検索

スポーツ&ツーリングの万能選手 NT1100 を最強ツアラーに仕上げてみる

1100ccデュアルクラッチトランスミッション(6速オートマチック)エンジンを搭載した「NT1100」は、マニュアルモデルが存在しないAT専用車両として登場。その見た目でわかるようにツーリングを主戦場としたロードモデルで、ETCやグリップヒーターはもちろん、オートクルーズ、オートキャンセルウインカー、USBソケットなどが標準装備された豪華仕様となっています。

ちなみにNTの名がついたバイクは1998年にデビューしたNT650VDeauville(ドゥービル)まで遡りますが、こちらは海外専用モデルとなっており、国内へは並行輸入として一部入ってきたのみです。

2006年発売のNT700VDeauville(海外仕様)

 

1100ccのDCT搭載(オートマチック)車は「CRF1100L Africa Twin(アフリカツイン)」「Rebel(レブル)1100」に次いで3機種目となりますが、その中では「NT1100」が最もツーリングに適した車両だと思います。

アフリカツインの「どこまでも行ってやるぜ感」は数あるホンダ車の中でも最高クラスだと思いますが、オフロード寄りの乗り味は苦手だという方がいらっしゃるかもしれません。

 

また、風を受けて爽快に駆け抜けるレブルの「ハイウェイクルーザー」的な楽しさも格別ですが、長時間のライディングではウインドプロテクション効果が無い(オプションで大型フェアリングはありますが)のが少々辛いところ。

写真は純正アクセサリー装着車

 

しかしながら「NT1100」は、前後17インチタイヤにアップライトなポジション、5段階調整式のスクリーンと優れたフェアリング効果で高速道路をドカーン!と走っても疲れ知らずなバイク。

そんな「NT1100」をもっとイカしたツーリングマシーンにするため、オプションパーツを使って最強に仕上げたいと思います。題して「NT1100・GT(グランツーリスモ)計画

 

NT1100は二輪界のGT(グランツーリスモ) だ

四輪の世界ではよく耳にするGT(グランツーリスモ)とは長距離・長時間のドライブが快適な車という意味合いです。これをモーターサイクルに当てはめるとすれば、高速巡航ができるオンロードメインの大型(大排気量)ツーリングバイクといった感じでしょう。

「NT1100」はそのまま乗っても十分に快適なツーリングバイクだと思いますが、今回は少し装備をプラスすることで、より快適な「GT」化を目指してみたいと思います。

まずは定番のリアボックス

リアボックス(ハードケース)のメリットは主にこの3つ
・防水性の高さ(完全防水ではありません)
・セキュリティ面(鍵付きで盗難されにくい)
・積載能力UP

NT1100標準装備のリアキャリアはトップボックスがそのまま装着できる形状となっており、ステー等を別途購入する必要がありません。(パニアケースはステーの購入が必要)また、今回紹介する純正ボックス(ケース)は、車体のメインキーで開閉が可能になるワン・キー・システムタイプが採用されているため、出かける際はメインキー1本でOK。

メーカー純正ならではな良いことがいっぱいです。リアボックスを選ぶならまずは純正アクセサリーを検討してみてはいかがでしょうか。

 

トップボックス38L ワン・キー・システムタイプ 

装着イメージCG

スクエア形状+トップにアルミパネル装備でタフなイメージを演出する便利なハードケース。日帰りから一泊ツーリング程度ならこの大きさでも十分な役割を果たします。日常使いがメインのライダーならベストチョイスではないでしょうか。

specification
サイズ:長さ 約395×幅 約450×高さ 約320mm
容量:約38L
許容積載重量:3.0㎏
材質:ポリプロピレン樹脂+アルミ(パネル)
カラー:ブラック
メーカー希望小売価格 35,200円(税込)

別途必要パーツ:トップボックスロック(8,800円)、ワン・キー・インナーロックシリンダー(2,090円)、ワン・キー・インナーロックボディ(1,210円)
装着に必要な費用(工賃別)47,300円(税込)

 

トップボックス 50L ワン・キー・システムタイプ

装着イメージCG

フルフェイスヘルメットを2個収納可能な樹脂製の大容量トップボックス。ロングツーリングやキャンプツーリングを楽しみたいならなるべく大きなものを選びたいですね。別売のアルミトップボックスパネルを装着すれば高級感が増します。

アルミトップボックスパネル メーカー希望小売価格 11,000円(税込)

 

specification
サイズ:長さ 約470×幅 約600×高さ 約340mm
容量:約50L
許容積載重量:6.0㎏
カラー:ブラック
メーカー希望小売価格 60,500円(税込)

別途必要パーツ:バックレスト(9,900円)、ワン・キー・インナーロックシリンダー(2,090円)
装着に必要な費用(工賃別)72,490円(税込)

 

パニアケース(左右セット) ワン・キー・システムタイプ

装着イメージCG

収納力アップと積載の利便性向上は当然ですが、ツーリングバイクにとってパニアケースは無くてはならないお約束のような存在。パニアケースと車体との統一感が素晴らしく、本当は標準装備品だったのでは?と思えるほどのナチュラルさを感じます。

別売のアルミパニアケースパネルを装着すれば、質感がさらにグレードアップ!

