達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化したバイクは珍しい【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 後編】

なぜツーリングバイクにレースから生み出されたV4エンジンを搭載した? 今回はそこから端を発した訳ですが、実はこのエンジンが『素晴らしく従順』であることが判明。そうとわかって思うことは……

ハードな旅ほどバイクの『性能』がモノを言う

【中編】からの続きです

ツーリングっていうのは、気候の良い春や秋の晴れた日だったら、何もかもが幸せに感じられます。

けれど、それだけじゃないのが『風を切って走る』バイクツーリングの宿命。予想を裏切る悪天候に直面することや、気温の急変も珍しいことではありません。それが真夏や真冬ともなれば、いっそ過酷と言えるようなシチュエーションになることだってあるのは、バイクが好きな皆様であればご存じのことでしょう。

そしてそういう時、最後に頼れるのは相棒となる『バイクの性能』でしかありません。

仮に『自分は最高のタイミングの時しかバイクには乗らない』という人であれば、ぶっちゃけVFR800Xは必要ないと思います(笑)

でも、ツーリングが大好きでいつだってガンガン走りたい! とか、見たことのない彼方まで走っていきたい!と考える人にとっては、VFR800Xはとても優秀なパートナーになってくれる。

【中編】でお話したような抜群の快適性やライダーファーストの従順さは、整った環境下では、正直あまり恩恵を感じることはないんです。

ところが一転して過酷な状況に陥ると、平和な環境では『そこまで必要ない』と思えるレベルの高い快適性がモノを言う。

快適さの幅というか、快適さの安全マージンというか……バイク側の『ライダーを守る力が強い』ほど、過酷な環境でも走り続けることができるって訳です。

その『余力』がVFR800Xはたっぷり取られています。特に、オンロードの旅ではそうです。

アスファルト上ではホンダのバイクの中でも最上級クラス

ホンダのバイクラインアップは豊富で、ツーリングに限定しても、いろんなバイクがあります。

全ての道を乗り越えていく性能ならアフリカツイン(CRF1100L Africa Twin)シリーズが優れているし、高速道路を果てしなく走るならゴールドウイング(Gold Wing)だってある。

だけど、そんな強豪がひしめく中でVFR800Xにもアドバンテージがきっちりあります。

前後17インチのホイールを採用しているだけあって、ハンドリングは秀逸。重量もあるけど重すぎ&大きすぎで扱えないと嘆くほどじゃないし、それらは走るための安定感にも変換されています。もちろん100馬力オーバーのパワーは、長距離移動でやっぱり余裕になる。

アフリカツインにも、ゴールドウイングにも、NC750Xにも真似できないバランスの良さ。それがVFR800Xにはあるんです。

それでも、ひょっとしたらVFR800Xに対して『個性が弱い』と感じる人もいるかもしれません。

だけどツーリングのエキスパートにとっては話が違う。

どんなシチュエーションに陥っても、そこがアスファルトの上であれば走っていける。旅のツールとして信頼することができる。

フルカウルスポーツのVFR800Fの記事において私(北岡)は『職人気質のエンジン』を持ったバイクだと書きましたけど、本質としてはアドベンチャースタイルの『VFR800X』になっても変わっていません。

言うなればVFR800Xは『プロのツーリング・アシスタント』のようなバイクです。

あくまで主役はライダーにあり。その意志と目標を支える旅のプロアシ。

俺にまかせろ!ってキャラじゃなく、どこまでも黒子のように控え目に。

ここまで躾の行き届いたサポート型の旅バイクって、実はかなり貴重なんじゃないでしょうか!?

【文/北岡博樹(外部ライター)】

よろしければ【前編】や【中編】もお読みくださいね!

ホンダ『VFR800X』のレンタルバイクを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 『CBR250RR』にはどんなウエアがおすすめなの?【バイクウエアもホンダ流!/CBR250RR(2021春夏) 編】

  2. MT仕様のレブル1100ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Honda Rebel 1100(2021)】

  3. HondaGO RIDEと共に! 都内食い倒れツーリング

  4. 『Rebel 250 S Edition』にNEWカラー登場!【ホンダ2021新車ニュース/Honda Rebel 250 S Edition 編】

  5. 手軽にツーリング写真を投稿→豪華景品が貰えるかも!? ホンダの写真投稿サイト『ライダーズボイス』って知ってる?

  6. 【予約期間限定】空冷・直列4気筒ロードスポーツモデル『CB1100』シリーズのファイナルエディションがいよいよ発売!【ホンダ2021新車ニュース/Honda CB1100 EX/CB1100 RS 編】

  7. 【実車公開】ホンダ『CB1000R』がスタイリングを変更し、スマホとの連携も可能に。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda CB1000R 編】

  8. 信州定番の絶景ロードの先には天空の美術館が!長野県「ビーナスライン」ツーリング。

  9. 東北エリアの遊べる『道の駅』を厳選! みちのくツーリングを楽しむならココ! 【おすすめ道の駅/東北 編①】

ホンダのレンタルバイク
  1. 全日本モトクロス選手権 第7戦決勝レースレポート

  2. 調理器具にも食器にもなる『クッカーセット』は使い方自由自在!【…

  3. ジェットボイルで簡単キャンプめし!お湯を沸かすだけでできるアウ…

  4. テントを張ったら明るいうちに「寝具の準備」もしておいた方がいい…

  5. CB125Rってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホ…

  1. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  2. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  3. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  4. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  5. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

バイクレンタル会員登録