ツーリングバイクにV4エンジン? それって何かメリットあるの? 【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 前編】

ホンダの『V型4気筒エンジン』はレースで積み上げてきた栄光の軌跡そのものでもあります。だけど……そのエンジンを、アドベンチャースタイルのバイクに搭載しちゃったら、レースの歴史も何も無くなっちゃうんじゃないですか!?

ツーリングバイクに『V4』を搭載する意味ってあるの?

ホンダにとって『V4エンジン』っていうのは、特別な存在です。レースの栄光そのものだと言ってもいい。

だから、V4エンジンを搭載した『VFR800F』っていうフルカウルのスポーツバイクが存在する理由はわかります。そして実際に乗ってみて、VFR800Fというバイクの奥の深さにも触れることができました。

【VFR800F】の記事はこちらです

だけど、そのエンジンをアドベンチャースタイルのツーリングバイクに搭載しちゃったら……それは『レースの栄光』から思いっきり遠ざかるのでは?

正直、ホンダのバイクラインアップの中で最も謎めいた存在なのが、今回のターゲットになる『VFR800X』っていうバイクです。

『VFR800X』と『NC750X』はキャラが被り気味?

しかもVFR800Xはホンダの『クロスオーバーコンセプト』に基づくバイクで、アドベンチャースタイルの快適さに前後17インチのホイールを組み合わせたオンロードバイクになります。

立ち位置としては『NC750X』にかなり近い部分がある。排気量だって実のところ36ccしか差がありません。

だけどVFR800Xは自慢の強心臓V4エンジンで最高出力107馬力。それに対してNC750X(2020モデル)は最高出力58馬力。なんと約50馬力もの差があります。

じゃあ、NC750Xは『のんびりツアラー』で、VFR800Xは『快速ツアラー』っていうこと?

それも間違いではないのですが、今回乗ってみてわかったのは、VFR800Xは単純にパワーのためにV4エンジンを搭載している訳じゃないっていうことでした。

端的に結論を言ってしまうと『本気のロングツーリングのため』にVFR800Xっていうバイクは存在するんだと思います。

VFR800Xはツーリング・エキスパートの要求に応えるバイク

これは日本だけじゃなくて欧米も含めてのグローバルな話ですが、世の中には1日で1000kmレベルの距離を走っちゃうような達人級の旅ライダーも存在します。

そういう猛者たちがバイクに求めるもの。それがVFR800Xには備わっていると感じるんです。

高いウインドプロテクション性能と、快適な乗り心地は大前提。だけどフワフワで頼りない足まわりじゃ逆に疲れちゃうから、サスペンションにもきちんとした節度を求めるし、それを活かすためにはフレーム&スイングアームによる根本的な車体剛性も重要になる。

それらの案件を、余すことなく満たしているのが『VFR800X』の車体構成だと思います。

そして、その『ロングツーリング適性』をまるごと底上げするのが、V4エンジンの存在なんです。

じゃあその、V4ならではの特性はツーリングにどう作用するのか?

実際問題として感じたこと。それを続編でお伝えしてみたいと思います!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

NEXT▶▶▶V4エンジンが『VFR800X』を別次元に押し上げてる!?

ホンダ『VFR800X』のレンタルバイクを探してみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

 

 

 

 

 

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に到達した。【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda GB350 中編】

  2. 【動画】どんな場所でも気軽に走れるCT125・ハンターカブの祖先『CT110』【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/CT110(1981年) 編】

  3. 150ccスクーター『ADV150』にホワイト登場!? と思ったら受注期間限定カラーでした! 注目の価格と発売日は?

  4. 最強ツーリングバイクがタンデム快適性を強化! 新型『ゴールドウイング』シリーズの価格と発売日は?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Gold Wing Series 編】

  5. バイクに何を求めるか? でホンダ『CBR650R』の価値は大きく変わる!【ホンダの道は一日にして成らず 第1回/Honda CBR650R 中編】

  6. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  7. 生粋のツーリングライダーにこそ『NC750X+DCT』を体験してほしい!【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断⑥/Honda NC750X<DCT> 】

  8. ツーリングの楽しさは『下道』にあり! モンキー125でバイクの面白さを再発見!【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第1回/Honda Monkey125 後編】

  9. ホンダの大型バイク『CB1300SF』と『CB1300SB』シリーズの新型2021年モデルをホームページで先行公開!スロットル・バイ・ワイヤ採用の他、大きく進化します!【Honda CB1300 SUPER FOUR/CB1300 SUPER SUPER BOL D’OR(2021)】

ホンダのレンタルバイク
  1. 【新作】クロスオーバースタイルにもマッチする『涼しいコーディネ…

  2. 万能の極み。250ccオフロードバイク最強説!【ホンダの道は一日にし…

  3. 5年ぶりくらい? 久しぶりに林道を走ってみた結果 → 新型『CRF250L…

  4. 【街乗り無双】大都会を縦横無尽! 街乗りで250ccオフロードバイク…

  5. オフロードバイク興味ない人へ! 250ccなら他の選択肢もたくさんあ…

  1. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  2. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  3. 実車公開! 新型『レブル1100』はクルーザーじゃなくてスポーツバイ…

  4. CB400SFってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します…

  5. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

バイクレンタル会員登録