400cc以下のバイクで公道最強なのは『CB400SB』じゃないか?【ホンダの道は一日にして成らず 第20回/Honda CB400 SUPER BOL D’OR(スーパーボルドール) 中編】

大型バイクに乗る仲間と一緒にツーリングしても問題なし。CB400SB(CB400 SUPER BOL D’OR)って、ひょっとしてアンダー400ccのバイクで最強なんじゃないか?

あらゆる局面で『CB400SB(CB400 SUPER BOL D’OR)』は強い

バイクにおける排気量の差は絶対的。だけど、その差すら覆す奇跡の1台がホンダCB400SB(CB400 SUPER BOL D’OR)だと、私(北岡)は思っています。

例えば大型バイクに乗る仲間と一緒にツーリングすることになっても、このバイクなら何の問題も無し。

だってCB400SBは、どんな局面においても安定したパフォーマンスを発揮してくれるんですもの。

じゃあ、例えば高速道路。

大型バイクと400cc以下のバイクで最も差が出やすいのが高速道路のクルージングです。

やっぱり大型バイクって、何だかんだ言っても高速道路がラク。

パワーの余裕は当然として、ホイールベースの長さや重量による安定感っていう面でも有利ですから。

ところが……

CB400SBはハーフカウルの高い防風性能をはじめ、コンパクトな車体からは想像もつかないほどの直進安定性や、しなやかな前後サスペンションによる快適な乗り心地で一切ライダーを疲れさせません。

それが時速100kmはおろか、最近増えてきた時速120km区間のペースでも全然余裕!

MAX56馬力を発生するホンダ伝統の直列4気筒エンジンのパワーだけじゃない。車体を含めた総合力によって、400ccクラスとは思えない『ゆとり』すら感じさせてくれるんです。

そりゃ1日500kmとかの超長距離を走れば、すこしは差が出るかもしれませんけど、私(北岡)の感覚としては大型バイクに引けを足らないペースで高速道路クルージングができると思っています。

CB400SBはトータルバランスで勝負する

じゃあ、ワインディングはどうか?

峠道に入った途端、あっさりと仲間に置いていかれたら……なんていうかこう、悔しいじゃないですか(笑)

でもCB400SBなら、ライダー次第でワインディングだって負けてない!

パワー差の出やすい上りのワインディングでは、正直なところ『ついていく』ことしかできないかもしれません。

だけど、置き去りは許さない。

コーナーの立ち上がりで少々離されても、大型バイクに比べれば軽い車体と高いスタビリティを活かして、次のコーナーの進入でさりげなく距離をつめる。そういう走りができるから、気持ち的に悔しさは感じません。

そして下り坂になれば、大型バイクの背後にぴったりと張り付いて離れない。

さすがに公道のコーナーで前走車を追い抜くなんて危ないことは無しですが、ひょっとしたら、大型バイクで前を走る仲間としては『後ろからつつきまわされてる』ような気分になるかも?

大型バイクに乗っててのソレは、けっこう悔しいでしょう(笑)

でも、それができちゃうからこそ、CB400SBっていうバイクは奇跡の存在なんです。

それに、のんびりペースのツーリングだったら、軽くて気軽なCB400SBのコンパクトさは大型バイク以上に快適ですしね。

道を間違えた時のUターンも、大型バイクの仲間が四苦八苦している間にクルッと終了。足つき性も良いから、信号待ちだって苦にならないし、エンジンを切った状態での取り回しだってスイスイです。

普通に一般道をツーリングしているぶんには、むしろ大型バイクよりも有能!

そうやって考えていくと、400cc以下のバイクで最強なのって、やっぱりCB400SBなんじゃないか? って思っちゃうんです。

大型バイクと一緒に走っても引けを取らない性能を持っているアンダー400ccのバイクなんて、そうそうあるもんじゃないですしね。

CB400SBはネイキッドベースですし、400cc以下のバイクの中でも『最速』じゃないかもしれません。

けれど、このバイクほどあらゆる局面で強く、スポーティさを安定して発揮できるバイクは他にない。

恐るべきは、そのトータルバランス。

アンダー400ccの排気量において『傑作』と呼ぶに相応しい1台。それが『CB400SB』というバイクです!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶CB400SBは『バイクとしての理想』に限りなく近い

ホンダ『CB400 SUPER BOL D’OR』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくはコチラから

CB400 SUPER FOUR/SUPER BOL D’OR 製品情報 はコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. CBR400Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda CBR400R(2020)】

  2. 電動化のメリットを『ホンダの三輪バイク』なら最大化できるかも?【ジャイロ イー(GYRO e:)試乗会 後編】

  3. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化したバイクは珍しい【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 後編】

  4. リード125ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda LEAD125(2021)】

  5. いつかはアフリカツイン……そのバイクは『高嶺の花』か?【ホンダの道は一日にして成らず 第16回/Honda CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission 憧れ編】

  6. 普段使いからレースまで! 本格派の125cc『グロム』はコーナリングが最高です!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 中編】

  7. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

  8. ホンダ『X-ADV』の前ではオートマ or マニュアルなんて些細な問題でしかない【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 後編】

  9. CBR650Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/CBR650R(2020)】

ホンダのレンタルバイク
  1. ホンダライダーが大活躍している【 MFJ全日本ロードレース選手権っ…

  2. 大型プレミアムツアラー『Gold Wing 』シリーズにNEWカラー登場!【…

  3. Gold Wingってどうやって作られてるの?製造現場をお見せしちゃいま…

  4. 衝撃のデビューから30年 ファイヤーブレード最新作「CBR1000RR-R SP…

  5. EIMCA 2021(ミラノショー)が開幕!ニューモデルが登場!!

  1. 原付二種/125ccバイク最強か!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』はキ…

  2. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  3. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白…

  4. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  5. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

バイクレンタル会員登録