【志賀草津道路周辺のおすすめフォトスポット】CT125・ハンターカブのツーリング写真とともに紹介!(群馬県・長野県)

夏の終わりにCT125・ハンターカブと長野県と群馬県にまたがる国道292号線志賀草津道路を走ってきました。日本有数の絶景ロードの魅力と周辺スポットを紹介します!

万座高原(群馬県嬬恋村)

ツーリングロードとしても名高い「万座ハイウェー」と「国道292号線 志賀草津道路」の間にある万座高原。

温泉が有名で、そのため流れる川も温泉成分が溶け込んでいるのか白濁しています。

写真の場所は、万座温泉観光協会の駐車場。
〒377-1528 群馬県吾妻郡嬬恋村大字干俣2401

 

標高は1800mほど。真夏でもTシャツ1枚では涼しいほど。冬場は雪に覆われます。春や秋に訪れる際は、ウインタージャケットの方が無難ですよ。

渋峠 日本国道最高地点(群馬県中之条町)

全国にある国道。そのなかでもっとも標高の高い地点が、国道292号線 志賀草津道路にあります。

標高は2172m。CT125・ハンターカブで訪れた際は残念ながら霧の中でしたが、志賀草津道路は、全国でも屈指の絶景ワインディングロードです。

長野と群馬の県境を走る尾根伝いの道は、まさしくスカイラインと呼べるもので、パノラマの景色が広がり日本とは思えないようなダイナミックな道ですよ。

別日に撮影した国道292号線 志賀草津道路 山田峠

ちなみにこの山田峠は、分水嶺となっています。ここに落ちた雨水は、北(長野側)へ流れれば日本海へ、南(群馬側)に流れれば太平洋へと、川を伝って長い旅をするのです。

木戸池(長野県山ノ内町)

同じく国道292号 志賀草津道路沿いにあるフォトスポット。渋峠を長野県側にずんずん下っていくと現れる美しい池、それが木戸池です。

ここの何がいいかって、これほどまでに美しいのにバイクをすぐそばに寄せられること!

普通は策があったり遊歩道があって、湖畔までバイクが寄せられない池や湖がほとんど。愛車の写真を美しく撮るのにこれほど好条件なスポットはなかなかありませんよ。

平床大噴泉(長野県山ノ内町)

木戸池からおよそ1km。志賀草津道路沿線にある噴泉です。走っていると、「なんだなんだ?」とつい立ち止まってしまうことでしょう。

四六時中沸き立つ煙に、この地の温泉エネルギーの強さを感じます。ここを源泉とした「ほたる温泉」がすぐそばにあります。

ほたる温泉は、このあたりでゲンジボタルが見られることから、その名がついたそう。

平床大噴泉の周りは駐車場になっていますが、地面が砂利なので、オンロードバイクの場合は注意が必要です。

CT125・ハンターカブは全然問題なし!

カヤの平高原キャンプ場(長野県木島平村)

キャンプ好きの間では有名な絶景キャンプ場。志賀草津道路の木戸池から30kmほど県道を走った先にあります。

キャンプサイトの奥は牧場になっていて、牛たちがのんびりと過ごしています。

それがポイントで、どんなに混んでいても後ろの景色はいつも開放的なんです。牧場内には入れませんからね。

ちなみにキャンプをしなくてもここは道の沿線なので、この景色を眺めることはできます。

キャンプ料金はバイクなら1人1500円。お風呂やシャワーはありませんが、トイレも綺麗で炊事場もあります。

びっくりしたのは、携帯電話の電波が入らなかったこと。キャンプ場とはいえ、いまどき珍しいですよ。ただ、受付のある管理棟ではWi-Fiを飛んでいて無料で利用できます。

 

僕が利用したとき、夜中に牛がテントのすぐ後ろに集まってきました。そんなサプライズも体験できるかもしれません。

渋温泉・湯田中温泉(長野県山ノ内町)

志賀草津道路は東京からも名古屋からも4時間前後かかる長野県北部と群馬県北部の県境付近に位置しています。

仮に東京から日帰りとなると、できないことはありませんが、なかなか大変です。

この地を巡る拠点としては、群馬県側なら先述の万座温泉もいいでしょう。そして長野県側には渋温泉・湯田中温泉があります。

昔ながらの温泉街の趣きをいまに残る、風情あるお土産屋や射的のお店が軒を連ねています。

【文:西野鉄兵(外部ライター)】

ホンダ『CT125・ハンターカブ』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

関連記事

  1. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 前編】

  2. NC750X <DCT>ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/NC750X Dual Clutch Transmission(2020)】

  3. 「ウエストポイント オフロードヴィレッジ」に全日本モトクロス選手権最終戦をレンタルバイクで観に行こう!

  4. 鎌倉・江ノ島ツーリング

    都内から日帰りでリゾート気分。気軽に行ける、鎌倉〜江ノ島、湘南日帰りツーリング。

  5. ありそうでなかった? CBR400Rは走ることの楽しさを『正しく』教えてくれる400ccのバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 中編】

  6. 【期間限定】ホンダのスーパーカブ・『天気の子』Verは50cc(原付一種)と110cc(原付二種)で受注生産のみ!ヘルメットもついてくる♪

  7. 恋人の聖地「恋慕観音像」目指して。深まる紅葉を走る、滋賀「伊吹山ドライブウェイツーリング」

  8. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

  9. 街乗りも最強!?『グロム』がビギナーからベテランまで支持される3つの理由【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 後編】

  1. レンタルバイクにツーリングバッグは必要?日帰りから1泊2日に最適…

  2. 大型バイクの王道! ホンダの新型『CB1300』シリーズはSPもいいけど…

  3. 新型『レブル1100』はライディングポジションが良い感じ! 本命はMT…

  4. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  5. 新車92万4000円~の圧倒的コスパ!? 新型『NC750X』が正式発表され、…

  1. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  2. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  3. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  4. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  5. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…