アルミパニアケースパネル メーカー希望小売価格 17,600円(税込)

 

specification
サイズ:長さ 約430×幅 約260×高さ 約460mm(左右共通)
容量:右 約50L 左 約33L
許容積載重量:6.0㎏(左右共通)
材質:樹脂
カラー:ブラック
メーカー希望小売価格 60,500円(税込)

別途必要パーツ:パニア サポートステイ(25,300円)、ワン・キー・インナーロックシリンダー×2個(2,090円×2)
装着に必要な費用(工賃別)166,980円(税込)

最強の「GT」マシンを目指すなら、パニアケース+トップボックス50Lのトリプルボックス仕様(トータル115L)に、アルミパネルを装備して車体との統一感を高めたいですね。

トップボックス50L(アルミトップケースパネル装着)+パニアケース(アルミパニアケースパネル装着)

グッと「GT」感が増しました。

 

続いて快適さを向上させるパーツ

積載量が増えて旅がスマートにこなせるようになったなら、次は乗り心地をより上質に。長距離を快適に走るのなら疲れにくさを手に入れたいところ。

座り心地がワンランクアップ

 

コンフォートシート

足つき性を変えることなくシート全体をボリュームアップ。 ソフトタッチ表皮と独自の複層クッション採用によって体重をシート全体に分散させてソフトなフィーリングと操縦性を両立させた上級シート。
コンフォート(快適さ、安心感の意)の名に恥じないアイテムです。

specification
材質:PVCレザー
カラー:ブラック+レッドステッチ
メーカー希望小売価格 24,200円(税込)

 

パッセンジャーも快適に

 

コンフォートピリオンシート

NT1100ロゴ入り

タンデムツーリングをするなら後部座席も一緒にコンフォート化。標準品と比べ、ウレタンの厚みをUPすることで安心感の高い乗り心地を実現しました。赤いステッチも高級感があって良いですね。

specification
材質:PVCレザー
カラー:ブラック+レッドステッチ
メーカー希望小売価格 18,700円(税込)

 

コンフォートバックレスト(トップボックス50L用)

HONDAロゴ入り

コンフォートシートのデザインに合わせた、トップボックス50L用バックレスト。厚みのあるクッションによって長時間走行の快適性を向上させます。快適すぎてタンデム中に昼寝しないか心配になるかも。

specification
材質:PVCレザー
カラー:ブラック+レッドステッチ
メーカー希望小売価格 14,300円(税込)

 

バックレスト(トップボックス38L用)

装着イメージCG 色で囲った部分が商品です

ボックスを装着したらパッセンジャーの背もたれとして機能させた方が便利。ソロツーリングしかしないのであればもちろん不要。

specification
材質:ラバー
カラー:ブラック
メーカー希望小売価格 14,300円(税込)

 

「GT」の名に恥じない快適さを求めるならシート関係は全てコンフォートでまとめたいですね。運転者はもちろん、タンデムツーリングするならパッセンジャーの乗り心地も重要視すべきでしょう。

コンフォートシート前後&コンフォートバックレスト装着イメージCG

 

走行をサポートするパーツ

ツーリングは日中だけでなく、夜間に及ぶこともあります。

「NT1100」は視認性・被視認性ともに優れたLEDタイプのヘッドライトが採用されており、夜道でも路面を明るく照らしてくれますが、雨天や濃霧などの悪天候時においてはさらに非視認性を高めたいところ。

フォグライト

左右セット

低消費電力ながら強力な明るさで、悪天候時に高い視認性を持つLEDタイプのライト。

specification
消費電力:6W×2
カラー:ブラック(ボディ)
メーカー希望小売価格 55,000円(税込)

別途必要パーツ:フォグライト取付アタッチメント (44,000円)
装着に必要な費用(工賃別)99,000円(税込)

 

もっと豪華に、もっと便利に

 

タンクバッグ4.5L

さっと取り付け、さっと外せる、ワンタッチバックルとマグネットを併用した取付けの防水仕様タンクバッグ。地図などの収納に便利なクリアポケット付き。頻繁に出し入れば必要な小物などはこのに収納するのが便利でしょう。

specification
容量:4.5L
許容積載重量:1.5kg
材質:ターポリン、PVC
カラー:ブラック
メーカー希望小売価格 20,900円(税込)

 

アルミパーキングレバー&アルミパーキングレバーカバー

アルミパーキングレバー(丸囲み1番)アルミパーキングレバーカバー(丸囲み2番)

アルミの削り出しで外観をスタイリッシュにしたパーキングレバーとパーキングレバーカバーです。 黒色アルマイト仕上げにより質感を大幅に向上。

specification
材質:アルミニウム
カラー:ブラックアルマイト
メーカー希望小売価格 レバー 9,900円(税込) レバーカバー 7,150円(税込)

 

アラーム

盗難対策の必須アイテム。車体の揺れや移動をアラーム音で警告してくれます。NT1100のメーター内にアラーム動作中を示すインジケーターを内臓しており、視覚的にも盗難抑止効果を発揮します。

specification
メーカー希望小売価格 6,578円(税込)

別途必要パーツ:アラーム取付アタッチメント (7,480円)
装着に必要な費用(工賃別)14,058円(税込)

 

オプションパーツ盛り盛りで祝・GT化

トップボックス、パニアケース、コンフォートシート前後&バックレスト、フォグライト、アルミレバー&カバー、タンクバッグ、そしてアラームと、純正アクセサリーをフル装備すると、ご覧の通りの完成度。

車体色:パールグレアホワイト

これなら日本全国、高速道路を使ったツーリングを快適にこなせそうです。まさに「GT」の風格を感じるパッケージになったと思いませんか?
アスファルトをどこまでも快適に駆け抜けたいという衝動に駆られたのなら、「NT1100」は良い選択になるでしょう。
これにて「NT1100・GT(グランツーリスモ)計画」完遂!です。皆さんも「GT」化、してみませんか?

車種別アクセサリー・カスタマイズパーツを探すなら「HondaGO BIKE GEAR」

購入を検討している方はぜひこちらのページで「NT1100」の魅力を発見してください

NT1100に合わせて着用したい「ライディングギア」

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら