検索

軽二輪クルーザーRebel250をドレスアップ&カスタマイズでもっと楽しく

レブル250カスタムイラスト

ホンダトップクラスの人気車種「Rebel 250(以下、レブル)」。

人気車種の宿命で「他人と被る」と言う声も少なくないと思いますが、同じバイクを愛する同志(仲間)だと思えばむしろ嬉しい状況です。

とは言え、
やっぱり自分の愛車は特別な一台でありたい、と思うことありますよね。

そんな時は純正アクセサリーカスタマイズパーツで、レブルを「自分だけのレブルに」グレードUP!させましょう。

小技を効かせたワンポイントパーツから、実用的な重装備まで、レブルには色々なアイテムが用意されています。
そこで今回は3つのシチュエーション別にオススメパーツをご紹介。ドレスアップの参考になれば幸いです。

それではいってみましょう!

 

chapter1:スタイリング重視

画像は2017年モデルのレブル 250

レブルのスタイリングに惚れたライダーなら、ドレスアップ目的でパーツを選ぶケースが多いのでは?
本来のイメージを崩すことなく、レブルのカッコ良さを引き出すパーツ選び、重要です。

 

フロントフォークブーツ&フロントフォークカバー

エンジンは黒。フレームも黒。マフラーも黒。ホイールも黒。
黒いパーツが多いレブル 250ですが、そうなるとフロントフォークのメッキ部分も黒で統一したくなるというもの。

このパーツを使えばボディ全体が黒で引き締まり、より精悍なスタイリングに生まれ変わります。

 

スペシャルメインシート(ブラウン)&パッセンジャーシート(ブラウン)

現代的でスマートなクルーザー・レブルの雰囲気をガラッと変えるブラウンカラーのスペシャルシート。
ダイヤモンドステッチ風の表面加工が施されたシートで高級感マシマシ。先に紹介したフロントフォークパーツ2種と組み合わせれば、トラディショナルなスタイリングにドレスアップできます。(ブラックカラーのスペシャルメインシートも有り。)

装着イメージ(フォークカバー・フォークブーツ・ブラウンシート前後)

ネオレトロっぽく仕上がりました。

カッコいいですね! ちなみにワタシ個人の趣味にドンピシャです。

 

chapter2:ツーリングメイン

イメージ画像

たっぷりツーリングを楽しみたくてレブルをチョイスしたライダーも多いでしょう。
軽量で快適なポジションと景色を楽しみながらのんびり走る姿が似合うレブルでのロングツーリング、遠くまで行ってみたいですね!

 

サドルバッグ(左右)&サドルバッグステー

このバッグ、タフで軽量なバリスティックナイロンを採用。登山リュックなどで有名なバッグでもお馴染みのハードな生地を使った本格派です。
防水インナーバッグも付属しているので雨でも大丈夫!
注)装着には専用のステー(サドルバッグステー)が必要です。

 

リアキャリア&バックレスト

レブルのリアシートは荷物が積みやすいとは言いにくい形状。積載性をUPさせるならキャリアも欲しいですね。
また、タンデムツーリングの予定があるならバッグレストの装着もオススメ。パッセンジャーのレブルに対する好感度もUP。
注)バックレスト装着には、リアキャリアが必要です。

 

メーターバイザー&ヘッドライトカウル

長距離を走ったり、高速道路などで身体への風当たりを多少軽減してくれる、こちらもツーリングの必需品。
「この大きさで大丈夫か?」と言われそうですが、あると無いとでは大違い。見た目は小さくても効果はデッカイのです。
コンセプトの異なる2種類が用意されてますので、好みに応じて選びましょう。

装着イメージ(サドルバッグ・リアキャリア・バックレストメーター・バイザー)

積載性がアップしただけでなく、タフな雰囲気が10倍くらいになったような気がします。
日本一周の旅にも行けそうですね。

 

chapter3:実用性重視の普段使い

イメージ画像

気軽に乗れるからこそ、普段使いを目的に購入されたライダーさんもいらっしゃいますよね。

通勤・通学や近所への買い物などで、もっと気軽に、もっと便利に使いたいレブル。
小技を活かして使い勝手を向上させてみましょう。

 

タンクパッド

タンクの傷つき防止用ですが、ニーグリップ性の向上や、デザインのアクセントにもなる優れもの。
レブルをガシガシ使うならバイクの顔であるフューエルタンクは大切にしたいものです。

 

アクセサリーソケット&イモビアラーム

スマホをはじめとしたデジタルガジェットの充電に必須。モバイルバッテリーを持ち歩く必要がなくなるのは本当に便利です。
イモビアラームは駐輪時のイタズラや盗難の抑止に効果を発揮。大切な愛車を護るために付けておきたいアクセサリーの一つ。
注)イモビアラームは別途、取付パーツが必要です。

 

アジャスタブルブレーキレバー

手の大きさや好みに合わせ、レバー位置を調整できる機構を持つレバー。標準装着品と比べて、遠くする方向に2段階、近づける方向に3段階の調整が可能です。
毎日乗るからこそ、操作性にこだわりたいライダーにはぴったりのアイテム。
見た目はほとんど変わりませんが、使い勝手はグーンと向上した「わかる人にはわかる」仕様になります。

 

chapter4:More customize

もっともっとレブルを楽しみたいなら、カスタマイズパーツをチョイス

純正アクセサリー以外にカスタマイズパーツも用意されています。社外パーツサプライヤーさんから発売されるマフラーやエンジンガードなど、魅力的なアイテム盛りだくさん。
詳しくはホンダモーターサイクルジャパン カスタマイズカタログWEBサイト でチェック。

 

もっとレブルが好きになる

レブル 250の良さは人それぞれに感じるところが違いますが「軽い」「足つきが良い」「扱いやすい」といった声をよく聞きます。

でもやっぱり目立つのは「カッコいい」「スタイルが気に入った」というルックス重視のコメント。

レブルは「SIMPLE(シンプル)」「RAW(未加工の素材)」をデザインコンセプトとしており、自由な発想でのカスタマイズを思い起こさせるスタイリングに仕上がっています。

レブル イメージイラスト〜レブル発表時(2017)の資料より〜

ノーマルのレブルもカッコいいですが、自分好みにカスタマイズされたレブルはもっと素敵。

レブルオーナーはもちろん、レブルの購入を検討中のライダーさんも、純正アクセサリーや各種カスタマイズパーツと睨めっこして、世界に一台だけのレブルを作り上げてみましょう!

 

購入を検討中なら、『純正アクセサリーシミュレーター・セルフ見積もり』


車体とアクセサリーを自由に組み合わせて、仕上がりのイメージCGと見積もりを作ることができます。
早速、シミュレーターを起動させてみる

 

カスタマイズパーツを探すなら、『カスタマイズカタログWEBサイト』


アフターパーツメーカーさんのアイテムが車種ごとに並ぶサイトです。2022年2月現在で22アイテムを掲載中。
早速、カスタマイズパーツを検討してみる

スペック、装備を確認するなら、『Rebel 250製品情報ページ』


早速、Rebel 250製品情報ページを見てみる

【文/井上修示(外部ライター)】

関連記事もご覧ください!

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事