HONDA

HAWK 11(ホーク 11)のコーナリングをもっと楽しむ! おすすめ『ホールド系』カスタムパーツを厳選!【HAWK 11を、深める / カスタマイズ①】

ロケットカウルから受ける印象を完全に裏切るHAWK 11の走り。そのコーナリングパフォーマンスをさらにワンランク上のものにするカスタマイズパーツを紹介します。

HAWK 11(ホーク 11)のコーナリングにさらなる安心感を

『THE WINDING SPORTS』を名乗るHAWK 11は、ロケットカウルがもたらすインパクトも絶大だけれど、乗ってみると、その走りが完全に『最新のオンロードスポーツ』として整えられていることがわかる。

そこで、バイクでスポーティな走りを味わうことを愛するライダーならば『もっとHAWK 11の走りを楽しみたい』と欲が出ることだろう。

その願いを叶えるカスタマイズパーツ。ちょっとマニアックに思えるかもしれないが、今回はそれを紹介したい。

走りに特化させるならば……

HAWK 11の走りは基本的にノーマルのままでも何ら不満を感じることはないのだけれども『バイクを乗り継いできた大人のため』に仕上げられたパッケージには“Hondaの優しさ”も随所に仕込まれている。

純粋にスポーツバイクだけれども、乗り手が疲れてしまうことのないように配慮もされているのだ。

それを感じるディテールのひとつがステップバーで、ノーマルのHAWK 11にはラバータイプのものが採用されている。

これは大排気量2気筒エンジンがもたらすパルス感を適度にコントロールしてライダーへ伝えるための配慮だし、実際のところ、ある程度の距離を走ってライダーに疲労がたまってくると、路面からの突き上げを緩和してくれるラバーステップは快適さにも大きく影響する。

けれど、もっと……

もっと純粋にHAWK 11の走りを楽しみたいならば、欲しくなるのは『コレ』だろう。

デイトナ PREMIUM ZONE ライダーステップ (HAWK 11)

金属製のステップバー。

走りを愛するご同輩方であればご理解いただけると思うが、結局のところ、バイクでのコーナリングは『いかに下半身で車体をホールドできるか』に尽きる。それをサポートしてくれる金属製のステップバーは、HAWK 11の『走り』を突き詰めるならば、なによりも優先して試してみて欲しいパーツだ。

デイトナ PREMIUM ZONE ライダーステップ(写真左)/モリワキ ステップバーキット D8 70mm(写真右)

 

カスタマイズパーツではデイトナ製とモリワキ製の2タイプをラインアップ。ワンランク上の走りが手に入るだけでなく、機能美も感じることができるので、走りにこだわるライダーは参考にしてみてほしい。

▶▶▶HAWK 11アクセサリー&カスタマイズパーツはこちら 

 

見た目は地味だが侮れない

そして、もうひとつ『車体のホールド』という部分においておすすめしておきたいパーツがある。

それが『プロト PRINT ニーパッド スポーツ』だ。

基本的には『タンクに張り付けるだけ』だが、こういったニーパッドは昨今のレースシーンでも多くの実績があり、スポーティなライディングポジションを取った時に、より強力に車体をホールドする手助けをしてくれる。見た目は地味だが、効果は絶大。先のステップバーと併用することで、さらに安心感のあるコーナリングを堪能できることは間違いない。

▶▶▶HAWK 11純正アクセサリー&カスタマイズパーツはこちら 

 

『プロト PRINT ニーパッド スポーツ』は装着も手軽なうえに、価格的にもリーズナブル。HAWK 11の走りを変えるカスタマイズの第一歩としてもおすすめしたいパーツだ。

ちなみに“車体のホールド”なんていうと『バイクが上手い人の話』として、すこしマニアックに聞こえるかもしれないけれど、実際はバイクの運転に自信が無い人ほど大きな恩恵を受け取ることができる。

もっとイージーに、もっと安心してHAWK 11の走りを楽しむ。

そのためにも、これら『ステップバー』と『ニーパッド』は一度試してみて欲しいパーツだ。

【文/北岡博樹(外部ライター)】

一覧へ戻る

PICKUP