検索

ツーリング先でもう迷わない!スマホのオススメ「ナビアプリ」5選!【バイクライフ・ステップアップ講座/ナビアプリ 編】

はじめて走る場所はもちろん、ツーリングの行き方や道の進み方が分からない時に便利なのがスマートフォンの「ナビアプリ」ですよね。今回はバイクツーリングにオススメのスマホナビアプリをご紹介します。

バイクツーリングにおすすめのスマホナビアプリはこれ!

スマートフォンが普及したことで、便利で様々なアプリケーションがラインアップされてきましたが、バイクツーリングで最も便利なアプリといえば「スマホナビ」ではないでしょうか。

専用のカーナビやバイク用ナビももちろん便利ですが、価格が高額だったり収録されている地図が古くなったりすることもあり、一般的に無料で使えて最新の地図がいつでもどこでも見られるのであれば、やはりスマートフォンのナビアプリに軍配が上がってしまうでしょう。

いずれにしても、地図とにらめっこしながらツーリングしていた時代に比べると、技術の進化は本当にスゴイことですね。

スマホのナビは行きたい目的地を検索して数回タップすれば、あとは全て道案内してくれるので、ツーリング先で道に迷うことはまずないでしょう。

逆に言えば、道順が分からずにそれまで行くのを躊躇っていた場所でも、誰でも気軽にいけるようになったので、昔よりもツーリングの幅が広がったように思います。

今回はそんなバイクツーリングに便利なスマートフォンのナビアプリを厳選してご紹介します!

目的地を検索すれば1タップで道案内「Google Map」

Web検索エンジン最大手のGoogleが、PCおよびモバイル向けに提供している「Google Map」のスマホアプリ版。

無料で使えるインターネット地図の圧倒的なシェアを誇っているだけあって、使いやすさはナンバーワンといっても過言ではありません。

その利便性は何と言っても、目的地を検索して経路ボタンを押せば1タップで道案内までしてくれるナビゲーション機能でしょう。

ツーリング先の土地勘がない場所でも、例えば「近くのガソリンスタンド」や「近くのコンビニ」など、音声入力にも対応してくれるので、ヘルメットやグローブをしたままでも目的地までの道案内が可能です。

ルート案内以外にも、目的地までの経路順が見られたり、Googleストリートビューと呼ばれる3Dカメラで撮影されたリアル画像をチェックできたりと、至れり尽くせりのナビアプリになっています。

しかし、バイク用に考案されていたり、純粋なカーナビアプリでも無いので、目的地までのルート設定がやや直線的だったり、えっ?こんな道を選ぶの…?と思うような極端な道まで案内することが稀にあったりもしますが、それもツーリングの醍醐味と思えばご愛嬌。

ダウンロードやアプリの利用は全て無料で使えますし、目的地までの経路も「クルマ&バイク」「電車」「徒歩」「タクシー」などを切り替えて表示してくれるので、インストールしておけばバイクツーリングに限らず頼もしいナビアプリになってくれます。

開発元 Google LLC
アプリ名 Google Map
対応OS iOS12.0以降/Android5.0以上
音声案内 あり
オフライン機能
利用料金 無料

バイクでも使いやすい無料で使える本格スマホカーナビ「Yahoo!カーナビ」

ソフトバンク社のYahoo!が提供しているナビゲーションアプリが「Yahoo!カーナビ」です。

アプリ名に“カーナビ”と入っているだけあって、アプリの使い勝手はまさにカーナビそのものと言えるほど利便性に優れています。

通常のルート検索に加えて、VICSなどの交通状況が反映された「渋滞回避ルート」や「オススメルート」「迂回ルート」などが選べるようになっており、用途に合わせてルートを変更できるようになっています。

また「高速道路優先」や「一般道優先」などの経路も選ぶことができ、下道ツーリングだけしたい時などでも一般ルートを案内してくれます。

更に設定画面で細かい設定ができるようになっていて、例えば、広い道を優先的に案内するようにしたり、オービスや標識なども知らせてくれる機能、ETCの利用の有無などが細かく選べるようになっています。

基本的にはクルマを対象としたナビアプリではありますが、バイクの利用でも頼もしいアプリになってくれます。

開発元 ヤフージャパン(Yahoo! JAPAN)
アプリ名 Yahoo!カーナビ
対応OS iOS12.0以降/Android5.0以上
音声案内 あり
オフライン機能
利用料金 ダウンロード無料(アプリ内課金あり)

