HONDA

【乗った瞬間に恋に落ちた】 私がHAWK 11(ホーク 11)に決めた理由。

はじめまして。

バイクタレントの下川原リサです。

私がバイクに乗り始めたきっかけは父。小さい時からタンデムをしてもらったり、バイクの楽しさや気持ち良さを知り19歳でバイクの免許を取得しました。

バイクに乗り始めて約10年。

今ではバイクの魅力にどっぷりと浸かり、普段の足としてはもちろん、オフロードやサーキット走行、日本一周などの1人旅、レース観戦まで全力でバイクライフを楽しんでいます。

なぜ、そんな私がこのHAWK 11のサイトで記事を書かせて頂いているのかと言うと……

実はこの度、HAWK 11の購入を決めました!

そこで私とHAWK 11との出会い・購入に至った経緯についてお話しさせて頂こうかと思います。

 

実車を見たら、乗りたくなった

バイクに乗り始めて10年経って私なりに感じるのは、年月が経つにつれ、ライフスタイルも変わっていく中でバイクの乗り方や、関わり方も変わっていくのだなと言うこと。

今の私は『ロングツーリングに無理無く行けて、積載もしっかりできるようなバイク』が新たに欲しいなと、ここ2年間くらい考えていたのです。

 

お仕事柄、様々なバイクに乗らせて頂く機会があるのですが、あれこれ目移りをしました。

 

“あのバイクは積載ができるな。”

“このバイクはポジションが楽だな。”

“これは少し取り回しが重いかな、、、”

 

色々な事を悩んでいましたが、モーターサイクルショーで展示されたHAWK 11を見て

“とにかく見た目がかっこいい!、しかも私でも乗れそう!”と一気に興味が湧きました。

そこで、私が出演しているバイク番組、モトライズのスタッフさんに

”番組でHAWK 11の試乗会があったら、ぜひ私に参加させて欲しい! ”と即、お願いをしたのです。

 

興奮が止まらなかった

試乗会当日のこと。

またがった瞬間は今でも忘れません。

運命の人と出会った時に感じるといわれる“ビビビッ”というものを感じたのです。

こんなことは、今までのバイクライフで初めてです。

普段から様々なバイクに乗らせていただく中で、安全に走る為の必要最低限の緊張感というのはあっても、特別に緊張する事ってほとんど無いのですが……HAWK 11は出発してから、帰ってくるまでドキドキが止まりませんでした。

そして思い返すと自分でも引くぐらいに走行中はずっとニヤニヤしていました。(笑)

初デートで緊張しているような、まさに恋をした。と言う感覚です。

 

最初にお伝えした様に、これまでは条件を頭で考えて決める事ばかりでした。

その『考えている時間』が楽しいというのもわかりますし、やはり所有する上で自分のこだわりや譲れない部分があるというのは大事だと思います。

ですが、HAWK 11にまたがった瞬間、そんな条件と言うものは頭から一気に消え去り

“このバイクだ!”と心が震えたのです。

これは運命の出会いだと思い即購入を決めました。

 

そんな風に感じさせてくれるバイクと出会えたのは、本当に幸運なことだと思います。

 

 10年、20年と長く乗っていきたい

もちろん、その感覚だけでなく、乗り心地というのも気に入ったポイントです。

ポジションからエンジンのフィーリング、デザイン、全てが自分にマッチしたからこその“ビビビッ”と言う感覚だったのだと思います。

見た目のゴージャスさと大人な雰囲気のHAWK 11を見て、カフェツーリングや休日にちょっとワインディングを、と言うイメージがあると思うのですが、

私が欲しいと感じていた、今の私のライフスタイルに合った、

“ロングツーリングに無理無く行けて、積載もしっかりできるようなバイク”

と言うのも、HAWK 11に実際に乗ってみて、いけるんじゃない?と感じているところです。

 

たくさん乗って、HAWK 11の魅力や、隠れた楽しさと言うのも少しずつ知っていけたら良いなと思っています。

 

さぁ、もうまもなく納車です!今から楽しみで仕方がありません!

 

そんな私とHAWK 11の今後のバイクライフもこちらのスペシャルサイトで綴っていく予定ですので、ぜひ見守っていただけたら嬉しいです。

【文/下川原リサ】

一覧へ戻る

PICKUP