検索

東京モーターサイクルショー開幕!『HondaGO』新たな取り組みを発表!

東京モーターサイクルショーが大阪モーターサイクルショーに続いて、3月25日(金)からスタート。
初日の特別公開には関係者向けのプレスカンファレンスが行われ、(株)ホンダモーターサイクルジャパン(以下、HMJ)代表取締役社長の室岡 克博氏が登壇。Hondaブースの紹介を行うとともに、国内二輪市場の活性化に向けたメッセージを発信した。

 

ブーステーマは「HondaGOで広がるバイクライフ」

大阪モーターサイクルショーで世界初公開した、大型ロードスポーツモデル「HAWK 11(ホークイレブン)」と、新型レジャーバイク「ダックス125」を含む合計37台の二輪車を出展するHondaブース。

展示するモデルは、若年層を中心に圧倒的な人気を得ているレブル250やCBR250RRをはじめ、幅広い層から支持を受けるGB350シリーズやレブル1100。また大型FUNモデルや人気の原付2種コミューターも展示し、Honda製品のラインアップの幅広さをアピールした。

室岡社長は、「実車展示とあわせ、各カテゴリーの世界観に応じた、ライディングギアのトータルコーディネートをタワーディスプレイで展示することで、バイクライフをおしゃれに演出するHondaのライディングギアも楽しんでいただければ幸いです」と語った。

「HondaGO」各種サービスで国内二輪市場活性化

また、多くの皆さんにご利用いただいているスマートフォンアプリ「HondaGO RIDE」や、バイクレンタルサービス「HondaGO BIKE ENTAL」についても触れ、これらの施策で若年層を中心とした多くのユーザーにとって二輪車がより身近な存在になるよう努力していきたいと語った。
現在、「HondaGO RIDE」のダウンロード数は約10万件にのぼり、「HondaGO BIKE RENTAL」の加盟店は272店を数えるなど、順調に推移しているという。

今回のHondaブースには、「HondaGO RIDE」を活用したチェックインポイントやノベルティー入りのカプセルトイが楽しめる機器も設置された。
注)チェックイン、カプセルトイは、HondaGO RIDE会員限定。アプリのダウンロードと会員登録が必要です。HondaGO RIDE

この他、ホンダオリジナルのライディングウエアや純正アクセサリー、カスタマイズパーツを紹介する「HondaGO BIKE GEAR」をスタート。HondaGO BIKE GEARはオンラインショップ機能を備えており、ライディングギアやヘルメットが購入できる。Hondaブースに展示されているモーターサイクルショー限定オリジナルアイテムも販売されているので併せてチェックしたい。

 

またHondaGOの新たな取り組みとして、「HondaGOクラブ」の立ち上げを発表。
この「HondaGOクラブ」は、特に若い方向けに安全運転啓蒙を行い、お客様のバイクに乗ることの不安を払拭し、末永くバイクに乗っていただけようにプログラムを展開。アンバサダーに昨年 全日本モトクロス IA1クラスでチャンピオンを獲得した山本 鯨氏を起用し、ライダーの仲間づくりの場になればとの思いを込めている。

 

今回のHondaブースはオンラインも充実

Honadは、新しい生活様式に即したモーターサイクルショーのあり方として、様々な事情により来場できないお客様も楽しめるよう、オンライン上の特設サイト「Hondaモーターサイクルショー2022」を開設。特設サイト内に「バーチャル展示場」を設け、モーターサイクルショー出展モデルのより詳細な情報を画像や動画などで紹介している。

Hondaモーターサイクルショー2022

また「バーチャル展示場」の他にも、動画クリエイターとのコラボレーションによるブース紹介動画がアップされているので、あたかもHondaブースを訪れたような気分が味わえるようになっている。

ワールドプレミア出品の「ダックス125」と「HAWK 11」

スピーチの最後には、先週開催された大阪モーターサイクルショーでワールドプレミアとして出品した「ダックス125」と「HAWK 11」にも触れ、ダックス125はコンセプトを「ファミリー&レジャースニーカー」とし、まるでスニーカーのように気軽に、あるときは家族やお子様を乗せて、楽しい休日を過ごしていただきたいという思いで開発。「HAWK 11」は、日本専用モデルとして「スペックのみにとらわれないモーターサイクルとしての味わい深さを表現したモデル」と紹介した。

ダックス125 と HAWK 11はワールドプレミアでありながら、Hondaブースでは跨ることもできるので、来場した方は見逃さずに体験してほしい。

東京モーターサイクルショー Hondaプレスカンファレンス

[東京モーターサイクルショー開催概要]

開催期間:2022325日(金)・26日(土)・27日(日) 3日間
開催時間:325日(金)13:0018:00一般公開
     326日(土)10:0018:00一般公開
     327日(日)10:0017:00一般公開
開催場所:東京ビッグサイト 西1~4ホール+アトリウム+西屋上展示場

【文:谷田貝 洋暁(外部ライター)】

2022年 モーターサイクルショー、関連記事もご覧ください!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事