検索

バイク用『プロテクター』はつけないとダメ? 安全対策の装備っていうのはわかるけど…… 【バイクライフ・ステップアップ講座/プロテクター 編】【Safety】

バイクに乗る時のプロテクターは、単なる安全装備じゃなく、それ以外にも『つける理由』があることを知ってる?

バイク用プロテクターは『安全のため』につけるものだけど……

バイクに乗る時は『100%必ずプロテクターをつける人』って、どれくらいいるんでしょうか?

もちろん安全面で言えば常にプロテクター装着が望ましいことは誰もがわかってると思います。だけど、これを書いている私(北岡)だって自宅にあるジャイロキャノピーで近所のコンビニやスーパーへ買い物に行く時まで、ガチガチにプロテクターをつけたりはしません。ちょっとした街乗りにおいては『気軽さ』だってバイクのメリットですから。

けれど、ツーリングやワインディングを走る時など、ある程度まとまった距離を走る時は必ずプロテクターをつけます。

だけどそういう時も、自分の感覚としては『安全のためにプロテクターをつけてる』っていう意識がほとんど無いんです……

プロテクターをつけているほうが運転に自信が持てる

じゃあ何故、プロテクターをつけるのかというと、答えは安心感があるから。これは気分的な問題でもあるんですが、プロテクターをつけていると『護られている』っていう感覚があるので、運転に自信が持てるんです。

正直に言うと私は、それほどバイクの運転に自信があるタイプじゃありません。なのでプロテクターをつけていたほうが気持ち的に安心感があって、バイクに乗っている時間を思いっきり楽しめる。それがプロテクターをつけている最大の理由で、それでいて安全性も高まるなら一石二鳥、といった感覚です。

とはいえ、バイクに乗る時にいちいちプロテクターをつけたり外したり、というのも正直めんどくさい。

なので私の場合はライディングジャケットにプロテクターがきちんと装備(内蔵)されているものを選びます。そうすれば『ジャケットを着る=プロテクター装備』ということになりますから、ほとんど手間を感じることもありません。

ただ、そこで気を付けていることが一個だけあります。それというのは……

なるべく体型にフィットしたサイズを選ぶようにすること、です。その理由は、フィット感が無いと『護られてる感』が薄くなるし、万が一転んでしまった時に、ブカブカのウェアだとプロテクターの位置がズレちゃうことがあるから。

ちなみにここで着ているHonda『プロテクトライディングメッシュパーカー』の場合だと

ご覧の通り、肩・ヒジ・背中にプロテクターが標準装備となっているんですが、これらのプロテクターがその役割を果たすことができるように、ジャストサイズのウェア選びは必須条件だと思っています。

ですから理想は一度、お店で実際に袖を通してみること。もしWEB通販などの場合はサイズガイドをしっかり見るようにしてください。サイズが小さいと窮屈で動きが妨げられるし、オーバーサイズすぎるとプロテクターが意味を成さない場合があるので、ここはこだわるべきポイントとなります。

ちなみにHondaのライディングジャケットの多くは、別売の胸部プロテクターも装着できるモデルがほとんど。そこまで必要なの? と思うかもしれませんが、はっきり言って装着に抵抗感があるのは最初だけです。ぶっちゃけ、すぐに慣れる。

そして胸部プロテクターを含めたフルプロテクション状態の頼もしさを体感すると、プロテクター無しで走る時が逆に怖くなります。感覚的な話ですが、素手でバイクに乗っているような気分になってソワソワするんです。

でもプロテクターをきちんとつけていると、そういった不安要素を感じないばかりか、気持ち的にポジティブに走れる。

バイク用プロテクターっていうのは、それを使ったことがない人からすれば『安全のための装備』にしか見えないと思いますし、なんなら『大げさ』だと感じるかもしれません。

だけどプロテクターを当たり前のようにつけているライダーたちは、みんな知っているんです。バイクで走ることを思いっきり楽しむためには、プロテクターはあったほうが良いっていうことを。

プロテクターは安全装備。それは紛れもない事実です。

だけど実際は『安全のためにつけている』っていうより『バイクが大好きだからつけている』っていうほうが、プロテクター装着派の『本音』だったりするんですよ?

【文/北岡博樹(外部ライター)】