レブル250って実はすごくホンダらしいバイク! 走りの中に本質がある!【ホンダの道は一日にして成らず 第15回/Honda Rebel 250 中編】

他にはないスタイルはレブル250(Rebel 250)の最大の魅力。だけどバイクはやっぱり乗って、走って楽しむもの。じゃあ、実際に乗ってみたらレブル250はどう感じるバイクなの?

クルーザーだけど『ホンダのバイク』らしさがある!

オリジナリティ高めで、ひと目惚れしてもおかしくないレブル250(Rebel 250)のスタイリング。

そこに関しては【前編】でお伝えした通りです。

【前編】はこちらです

だけど、走らせてみるとどうなの?っていう部分も気になるところ。

一般的に『クルーザー』っていうジャンルは、伝統的なスタイリングの様式美を踏襲すると、走行のパフォーマンスがある程度犠牲になりがちです

でも、そういう部分でもやっぱりレブル250はちょっと違う。

きちんと『ホンダのバイク』として仕上がっています。

バイク初心者にとっても『運転しやすい』のがレブル250

まず大前提として!

レブル250は今、日本国内で買える250cc以上のバイクの中で、最上級に『安心感がある』バイクです。

その最大の要因はシート高690mmっていう『足つき性』の良さ。

数字で言われてもイメージしにくいかもしれませんけれど、690mmっていうのは平均的な50ccの原付バイクよりも低い数値なんです。

一般的な体格の人であれば、男女を問わずレブル250の足つき性に不安を感じることはまず無いでしょう。

しかも、レブル250はエンジンのキャラクターが低速~中速域で力強い特性なので、ストップ&ゴーが続く街中でも運転がイージーなんです。

バイクっていうのは2輪っていう性質上、どうしても低速走行時が不安定になりますが、レブル250はその力強さもあって安心感を感じやすい。

それに排気量250ccながら、単気筒エンジンなのでスロットルを大きく開ければ、路面を蹴り出すような加速感を楽しむことができるんです!

そして、レブル250がいちばん『クルーザー』らしくないのがコーナリング!

ファットで幅広の前後タイヤなので、バイクを寝かせていく動きそのものは穏やかなんですが、バンク角を深くしていっても安心感が消えません。

ちなみに、なのですが『レブル250』には同じ車体で約2倍の排気量を持つ『レブル500』もラインアップされていることをご存じでしょうか?

Rebel 500

 

レブル500は250に比べて、パワーとしては20馬力もアップしていて、重量は約20kg重くなります。

それで何が言いたいかって言うと、レブル250の車体は『500ccエンジンのパワー』も『車両重量』も受け止められるように強く設計されているっていうこと。

つまり、レブル250の走りにはものすごく余裕があるんです。

だから『レブル250』はコーナーも楽しい!

もちろん、純粋なロードスポーツに比べればハンドリングの切れ味やバンク角の深さは一歩譲ります。

だけどレブル250での走りは、ちゃんとバイクとして『操ることを楽しむ』ことができる。

絶対的なスピードじゃない部分で、きちんとスポーティに仕上げられているんです。

このあたりはクルーザーのスタイルだけど、やっぱりホンダ!

バイク初心者の人には安心感を。乗り慣れた人には操る楽しみを。

レブル250っていうバイクはクルーザーだけど、クルーザーじゃない。

その走りの中には『ホンダらしさ』がいっぱい詰まっているんです!

【文:北岡博樹(外部ライター)】

NEXTGO! レブル250は街乗り限定? ツーリングは楽しめるのか?

百聞は一見にしかず。レンタルバイクで『Rebel 250』に乗ってみる!

HondaGO BIKE RENTALならリーズナブルに体感!料金など詳しくコチラから

 

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら

関連記事

  1. たった4枚の紙が「CBR1000RR-R」に!無料でダウンロードできる『ペーパークラフト』でおうち時間を楽しもう!【ペーパークラフト/CBR1000RR-R 編】

  2. 最強ツーリングバイクがタンデム快適性を強化! 新型『ゴールドウイング』シリーズの価格と発売日は?【ホンダ2021新車ニュース/Honda Gold Wing Series 編】

  3. ホンダ『X-ADV』がキャラ濃すぎっ! これってバイク? それともスクーターなの?【ホンダの道は一日にして成らず 第5回/Honda X-ADV 前編】

  4. 日本のツーリングでは『NC750X』が最適解のひとつになる!【ホンダの道は一日にして成らず 第4回/Honda NC750X 前編】

  5. EIMCA 2021(ミラノショー)が開幕!ニューモデルが登場!!

  6. 進化を続ける125ccバイク!『グロム』が原付二種スポーツを代表する存在になったワケ【原付二種で楽しむホンダのバイク! 第2回/Honda GROM 前編】

  7. クラスを超えすぎ! 原付二種/125ccスクーター新型『PCX』はどう変わった? 歴代モデルと比較します!【新型バイク直感インプレ!/ Honda PCX 前編】

  8. X-ADVってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説!【ホンダバイク資料室/Honda X-ADV(2019)】

  9. いちばん大事なのは安心感とおもしろさ!『ADV150』のキャンプツーリングって楽しいの?【ホンダのバイクでキャンプしてみた!/Honda ADV150 後編】

ホンダのレンタルバイク
  1. ホンダライダーが大活躍している【 MFJ全日本ロードレース選手権っ…

  2. 大型プレミアムツアラー『Gold Wing 』シリーズにNEWカラー登場!【…

  3. Gold Wingってどうやって作られてるの?製造現場をお見せしちゃいま…

  4. 衝撃のデビューから30年 ファイヤーブレード最新作「CBR1000RR-R SP…

  5. EIMCA 2021(ミラノショー)が開幕!ニューモデルが登場!!

  1. ホンダの『CT125・ハンターカブ』で1000kmツーリングをしてみた! …

  2. 全然お金がかからない!? ホンダ『CT125・ハンターカブ』が持つ2つの…

  3. そもそもどうして?バイクメーカーの『ホンダ』がレンタルバイクを…

  4. 250ccには真似できない! 400ccだから成立させられた優しいバイク【…

  5. ちょっと遠くの行きたい場所にも気軽に行ける楽しさ。多摩・陶芸体…

バイクレンタル会員登録