ジェットボイルで簡単キャンプめし!お湯を沸かすだけでできるアウトドアクッキングに挑戦!【バイクキャンプ GO!GO!/ジェットボイルの使い方 編】

「HondaGO BIKE RENTAL」に気軽にキャンプツーリングが楽しめる『キャンプ道具レンタル』!
今回は瞬間でお湯が沸かせて簡単な料理も楽しめる「ジェットボイルの使い方」ついて解説します!

外で食べるアウトドア料理は一度やるとヤミツキに!

テントの設営や寝具の準備などができたら、いよいよ楽しいキャンプの始まりです。

キャンプの楽しさにも色々ありますが、やはり外で食べるアウトドア料理が一番の醍醐味かもしれません。

レンタルできるのはHondaロゴが配された特別なジェットボイルです!

HondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」には、簡単にアウトドア料理を楽しむための「ジェットボイル(フラッシュ)」と「クッカーセット」の2つの調理器具が備わっています。

それでは、それぞれの使い方を見ていきましょう!

【ジェットボイルの使い方】

「ジェットボイル」とはモンベル社が取り扱いを行なっているガスバーナーで、HondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」で借りられるのはホンダの「ウイングマーク付き」特別仕様なんです。

ブラックの本体カバーにレッドのホンダウイングマークがデザインされていて、オシャレ感も抜群!

ジェットボイルの中にはバーナーヘッドやゴトク、カートリッジやスタビライザーなどがオールインワンになっていて、このように収納されています。

ちなみに、しまう時、入れる順番を間違えると上手に収納できないこともあるので、この写真を参考にしてみてくださいね。

まず、バーナーヘッドとカートリッジの取り付けです。

火力調整の時に使う調整ピンを引き出して、調整口が「ー(マイナス)」になっているか確かめます。

「+(プラス)」方向に回ったままガスカートリッジをつけると、いきなりガスが噴き出す恐れがあるので注意してくださいね。

続いて転倒防止用の三角形型のスタビライザーをこのように取り付けます。

ジェットボイルは縦に長く、お湯を注いだ時の重心が高くなるので、転倒防止のために必ず付けるようにしてください。

これがジェットボイルのバーナーヘッドです。

左下の四角い黒ボタンが点火スイッチで、ガスを「+」に開けてボタンを押すだけでライターの様に着火できる仕組み。

続いてクッカーとなるジェットボイル本体を取り付けるため、軽量カップとしても使える底蓋を取り外します。

ジェットボイルの底には蛇腹状になったリングが本体にあらかじめ取り付けられていて、これが燃焼効率を高めるフラックスリング(ヒートエクスチェンジャー:熱交換器)の役目を果たしてくれるのです。

ジェットボイルが一瞬にしてお湯が沸く仕組みがコレなんですね。

バーナーヘッドとジェットボイル本体を組み合わせたら完成です!

一見、難しそうに見えても実はとってもカンタンなんですよ。

500mlの水が100秒程度で沸く「瞬間湯沸かし器」

それでは早速、ジェットボイルでお湯を沸かしてみましょう!

上蓋を取って本体にお湯を入れたら数分待つだけ。

ジェットボイルの種類や環境、お湯の量などにもよりますが、この「フラッシュ」でしたら、500mlの水が100秒程度で沸くんです。

お湯が沸くと水蒸気が上部から沸き出してくるのが、沸騰してくる頃合いの目安。

ジェットボイル(フラッシュ)はお湯が沸くと「コジー」と呼ばれるネオプレンゴム製カバーのマークがオレンジ色に変化します。

焚き火などで、いちから火を起こしてお湯を沸かすとなると、最低でも7〜10分くらいはかかりますが、ジェットボイルなら一瞬です。

今回はお湯を入れて数分蒸らすだけで食べられるフリーズドライ食品の「わかめご飯」を作ってみたいと思います。

アウトドア用品店などでも売っていますので、是非試してみてください。

ジェットボイル本体の「コジー」には取手となるバンドもついているので、沸騰したままの本体を手で持っても熱くありません。

上蓋には注ぎ口が付いているので、フタを取らなくてもそのままお湯が入れられるのが便利です。

付属のスプーンで軽くかき混ぜたら、あとはチャックで密閉して5〜6分程度蒸らすだけで完成です!

この「わかめご飯」はお皿などに移さずにそのまま食べられる製品なので、食器も不要なのが嬉しいところ。

ジェットボイルのセッティングからお湯を沸かして料理が完成するまで10分もかかりませんでした。

これならカンタンですね!

HondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」で、是非みなさんも試してみてくださいね!

(ご注意)HondaGO BIKE RENTALの「キャンプ用品レンタル」は車両レンタルのオプションサービスで、キャンプ用品セットのみのレンタルや、キャンプ用品単体のレンタルはできません。

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

レンタルバイクでキャンプツーリングにチャレンジ!

HondaGO BIKE RENTALのレンタルラインアップはコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 次のツーリングの参考にも使える!ライダーみんなで作るコミュニティ『みんなのスポット』がオモシロいぞ!【HondaGO RIDE アプリ活用術/みんなのスポット 編】

  2. バイク乗りなら『果て』を目指して走りたい!灯台が見える「関東の最果て」へGO!【日本の最果てツーリング/関東 編①】

  3. あか牛とカルデラと伝説のライダーゆかりのツーリングロード、阿蘇熊本ツーリング

  4. 知っておきたい! ガスバーナーの燃料『ガス缶』にはけっこう種類があるんです!【バイクキャンプ GO!GO!/ガスバーナーの選び方① 後編】

  5. mont-bell(モンベル)のテントにHondaのロゴ! ホンダの特別なキャンプグッズがついに販売開始です!

  6. 日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 前編】

  7. クッション性以外にも2つの役割がある『マット』はキャンプで快適に眠るための必需品!【バイクキャンプ GO!GO!/キャンツー向きのマット選び】

  8. 関西ツーリングでおすすめの『足湯』スポット5選! しかも全部無料!【無料の足湯/関西・近畿 編①】

  9. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキャンプツーリングの適性が高すぎる!

ホンダのレンタルバイク
  1. ホンダライダーが大活躍している【 MFJ全日本ロードレース選手権っ…

  2. 大型プレミアムツアラー『Gold Wing 』シリーズにNEWカラー登場!【…

  3. Gold Wingってどうやって作られてるの?製造現場をお見せしちゃいま…

  4. 衝撃のデビューから30年 ファイヤーブレード最新作「CBR1000RR-R SP…

  5. EIMCA 2021(ミラノショー)が開幕!ニューモデルが登場!!

  1. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  2. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  3. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  4. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  5. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

バイクレンタル会員登録