普段から使えて、泊まりの荷物までしっかり入る『Honda×AVIREX』のコラボバッグが超便利!【レンタルバイクの便利アイテム/リュック 編】

ホンダのライディングギアの中にはジャケットやグローブなど以外にも様々なアイテムがラインアップされています。今回はレンタルバイクでのツーリングに便利な宿泊も想定した40リットルのおすすめリュックをご紹介します!

40リットルあれば「1泊2日の旅」も大丈夫!

みなさんがツーリングへ出かける時、旅の荷物をどうやって持っていくかって結構迷いませんか?

シートバッグを持っていくほどの荷物の量ではないものの、ライディングウェアのポケットには入りきらない…。

そんな時にオススメなのが『Honda×AVIREX』のコラボバッグなんです!

アウトドアで使いやすいサイズ感と簡易防水が嬉しい

【Honda×AVIREX タクティカルデイバッグ】

■Honda×AVIREX タクティカルデイバッグ:ブラック(左)、セージグリーン(右)価格:8,800円(税込)

ミリタリーウェアブランドの「AVIREX(アヴィレックス)」と「Honda」のコラボレーションによるデイバッグ。

全体の収納容量は35〜40リットルも入るので、宿泊を想定したツーリングでも充分使えます。

〔Back Style〕

後ろ側を見ると、胸と腰の位置にベルトループが備わっています。

長時間のツーリングでリュックなどを背負っていると、肩が結構疲れることってありますよね?

でも、このデイバッグは背負いベルトの位置を調整することができ、肩にかかる負荷を均等に振り分けることができるので、疲れを軽減させてくれます。

メインルームにはノートPCを入れられる収納スペースもあり、宿泊先のホテルでパソコン作業もできます。

バッグの外側には「MOLLE(モール)」と呼ばれるベルトが備わっています。

このMOLLEとは「モジュール・ライトウェイト・ロードキャリング・エクイプメント」の略で、軍用のバッグやウェアに取り付けられているベルトシステムのこと。

カラビナなどはもちろん、ベルクロを通すことで別売りのポーチや小さなバッグなどを取り付けてカスタムできる仕組みです。

さすがミリタリー製品を多く取り扱う「AVIREX」のバッグですね。

バッグの収納スペースは2層になっていて、メインルームの他にも外側に小物などが入れられる別ルームがあります。

財布やスマホなどの小物を入れておくのに便利ですね。

背中には長時間背負っていても蒸れにくく、疲れにくいメッシュ素材が使用されています。

ツーリングだけじゃなく普段使いのバッグとしても!

【Honda×AVIREX タクティカルボディバッグ】

■Honda×AVIREX タクティカルボディバッグ:ブラック(左)、セージグリーン(右)価格:8,580円(税込)

こちらも「AVIREX×Honda」のコラボバッグで、ショルダータイプのボディバッグです。

先ほどのディバッグと比べると少し小さく感じますが、収納容量は35〜40リットルも入る見た目以上のサイズ感になっています。

A4サイズのノートパソコンが入るスペースが背面に備わっています。

このバッグにもMOLLEベルトが備わっているので、小さいバッグなどを付けることができます。

レザーで作られた存在感のある「AVIREXロゴ」とホンダのウイングマークも!

メインルームの内部には、小物を整理して入れておけるメッシュポケットが備わっています。

このボディバッグも簡易防水になっているので、急な雨でも安心です。

背負う部分はもちろん、肩のショルダーベルトの裏側もメッシュ素材になっています。

最も疲れないのは『身体には何も身に着けないこと』ですが、レンタルバイクの場合はリュックがやっぱり便利! バイクシーンだけじゃなく、普段から使えるデザインのバッグは、ひとつ持っておくと便利ですよ!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

ホンダライディングギアのお求めはこちら!

ライディングギアは、お近くのHonda二輪⾞正規取扱店でも購入できます。

さらに詳しい情報はこちらのホンダ『2020 A/W Web Catalog』をご覧ください。

また、一部の商品はこちらのオンラインショップからでも購入できます。

ホンダライディングギアでレンタルツーリングを楽しもう!

HondaGO BIKE RENTALのレンタルラインアップはコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 2つの有料オプションでさらに安心!『車両保険』と『安心補償GO』って?【2分でわかるホンダのレンタルバイク保険 後編】

  2. ホンダ愛あふれるライダーへ、そして長年バイクを乗り継いできた人に『VFR800F』をおすすめしたい【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda VFR800F】

  3. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクをやってるの?

  4. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いものって?

  5. 最新モデルをShortプランで試乗 〜 CBR1000RR-R FIREBLADE 編 〜

    最新モデルもじっくりチェック。Shortプランで 「CBR1000RR-R FIREBLADE 」試乗

  6. 余裕の積載力と走行性能でキャンプも楽勝!旅するバイク「CRF1100L Africa Twin」でレンタルバイク富士山ソロキャンプ

  7. あか牛とカルデラと伝説のライダーゆかりのツーリングロード、阿蘇熊本ツーリング

  8. レンタルバイクをはじめるのは『スマホ』や『ネット』で超カンタン! サクッと予約でツーリングへ!【HondaGO BIKE RENTALのはじめかた】

  9. 知ってた? 実はCB1300SFの『SP』ってスタンダードのCB1300SFと同じ料金でレンタルできるんです!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda CB1300 SUPER FOUR SP 】

ホンダのレンタルバイク
  1. 関西エリアをバイクツーリングするならまずはココ!人気の『絶景ロ…

  2. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  3. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  4. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  5. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  1. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

  2. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  3. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  4. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  5. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

バイクレンタル会員登録