたマフラー内部の構造により、環境に配慮しながらも高い性能を産み出しています。

デザイン

フューエルタンク

フレーム形状に合わせて美しくデザインされた独特の形状。ニーグリップしやすいようボリューム感を持たせています。

ハンドルバー

スクランブラーハンドル

アップライトなライディングポジションとなるハンドルバー。

アップタイプのマフラー

スクランブラースタイルの象徴とも言えるアップタイプ。タンデム乗車時を考慮した大きなヒートガードもデザインのワンポイントとして目を引きます。

シート

フラットな形状のダブルシートを採用。シート表皮はビンテージ感を演出するタックロールタイプとなっております。

主要装備

細かな仕様は未発表となっていますが、現在判明している内容だけお伝えします。

フルLED

ヘッドライトをはじめ、各灯火類は全てLED化。視認性および被視認性の確保と省電力化に役立っています。

薄型楕円形状のユニットにLEDを採用したテールランプ。優れた視認性を確保しながら迫力あるリアビューを演出。LEDの特長を活かしたコンパクトでスタイリッシュな造形となっています。

メーター

白色のバックライトを採用したの小型反転液晶(黒画面に白文字表示)メーター。ギアポジションインジケーターや燃費表示、左右独立点滅式のウインカーインジケーターを備え、走行中の情報をわかりやすく表示します。

タンクパッド

タンク両サイドにはスクランブラースタイル定番のタンクパッドが付いて、ノスタルジックな雰囲気を演出。

その他

飛び石等によるインナーチューブの傷付きや、ダストによるシールラバーのダメージを抑制するフロントフォークチューブは実用性だけでなく、タフなイメージを演出するドレスアップ効果も高いパーツ。

スペック

詳細な情報は未発表となっておりますが、参考までに同エンジンを搭載した「レブル500」のスペックを抜粋して記載します。

エンジン種類:水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒
総排気量:471cc
内径×行程:67.0mm × 66.8mm
最高出力:34kW[46PS]/ 8500rpm
最大トルク:43N・m[4.4kgf・m]/ 6500rpm
※上記スペックは「レブル500」のもので、「CL500」のスペックとは異なります

国内モデルのカラーリングはグリントウェーブブルーメタリックとマットアーマードグリーンメタリックの2色が登場予定。

カジュアルなブルーとミリタリーっぽさがワイルドなグリーン、どちらのカラーもCLの個性をより一層引き立てます。

発売日・価格など

現時点では価格や発売日などの詳細は未定となっていますが、近いうちに国内での販売が予定されています。

また、発売に合わせて積載性を高めるボックスや、スタイリングアップのドレスアップパーツなど、Honda純正アクセサリーも豊富に用意される予定。

純正アクセサリー装着車イメージ

レブル500と同じエンジンを搭載し、フレームも一部は共通としている「CL500」ですが、そのキャラクターにははっきりと違いがあり、レブルに負けず劣らず楽しいバイクであることは間違いありません。「CL500」はスクランブラーとしてのスタイリングだけでなく、その走りでも我々ライダーを虜にしてくれるのではないでしょうか?本当に発売が待ち遠しいですね。

※本記事は、EICMA2022で発表されたモデル情報を元に構成しております。
※記事内の画像は全て海外仕様車(試作車)です。市販される量産車とは仕様が異なる場合がございます。写真は海外で撮影したものです。

お客様からのお問い合わせは、「お客様相談センター 0120-086819」へお願い致します 

関連記事