検索

【動画】正式に国内発売された四代目ゴールドウイング『GL1500 Gold Wing』がスゴい!【ホンダ歴代バイク今昔図鑑/GL1500 Gold Wing(1988年) 編】

ホンダでは歴代モデルやレーシングマシンが「動態保存」されていて、定期的にマシンを実際に走らせる走行確認テストを実施しているんですが、その映像がホンダのオフィシャルYouTubeで公開されているんです!今回はホンダのフラッグシップツアラーの祖先「GL1500 Gold Wing(1988年)」の貴重な映像を紹介します!

水平対向6気筒を積んだ世界最強のグランドツアラー

現在でもラインアップされているホンダのフラッグシップツアラーであるゴールドウイング(Gold Wing)シリーズ。

その祖先となる「GL1000 GOLDWING(1974年)」は、主に輸出向けの車両でしたが、GL1100〜GL1200と進化を続けました。

そして、1988年からは、4代目「GL1500 Gold Wing」が日本市場に正式に輸入され、車名もゴールドウイングとして販売されるようになりました。

この四代目ゴールドウイングの登場は、日本はもとより、世界中を驚かせました。

エンジンは1520ccの水冷4ストロークOHC水平対向6気筒を搭載し、車両重量は360kgの巨艦にも関わらず快適なハンドリング。

ライダーが跨ったままスイッチバッグできるように、バッグギア(電動リバースシステム)が備わっている世界的にも珍しいバイクでした。

また、大容量トップケースや左右のサイドを標準装備し、タンデムでのロングツーリングも快適そのもの。

スロットルを離したままでも走れるクルーズコントロールシステムやFM/AMラジオ&カセットステレオなど、豪華すぎるツアラーモデルです。

その巨艦故に、始めは躊躇するライダーも、一旦走り出せばその快適さに心が奪われました。

ツインリンクもてぎ内にあるホンダコレクションホールには、現在でも動態保存されていて、貴重な走行映像も公開されています。

コックピットからの映像もあり、実際に乗って走っているような気分が味わえます。

約2分程度の映像ですが、今ではなかなか見ることができなくなった貴重な走行ムービーを是非ご覧下さい!

現行モデルはコレ!『Gold Wing Tour』

「Gold Wing Tour」(2021年モデル)価格:3,465,000円〜(消費税10%込)

ゴールドウイングシリーズは現在でもホンダのフラッグシップモデルとしてラインアップされています。

新型の2021年モデルは、リアトランクの容量50Lを容量61Lにまで大幅に拡大し、バックレストなどが改良され、タンデム性能がさらに向上。

様々なアップデートを受け、2021年2月25日から発売されています。

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

『Gold Wing Tour』をHondaGO BIKE RENTALでレンタルしよう!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら