テントを張ったら明るいうちに「寝具の準備」もしておいた方がいい理由とは?【バイクキャンプ GO!GO!/寝床の確保 編】

「HondaGO BIKE RENTAL」に気軽にキャンプツーリングが楽しめる『キャンプ道具レンタル』!
今回はシュラフやマットなどの「寝具の使い方」について解説します!

テントを建てたら明るいうちに寝具の準備をしておこう!

初めてのキャンプツーリングで一番時間がかかると思われるのが、おそらくテントの設営でしょう。

テントが建てられたら一安心…と思いたいところですが、「シュラフ」や「マット」などの『寝具の用意』も、陽のある明るいうちに準備しておきたいところです。

キャンプに慣れてきたら暗くなってから寝具の用意しても特に問題はないのですが、HondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」でセット一式を借りるとき、多くの場合は初めての寝具で眠ることになるかと思います。

初めてのキャンプの失敗談として「快適に眠れなかった…」ということが一番多いのですが、これはほとんどの場合、その「環境に合った寝具の使い方」ができていなかったことが原因。

日中は暖かくても、キャンプの夜は気温が大きく変わることも多く、寝ていると暑すぎたり寒すぎたり、地面からの凹凸や底冷えなどから「睡眠を妨げる要因」を作っているケースが多いんです。

明るいうちに『寝る準備』をしておけば、初めて使う「シュラフ」や「マット」などの広げた大きさや使用感を確かめられますし、テント内の居住スペースを確保しておけるので、暗くなってからアタフタしなくてもすみます。

さらには収納袋などの付属品を無くす心配も防げますので、テントを建てたら寝具の準備も一緒にやっておきましょう。

HondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」では、信頼性の高い「モンベル」社の「シュラフ」と「マット」さらには「インナーシュラフ」まで、快適に眠ることができる『3つの寝具』が用意されています。

いずれのアイテムも基本的には「広げるだけ」なので、初めてでも誰でも簡単に寝具の準備ができるようになっています。

それでは、「シュラフ」「マット」「インナーシュラフ」のそれぞれの使い方を見ていきましょう。

【マットの準備】

まず初めに、マットを広げてみましょう。

マットは広げるだけで素早く設置&簡単撤収が可能なモンベル製の軽量マット「フォームパッド 180」が用意されています。

広げた長さは180cmあるので、身長が大きな方でも安心して使用できるサイズになっています。

ご覧のように交互に折りたたまれているだけなので、広げるのも畳むのも超カンタン!

耐久性・断熱性に優れたポリエチレンフォームを使用しているので、空気を注入する必要がなく、凹凸の付いたモンベル独自のポリエチレンフォームを使用しているので、耐久性や断熱性にも優れています。

マットの種類によっては上下(裏表)があるものもありますが、このマットはどちらで使用しても大丈夫な素材になっています。

【シュラフの準備】

シュラフはモンベル製の定番アイテムとして人気の「バロウバッグ ♯3」が用意されています。

モンベル独自の化繊素材「エクセロフト」を使用し、保温性や撥水性、速乾性にも優れた春夏秋の3シーズン用シュラフです。

頭までスッポリ入ることができる「マミー型」タイプのシュラフで、寝ている時の体温の熱を逃がさず、サイドジッパーで大きく開閉できるのでシュラフ内に身体が入れやすいも特徴。

シュラフの種類には快適に眠れる「使用温度」というものが表記されていて、この「バロウバッグ ♯3」のメーカー推奨の快適温度は6℃、使用可能温度は1℃になっています。

さらにこのシュラフは、モンベル独自のストレッチ素材「スーパースパイラルストレッチ」が使用されているので、抜群のストレッチ性と隙間のないフィット感を兼ね備えた2つの快適性が備わっています。

一般的なシュラフより伸び縮みするので、就寝中の寝返りや無意識な体の動きを妨げない仕組みになっています。

初めて使用する場合は、シュラフを広げたら一度中に入ってみて、暖かさや伸縮性などを確かめ、寝る時に着る服を選んでおくと良いでしょう。

【インナーシュラフの準備】

そしてHondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」のスゴイところは「インナーシュラフ」までセットになっているところ。

“インナーシュラフ”とは、基本的にシュラフ内に入れて眠る、布団でいうところの「シーツ」にあたる寝具です。

こちらもモンベル製の「キャンプシーツ」が用意されていて、シュラフとサイズ感もぴったりの仕様。

寝袋内の汚れも防げますし、保温効果などもアップします。

寝ている間って結構汗をかいているので、シーツが汚れた場合は気軽に洗えるのもいいですね。

また、真夏のキャンプは夜でもシュラフが不要なくらい暑い日もあるので、そんな時はインナーシュラフだけで眠ることも可能です。

ちなみに、シュラフの収納袋などは脱いだ衣服などを入れると「ピロー(枕)」として使うこともできるのでオススメ!

明るいうちに寝具の準備をして快適なキャンプの夜を!

キャンプ場についたら、明るいうちに「テントの設営」と「寝具の準備」をしておけば、あとは快適にキャンプを楽しむだけ!

HondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」で、快適な夜をお過ごしくださいね。

(ご注意)HondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」は車両レンタルのオプションサービスで、キャンプ用品セットのみのレンタルや、キャンプ用品単体のレンタルはできません。

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

レンタルバイクでキャンプツーリングにチャレンジ!

HondaGO BIKE RENTALのレンタルラインアップはコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. レンタルバイクを利用して「Rebel1100」ツーリングインプレッション。等身大で気軽に楽しめる新しい大型クルーザーのカタチ。

  2. クッション性以外にも2つの役割がある『マット』はキャンプで快適に眠るための必需品!【バイクキャンプ GO!GO!/キャンツー向きのマット選び】

  3. ガスバーナーを購入する前に知っておきたい『アウトドア燃料』の種類と使い方【バイクキャンプ GO!GO!/ガスバーナーの選び方① 前編】

  4. 実はツーリングにもおすすめ! 旅の荷物がスッポリ入る「大容量ラゲッジスペース」でタンデムにも!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda LEAD125(2021)】

  5. 峠もツーリングも街乗りも1台で完璧な大型バイク。新型『X-ADV』の万能さが逆に恐ろしい……【ホンダの道は一日にして成らず 第10回/Honda X-ADV(2021)後編】

  6. 日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 前編】

  7. いよいよ紅葉シーズン到来。心も体も暖まる那須高原ツーリング。

  8. 手軽にツーリング写真を投稿→豪華景品が貰えるかも!? ホンダの写真投稿サイト『ライダーズボイス』って知ってる?

  9. アイテム総数13種類!ホンダの『キャンプ道具レンタル』はテントもシュラフも全部入りの至れり尽くせりフルセット!【バイクキャンプ GO!GO!/キャンプ道具フルセット紹介】

ホンダのレンタルバイク
  1. ホンダライダーが大活躍している【 MFJ全日本ロードレース選手権っ…

  2. 大型プレミアムツアラー『Gold Wing 』シリーズにNEWカラー登場!【…

  3. Gold Wingってどうやって作られてるの?製造現場をお見せしちゃいま…

  4. 衝撃のデビューから30年 ファイヤーブレード最新作「CBR1000RR-R SP…

  5. EIMCA 2021(ミラノショー)が開幕!ニューモデルが登場!!

  1. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  2. 女性に人気にのパワースポット、赤城姫伝説の地「赤城神社」へ。赤…

  3. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  4. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

  5. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

バイクレンタル会員登録