アフリカツインには『カジュアル』系アドベンチャーウェアもいい感じ!【バイクウェアもホンダ流!/CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES 編】

ホンダライディングギア「2020 Autumn & Winter」の中からマシンの性能やデザインに合ったベストチョイスなウェアをピックアップ! 今回はフラッグシップ・アドベンチャーのアフリカツイン(CRF1100L Africa Twin Adventure Sports)シリーズにマッチするホンダウェアをセレクトしてみました!

アフリカツイン(Africa Twin)シリーズをもっとカジュアルに!

大人気の冒険マシンに似合うのは、やっぱり「アドベンチャーウェア」ですよね。

しかし、大陸を横断するようなアドベンチャーウェアはとても機能的ですが、気軽にツーリングに出かけるにはちょっとハードになりすぎ……

でも大丈夫!

「ホンダライディングギア・2020 A&W コレクション」には、機能的でカジュアルなウェアもたくさんラインアップされているんです。

今回はホンダの最強アドベンチャーバイクであるアフリカツイン(CRF1100L Africa Twin Adventure Sports)シリーズに合うカジュアルな冒険ウェアをコーディネートしてみたいと思います。

旅好きが選ぶ秋冬のツーリストジャケット

■ツーリストミッドブルゾン(3シーズン用):ベージュ ■税込価格:26,180円

ミリタリージャケット「M65」を想わせるこちらのジャケットは、3シーズン用の「ツーリストブルゾン」。

表面生地はコットンとポリウレタンを組み合わせた「PUフィルムボンディング加工」が施されているので防風性が高いのが特徴。

背中と両ヒジと肩にソフトプロテクターが標準装備されています。

シンプルかつクラシカルなデザインですが、しっかりバイク用に設計されているので、冒険バイクに乗るツーリングライダーにオススメの一着です。

■ツーリストミッドブルゾン(3シーズン用):グレー ■税込価格:26,180円

カラーリングはカジュアルなカラーリングの「ベージュ」と、どんなバイクの色にも合う「グレー」をラインアップ。

両胸と腰には4つの大型ポケットがあり、財布やスマホなどの小物ならスッポリ入ってしまいます。

着脱式のインナージャケットを標準装備しているので、秋冬のツーリングも暖かく快適。

アクティブに走るようなシーンや、標高差のある場所へツーリングへ出かける時にレイヤリングできるのは嬉しい機能ですね。

背中にはファスナーで大きく開閉できるベンチレーション機能を搭載。

3シーズンに対応しているんです。

背中と腰の部分にさりげなくリフレクターテープが備わっているので、夜間の被視認性も安心。

腰の部分にはウエストのフィット感を調整できるベルトも備わっています。

アクティブなツーリングでも活躍する防水仕様のウインターパンツ

■プロテクトウインターパンツ(ブラック) ■税込価格:18,700円

表面生地に透湿防水素材を使用したナイロン製の「プロテクトウインターパンツ」。

腰と両膝にソフトプロテクターが標準装備されていて、急な雨が降っても大丈夫な防水仕様のパンツとなっています。

シンプルなデザインながらも機能性に優れ、ハードに動いても頑丈な作り。

アドベンチャージャケットとの相性も良く、どんなシチュエーションでも活躍してくれるウインターパンツです。

キルティング加工が施された着脱可能な保温インナーが標準装備されています。

寒い時期は暖かく、インナーを外せば春夏のシーズンでも履けるので幅広い使い方が可能です。

太ももの後方部分にはファスナーで開閉できるベンチレーション機能も備わっています。

ファスナーを開けることで蒸れるような時期でも温度調節も可能。

オレンジ色のメッシュ素材がデザインのアクセントにもなりますね。

止水ファスナーになっているので雨水の侵入も防げます。

腰の後ろ部分はハイウエストになっていて、前傾姿勢になるようなライディングポジションでも背中が出てしまうこともありません。

両膝の部分はシャーリング加工が施され、脚の曲げ伸ばしがしやすく、プロテクターが入っていてもフィット感を高められます。

機能と見た目をバランス良く。たまには気軽なスタイルでアフリカツインを楽しむのも悪くないと思いますよ!

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】

ホンダライディングギアのお求めはこちら!

ライディングギアは、お近くのHonda二輪⾞正規取扱店でも購入できます。

さらに詳しい情報はこちらのホンダ『2020 A/W Web Catalog』をご覧ください。

また、一部の商品はこちらのオンラインショップからでも購入できます。

ホンダギアでレンタルツーリングを楽しもう!

HondaGO BIKE RENTALのレンタルラインアップはコチラから!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. 冬の福岡・博多をレンタルバイクで楽しむ、歴史&グルメツーリング

  2. ついに国内正式発表! 原付二種/125ccスポーツバイク『グロム』が新発売。価格と発売日も決定しました!【ホンダ2021新車ニュース/Honda GROM 編】

  3. NC750X <DCT>ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/NC750X Dual Clutch Transmission(2020)】

  4. 【志賀草津道路周辺のおすすめフォトスポット】CT125・ハンターカブのツーリング写真とともに紹介!(群馬県・長野県)

  5. スポーティ?それともカジュアル?『CBR250RR』にはどんなウェアがおすすめなの?【バイクウェアもホンダ流!/CBR250RR 編】

  6. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! 燃費とロングツーリング性能は?

  7. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  8. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いものって?

  9. レンタルバイクをはじめるのは『スマホ』や『ネット』で超カンタン! サクッと予約でツーリングへ!【HondaGO BIKE RENTALのはじめかた】

ホンダのレンタルバイク
  1. 関西エリアをバイクツーリングするならまずはココ!人気の『絶景ロ…

  2. 完全に突き抜けた! 新型『GB350』がこれまでの400ccクラスの常識を…

  3. 20馬力という英断。だからこそ『GB350』は他には真似できない境地に…

  4. ホンダの技術を『味わい』に集中させると、ここまでのバイクができ…

  5. 抜群の爽快感!一度はバイクで走りたい日本屈指の『絶景ツーリング…

  1. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  2. レンタルバイクで、ツインリンクもてぎへ全日本ロードレース選手権…

  3. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  4. 大型バイクで650ccって結局どうなの? CBR650Rって物足りない?【ホ…

  5. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

バイクレンタル会員登録