検索

指の力だけでどうして止まる? バイクのブレーキって謎すぎる!【バイクライフ・ステップアップ講座/ ブレーキ編】

バイクの重量は軽量な250ccクラスでも150kgからそれ以上。しかもそれが時速100kmとかで走る訳ですが・・・そんなバイクが、手でレバーを握るだけで止まるのって不思議に思ったことありません?

知っておきたいブレーキのこと

手でブレーキレバーを握るだけで時速100kmで走るバイクでも減速・停止させることができるブレーキですが、これって考えてみるとけっこう不思議じゃないですか?

今回はそんなバイクのブレーキについて、ちょっとフォーカスします。

まず現代の主流になっているのは上の写真の『油圧式ディスクブレーキ』という仕組み。これがどういうものか?というと、やっていることはけっこうシンプルだったりします。

写真の銀色の円盤の部分を『ディスクローター』と言うのですが……

ブレーキパッド

そのディスクローターをブレーキパッドという部品で、強烈なパワーで押さえつけ、その摩擦の抵抗を制動力にしているだけ。

つまりブレーキレバーを握るという操作は、最終的にブレーキパッドがディスクローターを挟む力に変換されている、っていうことになります。

だけど、それだけで重たいバイクが止まるなんて、あまりにも謎ですよね・・・?

 

レバーを握る力は何十倍にも増幅されている

今回はブレーキのメカニズムを知ることが目的ではないので、細かい部分は省いていきますが、まず一般的なブレーキレバーについて。

このレバーを指で握るという操作。
実はこの時点で、レバーの形状によって『テコの原理』が働き、握った力を何倍にも増幅させています。普段、何気なく握っているレバーですが、実はその形状に既に秘密があったんです。

マスターシリンダー

そして、テコの原理によって増幅された力は、写真のマスターシリンダーに伝わり、中に入っているブレーキフルード(ブレーキオイルと言われたりもしますが、成分的にオイルではないためフルード(液体)が正解)を押し出します。

ブレーキキャリパー

押し出されたブレーキフルードは、ブレーキホースを伝って、ブレーキキャリパー内にある(先述の)ブレーキパッドを押し出す。

そして、この「マスターシリンダーがブレーキフルードを押す」→「ブレーキホースを伝ったブレーキフルードがブレーキパッドを押し出す」という一連の流れの中において、中学校の理科で習った『パスカルの原理』を利用し、さらにその力を増幅させているんです。

つまり指でブレーキレバーを握った力は、レバーの『テコの原理』と、油圧を利用した『パスカルの原理』で二段階に増幅。そうすることではじめて、ブレーキパッドがディスクローターを強烈に押さえつける力を発生させている訳なんです。

厳密に言えば、この『力の増幅』はブレーキキャリパー内にあるブレーキローターを押さえるためのピストンの数や、ダブルディスク化によって、さらに増幅されますが、基本的にはこの『テコの原理』と『パスカルの原理』が制動力を生み出す基本的な仕組みだと思っておいてください。

 

ブレーキは『消耗する』ということを知っておく

ところで今回、このブレーキの仕組みを『なんとなく』でいいから知っておいて欲しいと思った理由は、それだけ大きな力を生み出すブレーキのシステムだけに「使えば使うほどに消耗する」という認識を持ってほしかったから。

超高速で回転するブレーキローターを押さえつけるブレーキパッドは、当然、どんどん削れて無くなっていきます。そして押さえつけられる側のブレーキローターも同じく、削れて薄くなります。

さらに言うとブレーキフルードも湿気や熱が原因で劣化して、その性能を低下させていくんです。

 

ブレーキはメンテナンス・消耗品交換が何より大事

バイクは走る性能以上に止まる性能が重要です。当たり前の話ですが、どれだけ高性能・高出力なバイクだって、止まること(減速すること)ができなければ、走らせることはできません。

つまり、バイクライフを楽しむには『ブレーキが正常に作動すること』が大前提のひとつなんです。

そのために大事なのは、プロの目で、継続的に状態をチェックすること。
ブレーキシステムは重要保安部品ですので、中途半端な知識で触れることはおすすめできません。

大切なあなたの愛車、最後にブレーキの点検をしたのはいつですか?

パッドやローターだけじゃなく、ブレーキフルードの交換、してますか?

すこしでも不安があるようだったら、早めに愛車を買ったお店などに相談してみてくださいね!

▶ Honda Dream 店舗検索はこちら

 

【文/北岡博樹(外部ライター)】

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら