検索

どうやるの? ヘルメットの『Dリング』の使いかた【バイクライフ・ステップアップ講座/Dリングの使いかた 編】

最近はヘルメットの『アゴひも』もワンタッチタイプが増えてきましたが、本格派のスポーティなヘルメットには『Dリング』が採用されています。その『Dリング』使い方ってご存じですか?

昔ながら、じゃない。ヘルメットの『Dリング』は安全性のため!

最近はバイク用のヘルメットにも『ワンタッチタイプ』のアゴひもが増えてきました。教習所でも採用されているくらいですから、その安全性や信頼性は十分。ヘルメットの脱着がスムーズに行えるので、快適だし便利です。

ですが、一部のヘルメット。中でも『スポーティな本格派ヘルメット』には昔ながらの『Dリング』が採用されています。

その理由、そして使い方ってご存じですか?

まず前提として、万が一の転倒時などに『ヘルメットは想像以上に外れてしまいやすい』ということを知っておいてください。ギュッと締め付けられて、簡単には取れないような気がしますが、大きな衝撃が加わった際にはその限りでは無いんです。

そして、ヘルメットの脱落防止のためには『アゴひもをしっかり締める』ことが大前提となります。どんなに安全性に考慮されたヘルメットでも、アゴひもをしっかり締めていなければその性能を発揮することはできないのです。

Dリングのヘルメットが優れている部分

つまりアゴひもはヘルメットの安全性の要。そう言っていいほどの重要パーツとなります。

そして『Dリング』タイプのヘルメットは、シンプルなだけに質実剛健。ヘルメットの脱着に若干の手間はあるものの、安全面ではワンタッチタイプをしのぐ部分があるんです。

その理由のひとつは『アゴひもの劣化』がわかりやすいこと。使っている間に経年変化や何らかのダメージでアゴひもが劣化してきても、シンプルなDリングの場合は一目瞭然。そこには単純な仕組みだからこそ、の安心感があります。

これらは「ワンタッチタイプがダメ」という話ではありません。
心配しすぎ! と思われるかもしれませんが、走行中に、無意識で腕やライディングウェアが当たる、もしくは引っかかるなどして知らないうちに外れてしまう可能性だって、僅かですけどあります。

もちろんこれらは『極小の可能性』の問題なので、現実としては滅多に起こらないでしょう。だけど『万が一』に備えるのがヘルメットの役目ですから、その小さな可能性さえも排除する。そこにおいて、昔ながらのDリングタイプにはアドバンテージがあるんです。

Dリングの使いかたは?

 

だけど、一度も使ったことがないとDリングは使いかたがわからないのが普通だと思います。その装着手順はコチラ!

ふたつあるアルファベットの「D」形状の金具に……

ストラップを通します。この時はふたつの金具のどちらか一方ではなく、ふたつとも通してください。

そして、ストラップの先端を折り返して、ふたつの金具の間を通して引きます。目で見えない手探りの作業なので多少の慣れが必要ですが、もしうまくできない時はバイクのミラーなどで確認してみてください。

ただしこれ、本当に『慣れの問題』なので、すぐにできるようになります。

そのままストラップの先端を引っ張れば、装着完了。ちなみに『どれくらい締めればいいの?』という部分については……

ひとさし指が一本入るくらい、を基準としてください。

せっかくアゴひもをしっかり装着しても、ストラップの締めかたが緩いと、万が一の際にヘルメットが脱げてしまうことがあるので注意が必要です。アゴひもを締めてから、上を向いたり下を向いたりして、締め付けと快適さのバランスを確認すると良いでしょう。

ちなみにストラップの先端にあるボタンは『走行中に風でストラップがバタつくことを防止する』ためのものですが、このボタンの装着も一連の流れとしてクセづけておいてください。

そうすると『アゴひものうっかり締め忘れ』に気付くことができます。

ヘルメットの装着は法律で定められた義務ですが、それと同時に『自らの安全のため』のものでもあります。

そして、先にも言ったとおり『アゴひも』はヘルメットの安全性の要。だからこそ、便利なワンタッチタイプだけじゃなく、信頼性を重視した『Dリング』タイプのあごヒモが選択肢として残っているんです。

どちらが良い、という話ではありませんが、バイクに乗る時は『アゴひもの装着』が重要だということは共通です。みなさんも、走る前はきちんとアゴひもを確認して、バイクライフを楽しんでくださいね!

【文/北岡博樹(外部ライター)】

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら