検索

400Xで本格アドベンチャー!純正アクセサリーで理想のツーリングスタイルに

普通二輪免許ユーザーに人気のクロスオーバーモデル「400X」。

“クロスオーバー”は直訳すると“交差”となり、大筋ではオンロード×オフロードを意味します。
オンロードモデルの運動性能と長距離ツーリングでの快適性に、冒険心を高めるスタイリングを融合した、という感じです。

そんな訳でツーリングライダーからの支持が厚い「400X」。

左:マットバリスティックブラックメタリック 右:パールグレアホワイト

「400X」の製品情報はこちら

ノーマルでもカッコよくて快適ですが、アクセサリーやパーツをちょい足しするともっとツーリングが快適になります。

そこで、ワタシが「400Xでツーリングするならこうするぞ!」と思う必需品の数々をご紹介。
400Xで旅を楽しむライダーさん、必見です。

 

ホンダ純正アクセサリーでビシッと!

純正アクセサリーの良さは、車体との一体感や純正パーツならではの安心感。

400Xを自分好みにするなら一度は目を通して欲しいパーツ、順にご紹介していきましょう。

収納編〜これがなきゃ始まらない〜

ツーリングライダーならみんな欲しがる樹脂製のハードケース。
400Xでもトップとサイドの2種類が用意されています。

トップボックス35L

400Xのメインキーでボックスの開閉ができる「Hondaワン・キー・システム」対応。
メインキーとリアボックスの鍵が共用できるのは世界広しと言えども純正アクセサリーのみ。
フルフェイスヘルメットの収納が可能です。(ヘルメットの形状によっては不可の場合アリ)

〜 予算 ~
本体20,900円+ワン・キー・インナーロックシリンダー2,090円+ワン・キー・インナーロックボディ1,210円+リアキャリアベース4,400円+リアキャリア19,800円で、パーツ代合計 48,400円(消費税10%込み)です。※工賃含まず

容量は35L 積載は3kgまで ※完全防水ではありません

トップボックス 35L:ワン・キー・システムタイプ|商品ページはこちら

トップボックスインナーバッグ

あると便利なトップボックスの形状にピッタリサイズの持ち運び用インナーバッグ。
バイクを降りたらヘルメットをボックスに入れて、このバッグは持ち運びに使うとスマート。

〜 予算 ~
本体 9,900円(消費税10%込み)です※工賃含まず

トップボックスインナーバッグ|商品ページはこちら

 

パニアケース

ツーリングバイクの必需品。
ソフトタイプの振り分けバッグも良いですが、悪天候にめっぽう強いのはやっぱりハードケース。
万が一転倒した時でも中身をしっかり守ってくれますし、鍵が付いているので防犯の面でも頼りになりますね。(貴重品入れっぱなしはNG)

〜 予算 ~
本体38,500円+パニアケース用キーセット5,280円+パニアケースステイ69,850円で、パーツ代合計 113,630円(消費税10%込み)です。※工賃含まず

容量は片側約24L 積載は片側4kgまで ※完全防水ではありません

パニアケース|商品ページはこちら

「よーし、それじゃあトリプルボックスで冒険だ!」←ちょっと待った!

400Xはトップケースとパニアケースの同時装着ができません。
最大の積載を求めるならパニアケース+リアシートバッグの組み合わせがオススメです。

 

リアシートバッグ

通常時15L→最大22Lまで拡張できる、Hondaロゴ入りバッグ。
バッグ外側の左右に付いているポケットも便利です。防水バッグではないので雨が降ったら付属のレインカバーで対応しましょう。ちなみに、車体に装着するためのベルト類は別売りです。

〜 予算 ~
本体 17,050円+リアシートバッグ取付アタッチメント1,650円で、ーツ代合計 18,700円(消費税10%込み)です。※工賃含まず

サイズ:縦365×横380×高さ243(mm)

リアシートバッグ|商品ページはこちら

 

