どこへでも一緒に行きたい♪レブル250 Sエディションの魅力をお届けします!

大人気のレブル250!
今回、2020年3月に登場した【レブル250 Sエディション】に乗ってきました。
私も何回か乗っていますが、これは欲しくなっちゃう気持ちわかるな~♡
なんでこんなに欲しくなっちゃうのか、レブルの魅力を教えちゃいます!

レブル250と言えば「足付きの良さ!」
ポジションって大事ですよね♪

足が付く安心感はバイクライフをもっと楽しくしてくれる♪
レブルと言えば「足付きの良さ!」といってもいいほど、幅広い体格の方に馴染みやすいバイクです。

免許を取ったばかりの時は、公道で走るのってドキドキしますよね…
私も免許を取ったとき、レンタルバイクで初めて公道デビューしたんですけど、とっても緊張しました!
信号待ちや取り回しの時、立ちコケしないようにずっと慎重になってしまって気が抜けないんです…。
こんなに身長(172cm)があっても始めは不安なんですよ(笑)
その点、レブル250なら街中の走行でもちょっとした坂道でも、これだけ足が付くので安心!

車両重量 170kg(Sエディション 171kg)で取り回しもしやすく、跨がっただけでその軽さを実感!

降りて取り回しする時も跨がったままでも、簡単に動かせるのはどこにいっても気持ちにゆとりができますね♪

ところで…
レブル250 Sエディションってどこが違うの?

レブル250 と レブル250 Sエディション の違いはこちらです!
●ヘッドライトカウル
●フォークブーツ
●フォークカバー
●ダークブラウンのダイヤカットシート


レブル250 もかっこいいけど、この レブル250 Sエディション は存在感があって誰かに自慢したくなっちゃう!

ダークブラウンのシートは高級感あるダイヤカットになっていてオシャレですよね。
この写真を撮っているときもたくさんの方に声をかけて頂き、うれしくなっちゃいました♪
カスタマイズしてみたいな~って思っている方にも嬉しいモデルです。
※外観の違い以外は重量(+1kg)と価格のみ。

Rebel 250        メーカー希望小売価格 599,500円(消費税10%込み)
Rebel 250 S Edition  メーカー希望小売価格 638,000円(消費税10%込み)
*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。

2022年1月にはレブル250 Sエディション新色が登場!

【 パールスペンサーブルー 】
これは早く実車が見てみたいですね!楽しみです!

アシスト&スリッパークラッチ採用!
クラッチが軽い♪全然疲れない!

あれ?私、バイク運転するの上手くなったかも!
不思議と自分が上手くなった気分になっちゃうのは、これが採用されているから!?

アシストスリッパークラッチってなに?

簡単に説明するとアシスト&スリッパークラッチを採用することで、クラッチ操作がとても軽くなり、半クラを多く使う街中でも疲れないのが特徴です。

さらに、シフトダウンなどで急激なエンジンブレーキがかかったとき、リアタイヤがロックしたり跳ねたりと不安定な状態になるのを抑えてくれ、安全性をキープしてくれます。大型スポーツバイクなどに採用されていることの多いアシスト&スリッパークラッチが、レブルにも採用されてるって凄いですよね!

私がレブルを乗った日は、都内の人も交通量も多い場所だったので、とにかく半クラ!半クラ!
それでも全然疲れないし、クラッチがとっても軽いので指1本でも操作できちゃうのにはビックリ♪
クラッチが重いと余計な力が入って体が疲れやすいですよね…
そんなストレスも無く、気軽にバイクに乗れるは凄く魅力的でした。

クラッチ・ブレーキレバーにも作り手のこだわりがいっぱい詰まっています!

多くの方に、よりレブルを快適に楽しんで欲しい!
クラッチ、ブレーキの操作性を考え、高いフィット感を追求したレバーは開発者の思いが沢山詰まった形状なんです。
握りやすい形状を追求するのって大変そうですよね。

レブルのこだわりって凄い!
知れば知るほど乗るのが楽しくなっちゃいます♪

ギアポジションインジケーターや燃費表示、
左右独立点滅式のウインカーインジケーターが追加され、走行中も安心に!

慣れてくると自然に自分の感覚でシフトチェンジしている方も多いと思いますが、意外とギアポジションインジケーターがあるのと無いのとでは安心感が違うな~って私は感じました!

とくにバイク初心者の方は…今、何速に入ってるんだろう?止まるときも、シフトダウンできてるかな?など緊張していて色々不安になることもありますよね。

そして、今回久しぶりにレブル250に乗ってすぐに感じたのが、左右独立点滅になったウインカー!
以前のモデルは同時点滅で、それはそれでこだわりがあって好きでしたが、普段独立のウインカーに慣れているので走行中も馴染む感じがありました。
メーターの表示って、こんなにも走行中の安心感に繋がるんです!