原付ナビにも対応!ライダーのために開発された「ツーリングサポーター by NAVITIME」

カーナビゲーションのソフトなどを開発しているナビタイムジャパンが提供しているスマートフォンアプリが「ツーリングサポーター by NAVITIME」です。

このアプリがスゴイのはバイクツーリング専用に開発されたナビゲーションアプリになっていることです。

全国350箇所を超えるNAVITIMEオススメのツーリングコースが収録されていたり、ツーリングで訪れたい「景観優先ルート」が選べたり、バイクの駐車に便利な「二輪駐車場」が探せたりと、バイクでの利用に特化した機能が満載になっています。

他にも、バイクで走行中に見やすいように文字や案内表示が大きいデザインになっていたり、30km/h制限や二段階右折、125cc以下走行禁止道路の回避などができる「原付バイクモード」などが備わっているなど、あらゆるライダーに便利なナビアプリになっています。

この「ツーリングサポーター by NAVITIME」を利用するには月額利用料がかかりますが、クルマ専用のナビゲーションアプリが多い中、バイクツーリング専用に開発されているだけあってライダーにとって嬉しい機能が満載。

バイクでのナビゲーションアプリの利用頻度が多い方には特にオススメのアプリになっています。

開発元 NAVITIME JAPAN CO., LTD.
アプリ名 ツーリングサポーター by NAVITIME
対応OS iOS12.0以降/Android5.0以上
音声案内 あり
オフライン機能 あり
利用料金 ダウンロード無料(アプリ内課金あり)

電波の届かない場所でも使えるオフライン機能「MAPS.ME」

ツーリングをしていると通信電波が届かないエリアを走ることになってしまうことは度々あることかもしれません。

そんな時に便利なナビアプリが、必要な区域の地図データをダウンロードしておくことで、オフラインでもナビゲーションができるのが「MAPS.ME」です。

また、電波がある場所でも、オフライン地図を積極的に利用することで、モバイルデータ通信の節約に大きく貢献してくれたりもします。

地図をダウンロードしたら、出発地点と到着地点を指定すればナビゲーションを開始してくれます。クルマ&バイク、徒歩、自転車などによるルート別の検索も可能です。

必要な地域ごとに地図データをダウンロードする手間はありますが、日本全体のデータを一括ダウンロードすることも可能なので、モバイル通信を節約したい人や、電波の届きにくい山奥などへのツーリングに行くことが多いライダーにオススメのナビアプリになっています。

開発元 MAPS.ME (CYPRUS) LTD
アプリ名 MAPS.ME(マップス.ミー)
対応OS iOS12.0以降/Android5.0以上
音声案内 あり
オフライン機能 あり(地図ダウンロード)
利用料金 ダウンロード無料(アプリ内課金あり・広告表示あり)

アプリのインストール不要! iPhoneに最初から入っている「マップ」

現在のスマートフォンは、Apple社の提供するiPhone端末と、Google社が提供するAndroid端末がありますが、日本で半数近くのシェアを誇っているのはiPhoneシリーズでしょう。

そんなiPhoneシリーズには、アプリをインストールしなくてもナビゲーション機能が備わっている「マップ」アプリがあります。

先に紹介したGoogle MAP同様、クルマやバイク専用のナビアプリではありませんが、徒歩モードやタクシーモード、自転車モードや公共交通機関モードなどが選べる便利なアプリになっています。

特に2020年8月5日のバージョンアップでは、iPhone純正マップアプリに「Look Around」と呼ばれる新機能が追加され、3Dカメラで撮影された道路などを、実際の映像を見ながら進んでいけたりする機能が搭載されました。

常に最新版にアップデートされているので、バイクツーリングで使うと驚きの機能が備わっているかもしれません。

開発元 Apple
アプリ名 マップ
対応OS iOS9.0以降
音声案内 あり
オフライン機能
利用料金

いかがでしたか?

現在では便利なナビアプリがたくさんラインアップされていますが、今回ご紹介したアプリはバイクツーリングで特にオススメです。

ナビアプリに頼りすぎるのも良くありませんが、使用用途に合わせて使い分けると、よりスムーズにツーリングを楽しめると思います。

筆者は地図を使うツーリングが好きだったので出先で道を間違えてばかりしてきましたが、旅先で道に迷ってせっかくの時間をロストするよりも、ナビアプリのような“文明の利器”はありがたく使うべきなのかもしれませんね。

【文:岩瀬孝昌(外部ライター)】