旅心をさらにくすぐるHEAVY DUTYなパーツ

より安全・快適に旅を楽しむため、走りをサポートしてくれるパーツも豊富に揃っています。

フロントサイドパイプ

よりワイルドに、よりマッチョに変身する人気パーツ。
まさかの事態(転倒…)にボディへのダメージを軽減してくれます。

〜予算~
本体 31,900円(消費税10%込み)※工賃含まず

フロントサイドパイプ|商品ページはこちら

 

LEDフォグランプ

取り付けには先に紹介したフロントサイドパイプが必須。
夜道のコーナリングの手助けになるだけでなく、アドベンチャー感マシマシの見た目になります。LEDは消費電力が少なくてバッテリーにも優しく、何より明るい。

〜 予算 ~
本体40,700円+フロントサイドパイプ31,900円+フォグランプ取付アタッチメント19,800円で、パーツ代合計92,400円(消費税10%込み)です。※工賃含まず

片側11w×2個セット

LEDフォグランプ|商品ページはこちら

 

ナックルガード

本来はオフロード走行時の飛び石や林道の小枝などから手を護るためのパーツですが、最近では防風・防寒で使われることが増えています。
アドベンチャー系のバイクでは装着率が高い人気パーツ。一気にオフロードバイクっぽくなりますね。

〜 予算 ~
本体 14,300円(消費税10%込み)※工賃含まず

左右セット

ナックルガード(左右セット)|商品ページはこちら

 

ディフレクター

聞き慣れないパーツかもしれませんが、脚部への風の巻き込みを減らす機能性パーツ。
風の流れを整えて、風圧による疲れ軽減に役立ちます。
ボディとの一体感あるデザインはさすが純正品クオリティ。

〜予算~
本体9,900円(消費税10%込)※工賃含まず

左右セット

ディフレクター(左右セット)|商品ページはこちら

 

電装パーツ

最近はドレスアップより実用性を重視した電装系パーツを装着するライダーが増えています。
ここからは本当にマストアイテムと言える(あくまで個人の意見)ものが登場。

Honda二輪ETC2.0車載器キット

もはや説明不要、ツーリングライダーの必需品。
取付アタッチメントはキットに含まれていますからステーなど別途購入の必要なし!
スッキリ装着できるアンテナ別体タイプです。

〜 予算 ~
本体46,640円+サブハーネス2,420円で、合計49,060円(消費税10%込み)です。※工賃・セットアップ費用含まず
注)Honda二輪車ETC車載器セットアップ店のみでの取り扱いとなります。

利用するにはセットアップ・ETCカードなどが必要です。

Honda二輪ETC2.0車載器キット:アンテナ別体タイプ|商品ページはこちら

 

スポーツ・グリップヒーター

ノーマルのグリップ径と同等レベルのサイズで「グリップヒーターついてます!」感が無いのがすごい。
取り付けにはアタッチメントとグリップ取り付け用のボンドが必要です。

〜 予算 ~
本体 23,100円+スポーツ・グリップヒーター取付アタッチメント 4,070円で、パーツ代合計 27,170円(消費税10%込み) ※工賃含まず

3段階の温度調節機能付き

スポーツ・グリップヒーター|商品ページはこちら

 

アクセサリーソケット

こちらも定番アイテム。いわゆるシガーソケットです。

〜予算~
本体 3,960円(消費税10%込み)※工賃含まず

定格36W(12V3A)まで使用可能

アクセサリーソケット|商品ページはこちら

 

最後にもう一つ

メインスタンド

車両メンテナンスや、車両保管時にあると便利。
昔は標準装備に近いパーツでしたが、最近はオプション品になっていますので、自分でメンテナンスを行うライダーさんには必須ですね。

〜 予算 ~
本体 19,800円(消費税10%込み)※工賃含まず

スチール製 カラー:ブラック

メインスタンド|商品ページはこちら

さて、ここまでざっと紹介しましたが、400Xをよりアドベンチャーらしく、さらなる高みを目指す仕様にするためのアクセサリーを装着するとどうなるのか?
>> 普通二輪で乗れる本格派アドベンチャーの完成!

1

2

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事