検索

V4エンジンが『VFR800X』を1日1000kmを走るツーリングバイクに押し上げる【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 中編】

VFR800Xの持つ車体のバランスはツーリングバイクとして文句なし。そこにホンダ伝統の『V4』エンジンを加えることで、旅バイクとしてのパフォーマンスを底上げ。その結果としてVFR800Xは『1日に1000kmを走れるバイク』になっているんです!

VFR800Xは『エンジンが車体を活かす』珍しいバイク

【前編】からの続きです

突然ですが私(北岡)は基本的に『バイクはエンジンが主役』だと思っているタイプのライダーです。

そして、そのエンジンを堪能するために車体が作られる。高出力で速いエンジンには、そのパワーを受け止める強靭さを。テイスティなエンジンには、気持ちにゆとりを与えてくれる安心感を。まず、はじめにエンジンありき。つまり『車体はエンジンを活かすためのもの』っていう感覚です。

ところが、VFR800Xは何か違う。個人的には極めて稀な例だと思っているのですが、このバイクは逆に『エンジンが車体を活かしている』と感じられます。

先の【前編】でお話した通り、VFR800Xはホンダのレースの歴史を象徴するV型4気筒エンジンを、アドベンチャースタイルに融合させたクロスオーバーモデル。

車体は兄弟車となる『VFR800F』と共通になっていて、アルミツインチューブフレームと片持ちスイングアームというオンロードスポーツ的な構成で、それゆえに高い剛性を誇っています。そこにVFR800Fよりもストロークが長く、しなやかな前後サスペンションをセットすることでツアラーとして成立させたバイクです。

ちょっと乱暴に言うなら、VFR800Xは『スポーツバイクのボディを持ったツアラー』ということになります。

がっしり剛性感高めのフレーム&スイングアームでVFR800Xは前後サスペンションの動きを感じ取りやすい。そして、その前後サスは優しいフィーリングで乗り心地もいい。

加えてアドベンチャースタイルですから、ウインドプロテクション性や乗車姿勢も快適そのものです。

そして、そこにVFR800Fの記事でもお伝えした『超フラットなパワーフィーリング』の職人気質V4エンジンが加わるんです。

(記事は下に続きます)

【関連記事】

VFR800XのV4エンジンは徹底して疲れない

搭載されているV型4気筒エンジンはホンダのレースの歴史の象徴でもあり、その特性は驚くほどフラットなパワーフィーリング。

スポーティな走りで言うなら、それは『スロットルの開けやすさの塊』です。

でもそのフラットなパワー特性をツーリングシーンに置き換えると、今度は『疲れないエンジン』に早変わり。スロットルON/OFFでの車体姿勢の変化が少なく、ライダーを意識させないレベルで自然にリラックスさせてくれます。

それこそ最高出力が107馬力もあるとは思えないほどに、優しいフィーリングなんです。

その優しさの恩恵は『車体姿勢が乱れにくい』だけじゃありません。

例えば高速道路あたりだと感じ取りやすいんですが、VFR800Xは本当に『一定速度で走りやすいバイク』になっているんです。

ライダー自身が時速80kmフラットで走ろうと思えばその通りに。時速100kmフラットで走りたい時も完全に従順。どんな速度の巡行でも思いのままです。

どの速度域も得意分野というか……バイク側が100%ライダーの意志を尊重してくれるような感覚。このフィーリングが独特で、VFR800Xならではの持ち味だと感じました。

100%ライダー優先だから、どこまでも走り続けられる

クドいですが、重要というか核心部なので何度も言います。

剛性高めの車体による安心感と、しっとりした足まわりによる快適な乗り心地。そしてアドベンチャースタイルのウインドプロテクション性と自然な乗車姿勢。そのうえで完全にライダーに従ってくれるエンジンが搭載されている。

VFR800Xは、徹底して『ライダーを疲れさせない』セットアップにまとめられていると言っても過言ではありません。

だから、思います。

このバイクとなら1日で1000kmだってきっと走れる。

VFR800Xって、そんな自信を与えてくれるバイク。速さのためじゃない、すべては快適さのため。そのためにこのバイクには『V4』っていうエンジンが搭載されているのだと思います!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶VFR800Xは『達人級の旅人』が選ぶバイク

ホンダ『VFR800X』のレンタルバイクを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

関連記事