レブルにおすすめファッション教えちゃいます♪

この冬レブルに乗るときにオススメのアイテムをご紹介します!

●ジャケット…ストリートパーカー(プラチナ)
●パンツ…コーデュラストレッチパンツ(チノ)
●シューズ…ドライマスターフィットフープシューズ(グレー)
●インナー…Rebel×Rentoto ロングTシャツ(ブラック)

今回はシンプルでカジュアルなコーデです!
サッと着て気軽にレブルを楽しめちゃう♪
でも、ジャケットにもパンツにもしっかりプロテクターが入っています。
バイクライフを楽しむ上で安心・安全は重要ですよね。プロテクターが入っていることで気持ちの余裕にも繋がりますよ。

インナーは【 Rebel×Rentoto ロングTシャツ 】

左右サイドのスリットには「Rebel」のロゴが!
さりげなく入っているところがオシャレ♪
肌触りもよくて着心地がとっても良かったです。
それだけじゃありません!
冬に乗るとき、手首の隙間風が寒い~ってなった経験ありませんか?
このインナーなら大丈夫!こういう機能性も考えられているところが嬉しいですよね♪

初めてHonda Go バイクレンタルで借りました♪

このレブル250 Sエディションは
Honda Dream世田谷店 さんでレンタルしたバイクなんです!

実は「HondaGO バイクレンタル」でお借りしたのは今回が初めて!
本当に全くわからない状態で、乗る準備だけして行きました(笑)

もっと早くやれば良かったー!HondaGO RIDE のアプリってすっごく便利!
スタッフの皆さんがアプリ(HondaGO RIDE)の使い方から支払い方法まで丁寧に教えて下さって、無事1日レブル250 Sエディションを楽しむことができました♪
※「HondaGO バイクレンタル」のご利用は、アプリから事前にご予約ください。

バイクアプリ「HondaGO RIDE」に関してはこちら↓↓↓↓

 

みなさんもぜひ【HondaGO バイクレンタル】を活用してみてください!

レブルは乗る人のことを1番に考えた、開発者の思いと拘りが詰まったバイクです!
体格差を選ばす、初心者の方からベテランライダーが乗っても楽しめる♪

ツーリングから、ちょっとコンビニまで!
気負わず乗れるレブルは、まさに「ちょうどいい♪」

これを書いてるだけでもどんどんレブルが欲しくなっちゃいました!
レブルミーティングとかあったら楽しそうですよね♪
全国のスポットでレブルとのカッコイイ写真も撮りたいな~
まだまだ私の知らないレブルの魅力がありそうです!

【 文/大関さおり(外部ライター)】

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. X-ADVってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda X-ADV(2019)】

  2. 2021 ライディングギア秋冬コレクション“アドベンチャー”コーディネート!

  3. 『タクト』『タクト・ベーシック』カラーバリエーションを変更して発売!【ホンダ2021新車ニュース/Honda タクト編】

  4. まるでオーダーメイド? 新型『PCX160』のフィット感が高すぎて謎!?【ホンダの道は一日にして成らず 第18回/Honda PCX160 街乗り編③】

  5. 時速50kmで『CB1100 EX』ほど気分よく走れる大型バイクは他にない【ホンダの道は一日にして成らず 第12回/Honda CB1100 EX 味わい編】

  6. 見た目以上に鋭さを増した! 新型『PCX』の印象が旧PCXと全然違う!?【新型バイク直感インプレ!/Honda PCX 後編】

  7. ホンダが好きなら『VFR800F』っていう大型バイクのことを知っておいて損はない!【ホンダの道は一日にして成らず 第7回/Honda VFR800F 前編】

  8. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に到達した。【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 中編】

  9. ありそうでなかった? CBR400Rは走ることの楽しさを『正しく』教えてくれる400ccのバイクです!【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 中編】

ホンダのレンタルバイク
  1. ホンダライダーが大活躍している【 MFJ全日本ロードレース選手権っ…

  2. 大型プレミアムツアラー『Gold Wing 』シリーズにNEWカラー登場!【…

  3. Gold Wingってどうやって作られてるの?製造現場をお見せしちゃいま…

  4. 衝撃のデビューから30年 ファイヤーブレード最新作「CBR1000RR-R SP…

  5. EIMCA 2021(ミラノショー)が開幕!ニューモデルが登場!!

  1. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  2. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  3. モンキー125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!…

  4. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  5. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

バイクレンタル会員登録