HONDA

HAWK 11 (ホーク 11)に似合うコーディネート マックスフリッツ本店でインタビュー!

皆さんは、2022年春のモーターサイクルショーには行かれましたか?
3年ぶりの開催ということもあり、感染対策による規模の縮小は多少あったものの、待ちにまった開催に会場は大きな盛り上がりでした!
私も会場にいましたが、キラキラした目で楽しんでる皆さんを見たらとっても嬉しかったです。

そんな中、Hondaブースで一際光を放って、人が集中、びっくりするくらい話題を集めていた一台があるんです!

モーターサイクルショーでお披露目されて
ここ最近どんどん情報解禁が進んできたら、さらに注目が集まっている『HAWK 11』!
目をひくロケットカウルが特徴的で、なんだか懐かしいような新しいような、とにかくイケメンなデザインが最高にカッコいいです。
加えて国内専用モデルということで益々魅力いっぱいの一台なんです!

いよいよ9月に発売!ということで…
今回は『HAWK 11に似合うコーディネート』をご紹介しちゃいます♪

マックスフリッツ本店店長の佐田やすよさんに
その場でHAWK 11 (ホーク 11)に似合うコーディネートをして頂きました!

2022年7月15日~31日までマックスフリッツ本店にHAWK 11が展示してあったんです!
皆さんご存じでしたでしょうか……
これは行くしかない!ということで行って来ました。

実は、私もマックスフリッツさんのパンツを愛用している一人です!ビックリするくらいスタイルがよく見えるんですよ。


佐田さんにコーディネートだけじゃなく、かっこよく着こなすポイントやアドバイスも聞いてきちゃいました!
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

佐田さんから見たHAWK 11 (ホーク 11)のイメージ

佐田さん『今、全体的にネオクラシックブームですよね!
HAWK 11って古い感じもしつつ新しい感じのイメージ。
若い人たちには新しいバイクとして、新鮮なデザインのバイクに見られてる気がしますね。』


『とても反応も良くて、あのバイク何?って見た瞬間に興味がわくバイクだと思います!
ベテランライダーさんには憧れのカフェレーサーみたいな感じの目線で見てるのかなって思いました。
世代で見てる目線が違うという特徴があると思います。』

気になるHAWK 11 (ホーク 11)に似合うコーディネートがこちら!

さすが!かっこいい~♡
やっぱりプロに
全身コーディネートしてもらうと全然違いますね!

『鉄板でかっこいい、黒ベース!』
そこにちょっと色を入れたりすると、真っ黒のかっこ良さがやわらかくなってオシャレ感も上がるので、厳ついライダーじゃなくなります。

 

●MFB-2438 レザーパッチシングルライダース

こちらのライダースは秋冬の新商品になります。
※9月中旬発売予定です!

 

MFP-2417 ヒートガードハーフレザーパンツ

MFA-2410 モトジョッキーブーツ

 

店内にもHAWK 11に似合うコーディネートが展示されていました!

【 商品情報 】
写真左…メンズ
MFB-2252 ゴートシングルライダース
MFP-2363 ダブルニーデザートパンツ
写真右…レディース
MFB-2123 シープレザージャケット
MFP-2417 ヒートガードハーフレザーパンツ
MFA-2410 モトジョッキーブーツ

こちらはカッコいいんだけど、ちょっと優しさもあるジェントルな大人のライダーというイメージですね。

どちらもHAWK 11 のカラーを邪魔せず、バイクも本人も映えるコーディネートです!

バイクと一緒に撮影したときにかっこよくてオシャレで、周りから見ても…「おっ!いいな~あのバイク!」
「おっ!乗ってる人もカッコいいな~」って言って貰えるようなコーデです。


おしゃれにも気を遣ってバイクに乗っている方って、バイク乗りから見ても、バイクに乗っていない人から見ても目を引く格好良さを感じますよね。

 マックスフリッツについて教えてください!

