検索

実はカブシリーズで一番“コスパと使い勝手”に優れている!? 今『クロスカブ110』が再び注目されるワケ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第5回/Honda CROSS CUB 110 前編】

スーパーカブ110にアウトドアテイストや遊びゴコロを盛り込んだクロスオーバーモデルとして登場したクロスカブ110(CROSS CUB 110)。CT125・ハンターカブの登場でクロスカブ110の立場はどうなった?

CT125・ハンターカブの登場で逆に再注目!
クロスカブ110(CROSS CUB 110)の揺るがないポジション

ご存知「スーパーカブ」シリーズは、2017年に世界販売台数の累計が1億台を突破しました。
老若男女あらゆる世代に親しまれる、日本が世界に誇る偉大なバイクシリーズと言っていいでしょう。

今回はそのカブシリーズの中でも、特に若者からの人気が高い『クロスカブ110』にスポットをあててみたいと思います。

クロスカブ110(2013〜2017年モデル)

初代クロスカブ110はスーパーカブ110にアウトドアテイストをプラスして、ちょっとした未舗装路の走りもこなしてくれるクロスオーバースタイルのカブとして2013年に登場しました。

その後、2018年にフルモデルチェンジされ、レッグシールドを排したスタイリッシュなデザインでリニューアルされ、現在のデザインに生まれ変わっています。

アウトドアテイストを取り入れた「カブシリーズ」と言えば、昨年2020年6月に「CT125・ハンターカブ」が発売されましたよね。

そこで、現在の原付二種クラスのカブシリーズにはどんな種類があるのかおさらいしてみましょう。

原付二種クラスのカブシリーズにはどんな種類がある?

①スーパーカブ110|車両本体価格:280,500円(消費税10%込)
②スーパーカブ110 プロ|車両本体価格:302,500円(消費税10%込)
③スーパーカブ C125|車両本体価格:440,000円(消費税10%込)
④クロスカブ110|価格:341,000円~(消費税10%込)
⑤CT125・ハンターカブ|車両本体価格:440,000円(消費税10%込)

CT125・ハンターカブの登場で、原付二種クラスのカブシリーズは全5種類になりました。

ビジネスクラスの定番モデル「スーパーカブ110」「スーパーカブ110 プロ」、初代カブ「C100」を現代に蘇らせた高性能カブ「スーパーカブ C125」に加え、アウトドアカテゴリーとして「クロスカブ110」と「CT125・ハンターカブ」がラインアップされています。

特にクロスカブ110とCT125・ハンターカブは、共にアウトドアテイストを盛り込み、未舗装路走行も想定されたクロスオーバースタイルですが、どんなところが違うのでしょうか?

ハンターカブを選ぶ前にもう一度知っておきたい、クロスカブ「3つの魅力」!

ここからは、筆者の私(岩瀬)が感じた、ハンターカブとの「3つの違い」をご紹介します。

『とにかく軽い!使い勝手に優れた万能性』

まず、クロスカブ110の魅力は車体や取り回しが超軽いこと。

まるで自転車を扱うように押し引きできるので、日常的な使い方がとてもラクなんです。

排気量の違いが15ccほど違いますが、クロスカブ110の車両重量は106kgで、対するCT125ハンターカブの車両重量は120kg。

同じ原付二種のカテゴリーで重さが14kgも違うんですね。

体感的にもハンターカブの方がひと回り大きく感じられたほどです。

『クロスオーバースタイルとしての豪華装備が満載!』

続いてはクロスカブ110の主要装備やスタイリングについてです。

カブシリーズの特徴でもあった「レッグシールド」を外したことで、スッキリとしたストリートモデル的なデザインになっています。

クロスカブ110は前後17インチのセミブロックタイヤを標準装備し、アップライトなハンドルとパイプフレームのヘッドライトガードなどを装備。

ハンターカブほどの完全なトレッキングスタイルではありませんが、アウトドアテイスト溢れるデザインになっています。

『ハンターカブと比べて価格が10万円も違う!』

次に、やっぱり購入の決め手のひとつである車両の価格です。

クロスオーバーモデルとして必要充分な装備がありながら、クロスカブ110の車両価格は341,000円~(消費税10%込)。

対するCT125・ハンターカブの車両価格は440,000円(消費税10%込)で、約10万円の差があります。

スタンダードのスーパーカブ110(280,500円)と比べても、約6万円プラスされているだけなんですね。

このことからもクロスカブ110はコストパフォーマンスにかなり優れたモデルと言えるでしょう。

オールラウンドな立ち位置を確立したマルチカブ

もし、ダート走行やトレッキングをメインに考えている人はCT125・ハンターカブを選んだ方が良いかもしれません。

しかし、クロスカブ110はオールラウンダーの立ち位置にいるカブシリーズのマルチプレイヤーです。

街乗りが中心で、時々レジャー&ツーリングを楽しみたい人ならクロスカブ110がおすすめです!

次回はクロスカブ110の魅力をさらに深堀りしてみたいと思います!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

NEXTGO!「実はスゴかった『クロスカブ110』の万能力!」

▶「クロスカブ110」機種情報はこちら
ホンダ『クロスカブ110』に乗ってみたいなら!

※HondaGO BIKE RENTALではレンタル車両の未舗装路の走行は禁止となります。

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくはコチラから

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事