検索

仲間とのツーリングに不安がある方へ【Safety】

どうも、できるニャンだニャ。

今まで紹介したツーリングアドバイスは大体2台ぐらいの台数で紹介してきたけど、もっと大勢でツーリングを楽しみたいライダーもいるんじゃないかニャ?

でも「複数で走ったことがなくて不安」「はぐれてしまったらどうしよう?」「先導って何をすればいいの?」など不安もあるんじゃないかニャ?

そんなあなたにこの動画を見てもらいたいニャ!

出発前には必ずブリーフィング

大切なことは参加者同士で、走行ルートと休憩場所、給油ポイントや走行する順番などの事前の確認だニャ。
メンバーにツーリングプランを共有すれば、連帯感と楽しさがぐっと増すニャ!

複数台ツーリングの場合はインカムの装着もおススメだニャ。

 

集団での走行時は千鳥走行

前を走るライダーのミラーに自分の姿が映るよう、距離を取り、互い違いに走行することを「千鳥走行」というニャ。

これは前回の「レーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた街中篇」でも紹介した走行方法と同じだニャ。

千鳥走行で走行することによって、万が一のアクシデントの時でも多重事故を回避しやすくなるんだニャ。

 

目的地と休憩場所が最も大切

長くても1時間に一回は休憩を入れることが大切ニャ。
事前に決めた目的地や休憩場所で観光しながらリフレッシュもできるニャ。

焦らず急がずツーリングを楽しむことが安全運転に繋がるニャ。

 

ワインディングロードになったら隊列は「一列」。そしてマイペースで走行

ワインディングロード(峠や山道でカーブが連続している道のこと)では、車線の真ん中を一列走行で車間距離を取って走行することが大事だニャ。

これは前回のレーシングライダーがちょこっとツーリングしてみた「ワインディングロード篇」でも紹介した走行方法と同じだニャ。

速いライダーが先に行ってしまっても事前に決めた休憩場所や目的地で合流すれば大丈夫ニャ!

焦らずマイペースで楽しくツーリングをしてほしいニャ

 

最後まで油断しない

ツーリングの後半になると体は疲労が溜まっている状態ニャ。
あせらず適度に休憩を取りながら安全運転で帰路に就くことが大切ニャ。

また先導の人は積極的に仲間に声をかけたり体調を気にかけ、絶対に無理は「しない、させない」。
また、疲れなどからくる急ブレーキへの対応など「かもしれない」運転もお願いしたいニャ。

 

いかがだったかニャ。

事故を防ぐためにはまず準備と仲間とのコミュニケーションが大切だニャ。

また前にご紹介した「ツーリングワンポイントアドバイス」もこの動画と併せて活用してほしいニャ。

ホンダのバイクレンタルとは?

急にバイクが必要な時にも簡単、便利、リーズナブルにバイクをレンタルできるHondaGo BIKE RENTAL。日本全国、365日24時間借りたいバイクを予約できるホンダのレンタルバイクサービスです。原付スクーターから大型スポーツモデルまで、多彩なラインアップをご用意しております。

簡単会員登録

レンタル料金

HondaGO BIKE RENTALは、
お得なレンタル料金プランを
ご用意しております。

(税込)

4時間プラン 8時間プラン 24時間プラン
951cc- ¥14,000 ¥16,000 ¥19,000
126cc-
250cc
¥8,500 ¥9,500 ¥11,500
51cc-
125cc
¥4,000 ¥5,000 ¥6,000
料金表はこちら