佐田さん『コンセプトは「バイク乗りの普段着を提案する」普段使いもできるバイクウェアというのがべースです。
一般アパレルのデザインで働いていた佐藤さん(創業者)が当時かっこいいバイクウェアが中々なかったので、自分で作ったバイクウェアを着ていたら

「なにそれカッコいい!俺にも売ってくれよ!」というところからブランドを立ち上げました。創業22年になります!』


佐田さん『アパレルをしっかり勉強をして、古い歴史から理解している人が作っているウェアなのでベースがしっかりしています。
見た目だけの拘りではなく、機能だったりとか、洋服のルーツを知っている人が作っているので見かけ倒しじゃないデザイン。
そういうところが全部盛り込まれてるので、洋服が好きなお客さまが見るとすぐに分かってくれますね。』

このジャケットいいな~改めて見に来よう(笑)

佐田さん『フィット感とか、他のウェアには無いパターンの良さっていうのがマックスフリッツの強みです。
吊したときよりも、着たほうが良さがよく分かります。 』

マックスフリッツではどんなお客さまのご来店が多いですか?

佐田さん『コロナ前まで、マックスフリッツのイメージはちょっと年齢層が高めで若い人は高くてなかなか手が出せないイメージがあったり
昔から引き継がれたデザインが多くて、流行のデザインではないイメージがあったんです。
若い人が好むようなスポーツバイクに似合うデザインが無かったり…年齢層的には、若くても30代後半くらいの方でした。』

佐田さん『でも最近は20代の子が買いに来てくれるんです!
これってやっぱりネオクラシックブームがきているんだな~って感じますね。

排気量関係なしに、純粋にバイクが好きでその子達が乗りたいバイクをライフスタイルに取り入れている。
昔とは全く違うバイクとの接し方をしているお客さまが多くて
「普段着としても着れて、街にも溶け込むファッション」という点でマックスフリッツを調べて来てくださるお客さまが増えました。』

佐田さん『SNSやYouTubeみました!というお客様も増えて
若い人の口コミやSNS、YouTubeという新しい広がり方の凄さを感じています!
ただ、YouTubeの古い動画をみて来店してくださる方もいて、その商品が無いこともありますね~…。
ネオクラシックブームでマックスフリッツの街に溶け込むウェアを選びに来るお客さんからみても、「HAWK 11は街に溶け込むバイク」だと思いますよ。』

かっこよく見える為のアドバイスやポイントを教えて下さい

佐田さん『ズバリ!「オーバーサイズを着ないこと!」
みんな体系を隠す為に大きいサイズを着てしまう方が多いんですよね…パンツとかをダボダボに着てしまったりとか…多少お腹が苦しくてもタイト目に着る!
マックスフリッツの製品は着れば着るほど馴染んでくるので、一つ下のサイズを着てもらって、ギリギリ入ります…
ちょっと苦しくてもボタンが閉まればそっちにしてください!っていってます(笑)

あまりに苦しくて、ツーリングが辛くなってしまったりするのも困るのでライディングに支障がない程度でオススメはしますが…
でも、スタイルアップにはちょっとタイト目に着るのがオススメですね。
特に革ジャンは、ピタッとしてるくらいフィットしている方がカッコいいです!そこから自分の体に馴染ませたほうがいいです。
タイトフィットに!オーバーサイズに着ないこと!がポイントです。』

今回、素敵なコーディネートをして頂きお話をお伺いして、改めて店舗に行くことの大切さを感じました!
プロの目線で自分にあったサイズのフィット感やコーデをしてもらうことで、格段に魅せかたが変わります。
特に、パンツはぜひ試着してスタイルアップを実感して欲しいです!

皆さんもぜひ、マックスフリッツ本店で
自分に似合うコーディネートを相談しに行ってみてくださいね♪

 

【 マックスフリッツ本店 】
営業時間:11時~19時

住所:〒124-0005 東京都葛飾区宝町1-1-21
電話番号:03-5671-6335
定休日:水曜・第二木曜
マックスフリッツHP

【 文/大関さおり(外部ライター)】

一覧へ戻る

PICKUP