度量が違う。今あるバイクの中で『CB400SF』の守備範囲の広さは世界一!【ホンダの道は一日にして成らず 第2回/Honda CB400 SUPER FOUR 後編】

守備範囲が広いことは『バイクの自由』に直結する

乗り手の年齢も性別も、運転スキルさえ問わない。

どんなライダーでも受け入れる度量の広さで言ったら、ホンダCB400SF(CB400 SUPER FOUR)の右に出るバイクは多くないでしょう。

【中編】からの続きです

しかも、ただ『受け入れるだけ』じゃない。

CB400SFはきちんと高い満足と納得をライダーに感じさせてくれます。

この守備範囲の広さは、ある意味どんなスペック上の高性能よりも素晴らしいものです。

高速道路でのフィーリングについては、先にお伝えした通りですが、CB400SFのスゴさはまだまだそんなもんじゃありません。

その理由は、むしろ高速道路を降りてからのほうが本領だからです。

穏やかな空気の中で『CB400SF』は黒子に徹する

例えば静謐な古き良き日本の街並みの中を走る時。

その時のCB400SFは限りなく存在を感じさせません。

気になる場所でちょっとバイクを停めるときは、狙い通りにスウッと優しく止まる。

扱いやすいブレーキが威力を発揮するのは、何もスポーティに走るシチュエーションだけじゃないんです。

スピードを出さず、ゆっくりと走る。

バイクは低速走行時が最も不安定になる乗り物ですけど、CB400SFは優しくありつつ、不安なく発進します。

狭い路地でのタイトな左折も、先にも言った狙い通りに止まれるブレーキも。

ライダーがバイクから意識を離して、外の世界に興味を向ける時に、それを完璧にサポートする。

旅を楽しむための『黒子』として、最上級の仕事をこなしてくれます。

バイクでの旅は本質的に『自由なもの』ですよね。

でもその中で、相棒たるバイクに気を使ってばかりじゃ楽しめません。

つまり、ゆっくり走る時のサポート力も、CB400SFは一流のレベルにあるっていうことです。

もちろんそれは、高原の道をじっくり流す時も同じ。

時速40~60kmの速度で、大自然の中に溶け込むようなシチュエーション。

そういう時もこのバイクは、最高の解放感を乗り手に満喫させてくれます。

ライダーの感じる自由を邪魔しない。CB400SFはその点において徹底しています。

ワインディングでの『CB400SF』は別の顔

ただし『のんびりだけ』じゃないのがホンダの傑作、CB400SFです。

ワインディングに持ち込めば、それまでの控え目な姿勢から一変。

大型スポーツバイクに乗り慣れたライダーでさえも舌を巻くようなパフォーマンスを披露するんです!

真に本当に恐るべきは、そこにあります。

スタイリングは純粋なネイキッドで、スポーティなフルカウルを纏っている訳でもないのに、スポーティさを売り物にするバイクに匹敵、もしくはそれ以上のスポーティさで走れてしまうこと。

街中や旅で感じた『狙い通りに操れる』という感覚が、ワインディングのコーナーでもそのまま変わらない……

バイクを走らせる醍醐味の大きなもののひとつに『操る楽しみ』というものがあります。

その気になれば時速100kmなんて軽く超えてしまう動力性能を持った『バイク』という乗り物をイメージ通りに操ること。そして、その中で風を切って駆け抜けること。

ツーリングや街乗りでも快適なのに、スポーティなシーンでも、完璧な仕事をこなす。

守備範囲が広すぎて、逆に呆れるほどです。

CB400SFは深くバイクを寝かせていくようなシーンでも、前後サスがきっちり路面をトレースしていることが感じられます。

走り方としては、前後輪のどちらかに頼るような乗り方ではなく、前後タイヤに均等に路面を捉えさせるような軽量級バイクに近いイメージ。

バイクを走らせる基本に忠実に動かせば、どこまでもCB400SFが応えてくる。

底が知れない、とはこのことです。

CB400SFのようなバイクは他にない

何かに特化すれば、何かを失う。

バイクっていう乗り物には、そういう側面が存在します。だけどそれは、ホンダのCB400シリーズだけには当てはまりません。

万能、なんていう言葉じゃ到底足りない。

ホンダというメーカーが28年もの歳月をかけて、ひとつのバイクを熟成させると、こういう奇跡が生まれるんです。

400ccっていう、日本独自の排気量は世界的にみると中途半端に感じられることでしょう。

でも世界中のどんなライダーも、CB400SFっていうバイクに乗る機会があれば、きっと感動することになる。

すべてのバイク乗りを自由に解き放って、あらゆる夢を叶えてくれる。

ホンダCB400SFって、やっぱり他に並ぶものがない、真の傑作だと思います!

【文:北岡博樹(外部ライター)】

CB400ってどんなバイク? 是非【前編/中編】もお楽しみくださいね!
ホンダ『CB400 SUPER FOUR』に乗ってみたいなら!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. VFR800Fってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda VFR800F(2019)】

  2. 原付二種/125ccスクーターのホンダ『PCX』シリーズと、PCX150から進化した『PCX160』が新発売!新型の価格と発売日は?

  3. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【ホンダの道は一日にして成らず 第3回/Honda CBR400R 前編】

  4. レブル1100がコスパ高すぎっ! こんな大型バイクが110万円~で買えるなんて!?【ホンダの道は一日にして成らず 第8回/Honda Rebel 1100<DCT> 前編】

  5. ホンダの原付二種スクーターを検討中なら『ディオ110』にじっくり乗ってチェックしたい10のコト【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Honda Dio110(2021)】

  6. ホンダの大型バイク『CB1300SF』と『CB1300SB』シリーズの新型2021年モデルをホームページで先行公開!スロットル・バイ・ワイヤ採用の他、大きく進化します!【Honda CB1300 SUPER FOUR/CB1300 SUPER SUPER BOL D’OR(2021)】

  7. 達人級ツーリングライダーが選ぶ『旅の道具』として、ここまで特化したバイクは珍しい【ホンダの道は一日にして成らず 第9回/Honda VFR800X 後編】

  8. 峠もツーリングも街乗りも1台で完璧な大型バイク。新型『X-ADV』の万能さが逆に恐ろしい……【ホンダの道は一日にして成らず 第10回/Honda X-ADV(2021)後編】

  9. Hondaのアドベンチャーバイクはこんなにあるぞ!

ホンダのレンタルバイク
  1. 時速50kmで『CB1100 EX』ほど気分よく走れる大型バイクは他にない【…

  2. CB1100 EXの走りは、他の『CB』と狙ってるものがちょっと違う?【ホ…

  3. CB1100 EXっていうバイクは『一生持っていたい』と思える愛車になる…

  4. 空冷4気筒。いま『CB1100 EX』というバイクが新車で買えるのは奇跡…

  5. レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「街中走行篇」…

  1. レンタルバイクを楽しむために、自前で揃えておいたほうが良いもの…

  2. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  3. はじめてホンダのカブシリーズに乗るとき注意するべき3つのポイント

  4. レンタルバイクのコスパって? 料金が安いことも大事だけれど……

  5. レンタルバイク派におすすめ! 『こういうバッグ』があるとすごく快…

バイクレンタル会員登録